<   2008年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧


春が来た!

今年は4月に入っても寒い日々が続いていたのですが、下旬になってやっと暖かく春らしい陽気になりました。アパート前の八重桜並木も満開を経て既に散り始めています。
c0076387_528666.jpg

c0076387_5283258.jpg

c0076387_5285491.jpg

c0076387_5291834.jpg

c0076387_5294098.jpg

桜があるのに花見をせず、温泉があるのに希釈するドイツ人。あぁなんてもったいない!

里帰りの際、新宿のヨドバシカメラで新しいデジカメを購入しました。選択したのはRICOHのCaplio R7。「コンパクト、広角、高倍率ズーム」を追及したところ、この機種に落ち着きました。最初のうち何度か誤作動したため少々不安を感じましたが、どうやら落ち着いたようです。

これまで持っていた機種よりずっとマクロに強いので、不必要なまでに近寄って花を撮りまくってみたり↓
c0076387_5382855.jpg

7.1倍ズームの威力を楽しんだり(家猫じゃありません、大山猫です)↓
c0076387_5303846.jpg


More...一緒に行ったね。
[PR]

by penguinophile | 2008-04-30 05:39 | 徒然 | Trackback | Comments(26)

幼児用コンパートメント

鯖オフ会に参加するため、ケルンからシュトゥットガルトまでICE(InterCityExpress)に乗った際、初めて幼児用コンパートメント(Kleinkindabteil)を利用しました。
c0076387_1102528.jpg

写真手前にもう二座席がある、広めのコンパートメントです。もっとも往路は他に二家族いて、ドイツの巨大なベビーカーも入ったため少々手狭でしたが、それでも息子がぐずってもあまり気兼ねせずにすむのは気が楽でした。復路は息子と二人で独占できたので、写真のように放し飼い(?)ができたので息子もご機嫌でした。更に、隣の身障者用トイレには、おむつ交換台がついています。このコンパートメントには特に玩具などが置いてある訳ではないので、要望がなければ普通座席として利用されているのではないでしょうか。座席指定料金として4ユーロ支払いましたが、これは通常の座席指定料金と同じだと思います。一つ残念なのは、この幼児用コンパートメントは、オンラインでは予約できない事です。今回はたまたま仕事で他の町にいた夫が窓口で購入してくれましたが、この田舎町の駅では買えません・・・。

ところで、先日の里帰りの時に思った事ですが、日本の駅のホームは幅が狭い所が多いですね。階段の横をベビーカーで通った時は、狭い上に点字ブロックの上を通ることになるので安定せず、怖いくらいでした。車道と歩道の区別がない(せいぜい白線)道路が多いのも怖かったです。逆に、以前に書いた赤ちゃん休憩室や、トイレ個室に付いている子供用椅子などは、日本らしいきめ細かいサービスを有難く享受した点です。
[PR]

by penguinophile | 2008-04-18 01:06 | 子供 | Trackback | Comments(8)

鯖@シュトゥットガルト

先週の土曜日は、急に決まったオフ会に参加してきました。前回はドイツ語の試験と重なり参加できなかったので、約一年ぶりです。

集まったのは、在独撫子7人(nyf1403さんglückさんMOMOさんラケルさん、Boboさん、Sさん、私)&アフリカ産ライオンMOMO&独産ちびペン。シュトゥットガルト中央駅で「お久しぶり」や「はじめまして」の挨拶を済ませた後は、春祭り会場へと向かいます。お目当ては「鯖の塩焼き」の屋台です!

たかが鯖とあなどるなかれ。ドイツのアパートの台所では、ご近所からクレームがつきそうなので、焼き魚なんてできません。もっともそれ以前に、生の鯖が手に入るかも怪しいものです。以前に市場の魚屋さんで聞いてみたら、「前もって注文してくれれば入荷してみる」と言われたような。更に、撫子達の鯖塩焼きの食べ方は、ドイツ人の食べ方とは、一味も二味も違います。なにせ「お握り、ポン酢、大根おろし、箸」持参ですから!
c0076387_054837.jpg

なんだかすっかり日本の「行楽」モード全開のお写真で、ドイツで撮ったようにはとても見えません(爆)。隣の席に座ったドイツ人グループがあっけにとられていましたが、そんな事は気にしちゃいられませんっ。屋台が持ち込みOKかどうかも、この際気にしません。文句を付けられたら、日本食しか受け付けない赤ん坊の離乳食って事で(←量的に無理あり過ぎ)。焼き魚を大根おろしとポン酢で食べると、「日本の味」そのものになるのがすごい。特に脂ののった部分がとても美味しかったです。こんなに豪華な焼き鯖定食(?)にありつけたのは、ひとえにglück添乗員とnyf1403現地係員による準備の賜物です。本当にどうもありがとうございました~。でもやっぱり一番のご馳走は「日本語でのたわいないおしゃべり」かなぁ。

中央駅に戻ってコーヒーを飲んだ後、私は後ろ髪を引かれつつ一足先に帰路に着きました。そんな訳で今回は街は見られなかったのですが、シュトゥットガルトには以前に二度ほど日本から出張で立ち寄った事があります。運悪く日曜日に到着したところ、お店がぜ~んぶ閉まっていたのでびっくり。ジュース一本買う場所もない!日本だったらコンビニも自販機もスーパーもあるのに!と嘆きつつ、結局中央駅構内でやっと喉を潤しました。更に、あまりお腹が空いていないからとマクドナルドに入ったら、注文するのに一苦労。いくらドイツ語は「グーテンターク」と「ダンケシェーン」と「ビッテ」しか知らなかったとはいえ、たかがマクドナルドの注文であんなに苦労するとは・・・もしかして「ハンバーガー」じゃなくて「ハンブルガー」と言うべきだったのでしょうか?

シュトゥットガルトのNeues Schloss(新宮殿)とSchlossplatz(宮殿広場)・・・だと思いますが、もし間違っていましたらご指摘ください。2003年9月14日撮影↓
c0076387_065718.jpg

[PR]

by penguinophile | 2008-04-15 00:08 | お出かけ | Trackback | Comments(16)

Designer Outlet Roermond

3月のある日曜日、車で買い物に行きました。
・・・とさりげなく書いてみましたが、うちには車がない上、ドイツの商店は基本的に日曜祭日休業なので、実はかなり特別な事なのです。

近所に住む日本人ご家族の車2台に分乗して約一時間、向かった先はオランダRoermondにあるデザイナーアウトレットです。オランダと言ってもドイツとの国境から10分程度で、車はドイツナンバーが多く、お店ではドイツ語が普通に通じました。
c0076387_174661.jpg


こんな近くに(と言っても車がなければたどり着けませんが)消費天国(?)があったとは!私は結局ボディショップでちょっと買った程度でしたが、お店を見て歩くだけでも楽しかったです。一番人気は最近オープンしたバーバリーで、入場を制限していました。

ちなみにトイレは無料でオムツ替えスペースも完備(←赤子連れには重要ポイント)。子供が喜びそうな自動車型ベビーカーのレンタルもあり、ピエロさんも登場して風船アートを披露♪↓
c0076387_182992.jpg


デュッセルドルフから30分程度の距離にあるためか、日本語もちらほら耳にしました。いかにも日本人らしくオシャレな服装のママさんが、日本での人気が高い(がドイツではあまり見ない)英国マクラーレン社のベビーカーを押しているのを見かけた時は、ふと我が身を振り返って「これではいかん!」とちょっと反省したりして(^^;。
[PR]

by penguinophile | 2008-04-09 01:09 | お出かけ | Trackback | Comments(12)

洟垂れ小僧に点鼻薬。

息子がまた洟垂れ小僧になっています。右から黄色、左から透明な鼻水を垂らしてニコニコ笑っているのを見た時は、思わず笑ってしまいました。心配する程の事はなさそうですが、昨日ビタミン剤の処方箋と検診&予防注射の予約のため小児科に立ち寄ったので、ついでに相談してみました。「鼻水は黄色?白?」と聞かれ、「両方」と答えたところ、点鼻薬(Nasentropfen)を処方されました。さっそく薬局に持って行ったら、「調合しなくてはいけないので、明日のお昼以降にまた来て下さい」という、なんとも呑気な応対でした。今日出直して受け取ってきた点鼻薬の内容は、Natriumacetat(酢酸ナトリウム)1%+Silbereiweiß(プロテイン銀:銀化合物とゼラチンの反応により生成、医療・殺菌用)1%水溶液のようです。一日2~3回、左右1滴ずつ、一週間、との指示でした。一度もらっておけば急に必要になった時に便利かな~と思っていたのですが、2週間しかもたないお薬のようです。色がつきやすいから注意するよう言われたのですが、家に帰ってから実際に点鼻してみたところ、単に鼻水を茶色に染めただけのような気も!?

なお、里帰り前に念のため処方してもらった0歳児用の解熱鎮痛剤はParacetamol(パラセタモール、あるいはアセトアミノフェン)でした。座薬なので入れるのもちょっとコワイ(逆噴射もコワイ)お薬なのですが、有難いことに今のところ「お守り」で終わっています。

そういえば2月のP報告でご紹介した鼻水吸い取り用スポイトですが、その後何度か練習したところ、それなりに使えるようになりました。こちらも使わずに済めばそれに越したことはない物ですが、自分で鼻がかめるようになるまではお世話になりそうです。

そういえば小児科でも薬局でも一銭も払いませんでしたが、小児医療費は無料なのだろうか(などと今さら疑問に思っている私もかなり呑気な奴かもしれない)。
c0076387_142590.jpg

[PR]

by penguinophile | 2008-04-09 01:04 | 子供 | Trackback | Comments(6)

2008年「4月1日」のP

3月のP報告をアップしたばかりですが、cleyaraさまよりご通報いただきましたので、速報です(と言っても既に出遅れてしまっているような気もしますが)。

な、なんと、ペンギンが・・・!?というBBC特ダネ(?)画像。こちらで見られます。

進化の過程で全く逆方向に突っ走った彼らにとって、これは見果てぬ夢なのだろうか・・・
[PR]

by penguinophile | 2008-04-03 05:49 | ペンギン | Trackback | Comments(2)

2008年3月のP

先月出会ったペンギンのご紹介です。
nyf1403さまよりご通報いただいた、日本のテレビに出演中のP↓
c0076387_1221540.jpg

道端の駐車車両にP発見!↓
c0076387_1223895.jpg

c0076387_12311100.jpg

食器店Rosenthalにて↓
c0076387_1232865.jpg

水につけると広がるP↓
c0076387_1234994.jpg

浮き輪など海水浴グッズ。写真ではわかりにくいですがP柄です↓
c0076387_1241894.jpg

おしゃぶり。ちなみにドイツはおしゃぶりの使用率がかなり高いと思います。幼稚園児くらいの子供がおしゃぶりをくわえて歩いているのを見た事すらあります。↓
c0076387_1244176.jpg

コンピュータゲーム↓
c0076387_125116.jpg

以下は購入品。フリース毛布3.99ユーロ(約620円)↓
c0076387_1252170.jpg

歯がため4.49ユーロ(約700円)↓
c0076387_1255099.jpg

絵本3.99ユーロ(約620円)↓
c0076387_126850.jpg

[PR]

by penguinophile | 2008-04-02 01:31 | ペンギン | Trackback | Comments(4)

滞在許可の書き換え

里帰り中に日本でパスポートを更新したので、滞在許可(Aufenthaltstitel)を新しいパスポートに移しました。今回は以前に取得した滞在許可を移しただけなので、期限は変更なし(最初の申請から3年)、必要書類もパスポートと証明写真のみ。たまたま夫が別件で外国人局が入っている建物に行ったついでに手続きしてもらったので、念のため委任状を用意しましたが、必要ありませんでした。

日本では、私のパスポートの更新と同時に息子のパスポートも取得しました。私も息子も日本戸籍上は私の両親と同じ姓(例えば「佐藤」)ですが、ドイツでは息子は夫と同じ姓(例えば「シュミット」)を、私は日本名が先の複合姓(例えば「佐藤-シュミット」)を名乗っています。そこで、新しいパスポートにはドイツでの姓をパスポートに併記してもらいました。ただし私の場合、戸籍姓の後に記載された括弧内の外国姓は、複合姓ではなく夫の姓になっています(例えば「SATO (SCHMIDT)」)。私自身は複合姓を名乗っていても、括弧内はファミリーの名前だから夫の名前になる、と言われたためです。このあたりの取り扱いは、日本のパスポートセンターより在外領事館の方が慣れているかも?

外国で名乗っている姓をスペリングも含めて確認できる書類が必要だと言われたので、ドイツから婚姻証明書を持参しましたが、いざ使う段になってよく見たら、肝心の結婚後の姓が間違えて記載されていたのでびっくり。以前に取った正しい記載の証明書のコピーをたまたま持っていたので、その場はそれで切り抜けました。受け取った書類はその場でしっかり確認しなくては、と改めて思った次第です。
[PR]

by penguinophile | 2008-04-02 01:20 | 結婚滞在諸手続 | Trackback | Comments(8)
line

ドイツ田舎町での地味暮らしを徒然なるままに。


by penguinophile
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30