プレイグループ終了

c0076387_22351871.jpg

先日、息子が二日続けて鼻の周りをすりむきました。一度目は私の監督不行き届きで可哀想な事をしましたが、二度目は朝起きたら鼻のてっぺんが血に染まっていたのでギョッとしました。ベビーベッドの柵にぶつかったものと思われますが、衝撃吸収用の専用クッションは既に付けており、これ以上どうすりゃいいんだか。
まぁ本人は気にしている様子はありませんし、「舐めときゃ治る」という程度なのですが(いや、私は舐めませんけど、舌がぎりぎり届きそうな場所なので、息子が舐めていないという保証はありません)。しかし、なにせ鼻は顔の真ん中にあり、血が固まってどす黒くなっているので、見苦しいったらありゃしない。更に間の悪い事に、今週末は義父の誕生日で親戚が集まるのです。息子にとっては初めて会う大叔父さんや大叔母さんもいるのに、顔の真ん中にかさぶた。トホホ~。日曜日までに治ってくれないかなぁ。

閑話休題。2月半ばから毎週木曜日に息子と通っていたプレイグループが、今日で終了しました。私はスケジュールを把握していなかったもので、突然知ってびっくり&がっかり。せめて前もってわかっていたら、カメラを持ってきたのになぁ~・・・と残念に思っていたら、カメラを持ってきて撮っているママさんがいたので、送ってもらえるようお願いしちゃいました。

以前に一度だけ覗いたプレイグループはキリスト教関係団体の主催でしたが(過去記事参照)、私達が今日まで通っていたのは、VHS(Volkshochschule:市民大学。地方自治体が主催するカルチャーセンターみたいな学校)の講座でした。費用は一回90分×12回で36ユーロ(約5760円)+材料費(とプログラムに書いてある事に今更気付きましたが、材料費を請求された記憶はない・・・気付かぬうちに踏み倒していたりして・・・)。参加者は母子10組程度で、生後4~12ヶ月という設定でしたが、実際には講座開始時に既に1歳になっていた子もいました。たまたま他の赤ちゃん達は全員女の子だったので、息子はハーレム状態。もっともそれを嬉しがったり嫌がったり恥ずかしがったりするような知恵はまだまだついておりません。

集まりの前半は皆で一緒に歌ったり踊ったり(いやむしろ「母親が赤ん坊を振り回したり」と言うべきか)、後半はコーヒーを飲みながらおしゃべりしながら子供に飲み食いさせながら玩具を作る、という内容。例えば、上写真の卵形の物体は、風船に新聞紙と色紙を貼り付け、乾かしてから中の風船を割って米を入れて作ったガラガラです。ちなみにこの風船は、ドイツ人の肺活量に対応しているのか、私は眩暈がするまで頑張ってもふくらます事ができず、見かねた他のママさんが代わりにやってくれました(^^;。しかしこのガラガラ、完成品をあっという間に潰した赤ちゃんもいたので、玩具としての耐久度はイマイチ。

私のへっぽこドイツ語では、一対一の会話なら何とかなっても、多人数のおしゃべりにはなかなか加われなかったにもかかわらず、みんなとても親切にしてくれましたし、何よりも黒一点の息子を可愛がってくれました。子供達も、まだまだ「一緒に遊べる」レベルではないものの、玩具を取り合ったり髪を引っ張り合ったりと、それなりに仲良くなっていました(という表現が適切か否かは甚だ疑問)。
私にとって何より面白かったのは、他の赤ちゃんの成長ぶりを見る事でした。休日と重なり2,3週ぶりに集まってみたら歩ける子がぐっと増えていて驚いたり、先週できなかったハイハイができるようになる子がいたり。回を追う毎に皆ができるイタズラ遊びの幅が広がる分、どんどん無法地帯と化していったのも可笑しかったです。他のママさん達の観察もなかなか鋭く、うちの息子のハイハイ、つかまり立ち、歯の生えはじめ等をしっかりチェックして、一緒に喜んでくれました。最近ではママさん同士で「チビペンちゃんはすっかり男の子らしくなってきたわねぇ」と話しているのを耳にして、こそばゆい思いをした事も。
最初のうちは私にべったりくっついていた息子も、慣れてきたら他のママさんの膝につかまって顔を覗き込む事が増え、おやつを分けてもらう得意技(?)もマスターしました。私もいちおう軽食を準備しているのですが、他の赤ちゃんが食べている物が美味しそうに見えるのでしょうか。人見知りをしないのは、親としてはラクでいいのですが、なんだか飢えさせているようでちょっと恥ずかしかったです。

プレイグループは9月から再開するのですが、残念ながら私達は事情があり継続できそうもありません。それを言ったらみんな「唯一の男の子なのに~!」と残念がり、「同じ時間に同じ場所でやっているから、都合が合ったらいつでも遊びに来て!」と言ってくれました。ありがとう~♪

ところで、プレイグループに対応するドイツ語には、Krabbelgruppe(ハイハイグループ)、Baby-Treff(赤ちゃんの集まり)、Spielstube(遊び部屋)、Spielgruppe(遊びグループ)と、いくつかあるようです。違いはよくわかりませんが、VHSのパンフレットでは、0歳児がBaby-Treff、1,2歳児がSpielstubeとなっていました。
[PR]
by penguinophile | 2008-05-29 22:26 | 子供 | Trackback | Comments(8)

Nideggen城

5月18日は「国際博物館の日」でした。もっとも私はその存在さえ知らなかったのですが、近郊の博物館への電車代と入場料がこの日に限り無料になるクーポン券が地元紙に載ったため、お出かけ第三弾が決行された次第。行き先は、うちからローカル電車を乗り継いで行ったところにあるお城、Burg Nideggenです。駅から城を見上げたところ↓
c0076387_436993.jpg

駅から城までは、山の中を通る遊歩道もあるようでしたが、ベビーカーでは無理そうなので、私達は自動車道を30分ほどかけて上りました。まずはNideggen城下町へ。ヨーロッパの町に来た!って感じ♪(←普段はどこに住んでいるんだか・・・)
c0076387_4364728.jpg

c0076387_4371216.jpg

Ratskeller(市庁舎併設のレストラン)でお昼を食べました。私は季節物の白アスパラを、定番のデブソースオランデーズソース、茹でジャガイモ、ハムと一緒に頂きました。美味しかった~♪他のお料理も塩味が強過ぎず美味しかったそうです。価格もメインが10ユーロ前後とお手頃でした。
c0076387_4373159.jpg

腹ごしらえを済ませた後はお城へ向かいます。Nideggen城は1177年築城というかなり歴史のあるお城ですが、現在の建物はほとんどが100年ほど前に再建されたものだとか。塔内は博物館になっており、拷問道具、甲冑、城の歴史などが展示されていました。
c0076387_4375310.jpg

c0076387_4443858.jpg

中世の武器の実演コーナー。おそらく博物館の日に合わせたイベントでしょうが、結構面白そうでした↓
c0076387_4384376.jpg

c0076387_439565.jpg

頼みもしないのにいきなり勝手にポーズを取って「モデル料」とのたまわった、通りがかりの陽気なおじさん。もちろん一銭も払ってないけど、しょうがないから載せてあげよう↓
c0076387_4394018.jpg

えっちらおっちら坂道を上った甲斐あって、眺めも上々↓
c0076387_4405958.jpg

曇って肌寒い日だったものの、可愛い町で季節の幸を堪能したりお城を散歩したり、なかなか楽しい一日でした♪
[PR]
by penguinophile | 2008-05-20 04:46 | お出かけ | Trackback | Comments(6)

目の毒爆弾@D市

普段、下手をすると数ヶ月間ずっと徒歩圏内で生息している超ローカル主婦の私ですが、たまたま先週は3回も電車に乗ってお出かけしました。アーヘン動物園に続いての行き先は、「ドイツの日本」デュッセルドルフ。ママ友の用事に便乗しただけなのに、なぜわざわざ書くのかというと、たま~~の和食外食があまりにも嬉しかったので、在独撫子に目の毒爆弾を落としたかったから(笑)。
c0076387_18223526.jpg

c0076387_1822543.jpg

両方ともホテルニッコーです。「弁慶」のランチ12ユーロ(約1920円)、ロビーのケーキ&カプチーノ7ユーロ(約1120円)。

アジア系スーパーで餃子の皮を買って帰ったので、翌日の土曜日は市場でBärlauchを入手して餃子を作りました。
c0076387_18231238.jpg

↑Bärlauch。文字通り訳せばクマネギ。Wikipediaには「ラムソン」という名前で載っており、ヒグマが球根を食べる、と書いてありました。これ一束100gで1.75ユーロ(約280円)だったかな。私はニラと同じ使い方をしています。季節物で今の時期にしか見かけませんが、そろそろ花も咲き終盤かもしれません。土曜日は市場で見つからなかったので尋ねてみたら、おばさんが裏から質・量ともに半端な束を出してきて半額で売ってくれました。なんとか滑り込みで間に合った!餃子!みたいな(笑)
そして今日の昼食は納豆と青梗菜♪←注:豪華食材(哀)
[PR]
by penguinophile | 2008-05-19 18:25 | お出かけ | Trackback | Comments(10)

月曜日は祝日(Pfingstmontag/聖霊降臨祭の月曜日)だったので、アーヘン動物園に行ってきました。
c0076387_0441145.jpg

私の目的はずばり「生ペンギン」です♪ペンギン舎へは、到着直後と午後の餌やりタイムに訪れました。種類はケープペンギン(ドイツ語ではBrillenpinguin=メガネペンギン)の1種のみ。
c0076387_0491558.jpg

ペンギン舎は全体をネットで囲われており、二重カーテンをくぐって入る観察台からのみネットを挟まず対面できる構造になっています。これは飛ばない鳥であるペンギンの展示方法としては結構珍しいように思います。暑い日だったせいかほとんどのペンギンが日陰にいたのに、日陰は観察台から遠いので、あまり間近から観察できず・・・(T_T)。ネット越しには結構近くから見られたのですが、写真を撮るとネットにピントが合ってしまう・・・(T_T)。

御飯の時だけちょっと泳いでみた↓
c0076387_0503048.jpg

餌をもらっているのは、まだ模様がはっきりしていない若い衆↓
c0076387_0505236.jpg

写真ではわかりにくいと思いますが、親の後ろに隠れるように雛がいました。4月に4羽、5月に1羽生まれたので、そのうちの1羽でしょう↓
c0076387_0512160.jpg

園内の各所でペンギンのPiet君がエネルギーに関して講義しています↓
c0076387_0534615.jpg

アーヘン動物園はあまり大きくない動物園で、ゾウ、キリン、ライオン、パンダ、コアラといった大物(?)もいません。でも、子供のための遊び場や動物との触れ合い広場もあり、子連れでのんびり訪れるにはいい感じの動物園でした。
c0076387_0515486.jpg

でもショップとレストランはもう少し力を入れて欲しいかも(←日本人的発想?)。食事はソーセージ等を売っている売店が一つあるだけ(ビールが売ってないのに驚いた)、お土産は受付脇にちょっと展示してあるだけでした↓
c0076387_0521572.jpg

おまけ:Wuppertalの動物園にはキングペンギンもいるらしい。
c0076387_0523396.jpg

[PR]
by penguinophile | 2008-05-16 00:53 | お出かけ | Trackback | Comments(14)

こどもの日

先週の日曜日はドイツも日本も世間的には母の日だったはずですが、うちは5日に夫がいなかったため、遅ればせながら息子の初節句を祝いました。と言っても別にたいした事はしなかったのですが、息子の食事↓
c0076387_361826.jpg

夫と私の食事↓
c0076387_375269.jpg

キャラ弁を毎日作っているお母様方には遠く及びませんが、この程度でも私にしてはビジュアル的にかなり頑張ったほう。こちらこちらのページを参考にして作りました。スモークサーモンの洋風押し寿司は、ドイツの普通のスーパーで入手可能な材料のみで簡単に作れ、洋風だけど日本っぽいので、和食慣れしていない外国人のお客様に出してもいいかもしれません。ちなみに下に並んでいる黒いゴミみたいなのは、ペンギン型に抜いた海苔(笑)。実はおやつとして柏餅(もどき。そもそも柏の葉がないし。)にも果敢に挑戦したものの、見事に初戦敗退。ケルンのアジア食材店で買った「粘米粉」なる代物が上新粉と違い過ぎたのか、作り方がいけなかったのか、謎(よって、第二戦は、たぶん、ない・・・)。

一緒に写っている鯉のぼりは、姉が送ってくれた大中小3つの飾りのうちの「小」です。アメリカの日系スーパーで見かけて3つとも買ってしまったと聞かされた時は、あまりの伯母馬鹿ぶりに正直あきれましたが、実家から送ってもらった鯉のぼりは間に合わなかったので、結果的には助かりました。

実はこの鯉のぼり、ドイツ上陸後、郡都にある税関事務所でいったん捕獲されてしまいました。通知が来たので電話したところ「税関での開封を了解するなら、検査して免税範囲内なら郵便で送る」という話だったので、開封検査を了承したところ、自宅まで送られてきました。45ユーロ以上の物品はプレゼントでも税金がかかるそうですが、今回はドル表示の値札がついたままだったので45ユーロ以下とはっきりわかり、無罪放免(?)となったようです。荷物が税関でひっかかったのは、今回で二度目です。一度目は姉がアメリカ熱帯雨林から直接送ってきた本でしたから、差出人が個人ではなかったせいかと思ったのですが、今回の鯉がひっかかったのは形で怪しまれたせいなのでしょうか。
[PR]
by penguinophile | 2008-05-14 03:11 | 子供 | Trackback | Comments(12)

2008年4月のP

やっと春が来たと思ったら、そのまま一気に夏に突入した感のある今日この頃のドイツです。さて、遅ればせながら先月出会ったペンギンのご報告です。

まずはいつもご協力頂いているnyf1403さまより3点。南ドイツ新聞の書評ページから、365羽のペンギンのお話。これは楽しそう!↓
c0076387_0235311.jpg

ドイツの名物料理、アイスバイン(笑)↓
c0076387_0244498.jpg

ロックするSuicaペンギン♪↓
c0076387_025629.jpg

Suicaと言えば、携帯型ゲーム機カバーが出ているそうです。詳細はこちら。いいなぁ・・・ってゲームはやらないんですが(笑)。ちえさま、情報提供ありがとうございました。

シュトゥットガルトの春祭りで見かけた風船↓
c0076387_0264633.jpg

図書館で借りた絵本2冊。こちらは表紙のみペンギン↓
c0076387_027247.jpg

こちらは中身もペンギンで、絵は可愛いけど、個人的にはあまり心温まるストーリーとは思えませんでした・・・↓
c0076387_0274138.jpg

氷↓
c0076387_0283931.jpg

ハンドソープ↓
c0076387_029248.jpg

以下購入物。石鹸(だと思う、たぶん)。値段は70セント程度だったかな?↓
c0076387_0295418.jpg

便座の裏に貼るシール。トイレトレーニングの役に立つ・・・か?1.99ユーロ(約320円)也↓
c0076387_0302235.jpg

[PR]
by penguinophile | 2008-05-08 00:32 | ペンギン | Trackback | Comments(4)