<   2008年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧
甚平deデート
先週の木曜日は、stanislowskiさんの愛娘とアーヘンで二度目のデート。今回は、Y君、H君、Mちゃん母子が同行してくれました。今回のデートは金魚柄甚平でペアルック!と申し合わせていたものの、当日の朝はなんだか肌寒く、息子は長袖長ズボンの上から甚平の上着を羽織るというかなりの無理矢理っぷり。お嬢ちゃんは可愛いピンクの甚平で登場。唯一の「赤ちゃん」だったので、我が子の赤ちゃん時代を懐かしむ「幼児」のお母さん達のいいオモチャにされていたかも・・・すんません。

待ち合わせ場所はCrazy Sushiというお店。日本人経営ではありませんが、ちょっとしたご縁があったので試しに行ってみました。こちらのセットが12.50ユーロ(約2060円)↓
c0076387_2347836.jpg

本当はマグロがもう一つあったんですが、写真を撮る前にうっかり食べちゃいました(笑)。ドイツでこのお値段でこのお味なら納得。ただし、前菜と称してついてきたひじきはちょっと甘すぎ。あとお茶が有料というあたりはやはり外国人経営ですなぁ。

お昼ごはんを食べた後は街を散策。アーヘンの市庁舎と大聖堂の写真は以前の記事に載せた事があるので、今回は街角の写真を載せておきます。

飲泉設備と温泉成分表。Na, Cl, S・・・要するに塩辛くて硫黄臭い炭酸泉って感じ?(大雑把で失礼)↓
c0076387_2123597.jpg

c0076387_23474620.jpg

アーヘンはカール大帝ゆかりの地で、カール大帝の印が街の地面のあちこちに埋め込まれています。この印、本人は真ん中にチェックするだけだったとか。↓
c0076387_23484677.jpg

大聖堂のドアのライオン↓
c0076387_2350196.jpg

実はこのライオン口の中に、悪魔の親指が隠されています!
その昔、アーヘンの大聖堂がなかなか完成しなかった折、市民達は悪魔との間に「悪魔が大聖堂を完成させる代わりに、最初に入ったものの魂は悪魔に捧げる」という契約が取り交わされたそうな。そんな経緯で完成した大聖堂ですが、誰でも魂を取られるのは嫌なので、中に入ろうとしません。そこで市民は一計を案じ、狼を中に放ちました。中で待ち構えていた悪魔が「やっと来たぞ!」とばかりに魂を喰らってみれば、なんと人間の魂ではない。「うぬぬぅ~、謀ったなぁ~っ!」と怒り狂ったものの、既に契約は遂行されてしまい後の祭り。「チクショ~!」とばかりに飛び出した悪魔は、ドアで指を挟んでしまい、曲がったドアと挟まれた親指が今でも大聖堂の入り口に残されています。こうして住民達は安全に大聖堂を利用できるようになりました。めでたし、めでたし。
・・・以上、夫から伝え聞いた話なので、正確性は保証しません。でもこのお話、なんだか悪魔が気の毒じゃありませんか?ちゃんと大聖堂を完成してあげたのに、ヒトの魂は頂けず、更に親指がちょん切れて、泣きっ面に蜂。そもそも大聖堂を作るのに悪魔の手を借りるという発想が根本的に間違っているような・・・ってまぁ単なるお話なんですけどね。

アーヘン名物のお菓子Printenを持つ少女の像。Printenはかなり重厚&高密度のドイツらしい焼き菓子だと思います。↓
c0076387_23505880.jpg

人形の手足が動かせる噴水↓
c0076387_23512895.jpg

全身銀色ずくめで直立不動のパフォーマー。ちびチーム最年長のY君がコインを入れたら握手してくれました。しかしそれを見たちびチーム中堅どころのH君とMちゃんは大泣き(^^;;↓
c0076387_2352887.jpg

お散歩の後は広場のカフェで一休み。ピスタチオ乗せ卵豆腐クレームブリュレとガトーショコラ↓
c0076387_23524737.jpg

c0076387_23531783.jpg

c0076387_23534394.jpg

お天気に恵まれ楽しいデートとなりました♪

明日からちょっと北方面にお出かけします。詳細は帰ってからのお楽しみ。では行って来ます!
[PR]
by penguinophile | 2008-08-23 00:01 | お出かけ | Trackback | Comments(6)
親馬鹿日誌・1歳2ヶ月
1歳直前にちょっとだけ歩きはじめた息子。最近はハイハイ移動が減る一方、二本足歩行が増えています。まだ「よちよち歩き」ですが、既に最長不倒記録62歩を達成!
c0076387_14505654.jpg

     *写真はイメージです(笑)。 絵葉書から。

☆好きなもの、得意技、マイブーム
・おっぱい。基本的に朝晩のみだが、昼間でも気分が盛り上がるとセルフドリンクサービスモードに入ってしまう事があるので、母親はあまり刺激的な服装は禁物。
・抱っこ。
・バナナやホットケーキを手づかみで食べる。
・缶詰を2つ、3つと積み重ねる。
・お風呂。夕方はだいたい疲れて不機嫌なのだが、お風呂中だけは上機嫌。ベビーバスにお湯を入れると、自分で勝手に中に入り、しゃがんでニコニコ笑っている。
・電話で遊ぶ。ちゃんと受話器を耳に当てているので、「観察して、真似する」のがうまくなったものだ、と感心する。どうせなら受話器を戻すところまで真似して欲しい。
・ボール遊び。ボールを転がすと、取りに行って投げ返してくれる。たまに途中でボールの事を忘れるのか、自分だけ親の元に来てしまうのもご愛嬌。
・「はい、どうぞ」「ありがとう」受け渡し遊び。
・乗って動かす車の玩具。最初は横から押して動かすだけだったが、最近では自分からまたがり、蹴って動かせるように。ただし前進より後進の方が得意。
・椅子や棚によじ登る。
・子供用ハイチェアから脱走。危ないのでローチェアにしたが、今度はその上から更にテーブルによじ登ろうとしている。
・Heizung(暖房装置)を全開にする。朝、妙に暑いなと思うと暖房がフルパワーで稼動している。8月なのに。
・テレビがついているとダッシュで向かい、べったり張り付いて舐めまくる。お陰で私はテレビとは無縁の生活で、オリンピックも観られない。

☆苦手なもの
・酸味が強い食べ物、ぬるぬるした食感の食べ物。
・ペンギンの抱き枕。カバーを取って本体が見えると、泣く、逃げる。
・掃除機。掃除機の進路に先回りして泣き叫ぶ。

☆今後の課題
・おしゃべり。今でも何やら一生懸命しゃべってはいるのだが、サッパリわからない。
・スプーンを使って食べる。
・コップを使って飲む。

息子はほとんど人見知りをしない子で、機嫌がいい時は誰にでも好奇心丸出しで近づいて行き、抱っこしてもらえれば嬉しい、食べ物をくれればもっと嬉しい、(髭さえ生えていなければ)濃厚なキスをしちゃうぞぉ、というタイプ。しかし先日、夫が抱っこしてあやしても全く泣き止まず、私が抱っこしたらピタリと止まる時がありました。夫には気の毒だけど、密かに優越感を抱いたりして。えへへ。

それにしても、毎日何かしら新しい事ができるようになるのには感心しきり。親の私は単語を1つ覚えたら2つ忘れるという有様なのに。若いっていいなぁ~。昨日披露してくれた新技はこちら↓
c0076387_14525383.jpg

この新技は危険なのみならず棚の耐荷重を超えていそうなので、棚板を撤去したところ、ゆとりのくつろぎスペースが生まれ、夫のスリッパが持ち込まれました・・・。
二本足歩行を始めると、ますます本格的に「赤ちゃん」ではなく「子供」になっちゃったなぁ、としみじみ。でも寝姿はまだ時々胎児♪↓
c0076387_14534117.jpg

こんなに大きくなっちゃったらもうお腹には入れてあげられないけどね。
[PR]
by penguinophile | 2008-08-13 15:04 | 子供 | Trackback | Comments(14)
怪しい亜細亜
アジアをイメージした商品や飾りを見かけると、ついカメラを向けてしまいますが、中にはかなり突っ込み甲斐のある代物もあります。

上下逆↓
c0076387_0452055.jpg

左右逆↓
c0076387_0454833.jpg

Geisha布団カバー↓
c0076387_046224.jpg

読めない・・・↓
c0076387_0474782.jpg

缶詰の味噌汁、瓶詰の豆腐(試す勇気はナイ)↓
c0076387_0481789.jpg

c0076387_0485389.jpg

包丁にわざわざ「ナイフ」とはフツーあまり書かないと思う。↓
c0076387_0494252.jpg

こうなるともうどこがどうという問題じゃなくて、根本的に何か間違っている気が・・・↓
c0076387_0501520.jpg

[PR]
by penguinophile | 2008-08-11 00:52 | 言葉、亜細亜 | Trackback | Comments(10)
予防接種・7回目
MMR(はしか、おたふくかぜ、風疹)とVarizellen(水痘)の2回目。息子は針が刺さった直後に少し変な顔をしただけで、ご機嫌なまま終了。そういえば、最初のうちは太ももに注射をしていましたが、前々回あたりから腕にしています。何か理由があるのかな?
[PR]
by penguinophile | 2008-08-11 00:43 | 子供 | Trackback | Comments(2)
2008年7月のP
先月出会ったペもののご紹介です。
まずはnyf1403さまより、ラブラブカップルの絵葉書。偶然にもちょうど結婚記念日に届きました♪↓
c0076387_18528100.jpg

H君ママ&Mちゃんママから頂いた栞。写真ではわかりにくいでしょうが、角度によって見え方が変わり、アデリーペンギンがちょっと怖いくらいリアルに歩きます。↓
c0076387_1855934.jpg

図書館で借りた読み聞かせ本。この本には、5ページ程度の物語が14話入っています。表紙のペンギン君は、„Pelle, der Pinguin“という、動物園で自分探しの旅に出た子ペンギンの心温まる冒険話の主人公。↓
c0076387_1862779.jpg

やはり図書館で借りた„Das große JANOSCH Lesebuch“に載っていた挿絵。こちらはブラックユーモアというか何やら心が寒々しくなる内容だったような。↓
c0076387_188346.jpg

読み聞かせ本と言っても、息子に読み聞かせるために借りた訳ではなく、ペンギンの挿絵が気になって借りただけ(笑)。そもそもドイツ語の絵本の音読は、私のドイツ語能力向上には役立つかもしれませんが、息子のドイツ語に変な癖がついては困るので、迷うところです。ちなみによく「お子さんには何語で話しかけているの?」と聞かれますが、もちろん日本語で話しています。息子に日本語ができるようになって欲しい(というか、なってもらわないと私が困る)という気持ちも当然ありますが、そもそも子供に真似されても問題ない水準で私が使える言語は日本語しかありませんから!

量より質の月だったかな~?(^^;
ご協力頂いた方々、どうもありがとうございました。
[PR]
by penguinophile | 2008-08-04 18:11 | ペンギン | Trackback | Comments(10)
  

ドイツ田舎町での地味暮らしを徒然なるままに。
by penguinophile
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新のコメント
ちえさま: えらい長々..
by penguinophile at 05:30
5歳児でかした!美大出の..
by ちえ at 22:33
Mさま: 返信が遅くな..
by penguinophile at 05:03
安いですねえ。こちらの感..
by M at 23:38
Mさま タブレットで書..
by penguinophile at 20:40
これはPCで書いてるんで..
by M at 09:22
鍵コメさま: そう、1..
by penguinophile at 07:42
ちえさま 出来合いの黒..
by penguinophile at 07:21
おせち、すご〜い!私がア..
by ちえ at 14:07
はなはなマロンさま: ..
by penguinophile at 08:29
検索
ブログジャンル
海外生活
子育て