ベビーカー/Kinderwagen

二週間前の週末、以前に住んでいたユーリッヒからH君(2歳5ヶ月)一家が訪ねてきてくれました。息子は久しぶりに会うちびっ子仲間に大喜び。最初こそちょっと恥ずかしそうにしていたもののすぐに慣れ、H君を抱きしめた・・・までは良かったのですが、そのまま押し倒して下敷きにして泣かせたのはいかがなものか(^^;。H君一家は、このほどドイツ長期出張を終えて、日本に帰国しました。初めて会った頃、H君はまだハイハイでしたし、息子に到っては寝たきり。それが今や二人とも走り回っているのですから、子供の成長は本当に速いです。H君は息子の最初のお友達。あちこち一緒に出かけたりもしましたが、子供達の記憶には残らないと思うとなんだか寂しい気がします。

H君一家と町の中心部に出かけた時、ベビーカーが妙に押しにくいと思ったら、なんと座面を支える金属フレームが脇で真っ二つに折れていました。日本製の華奢なベビーカーには、息子の増え続ける体重と石畳凸凹道のダブル攻撃は厳し過ぎた模様(涙)。

ドイツ製のベビーカーと日本製のベビーカー、その特徴を一言で表せば、
・ドイツ製:大きくて重くて頑丈な「台車」
・日本製:小さくて軽くて華奢な「玩具」
といったところでしょうか。私はこれまで、息子が座れるようになるまでの7ヶ月は「台車」(古い型でかなり「乳母車」っぽい)、その後の1年は「玩具」(コンビB型)を、いずれもお古を頂いて使ってきました。

ドイツ製品が日本製品により大きくて重いのは、ベビーカーに限った話ではなく、アイロンもドライヤーも腱鞘炎になりそうな重さです。もっともベビーカーに関して言えば、日本と違い石畳の凸凹道が多いし、ベビーカーで森を散歩やジョギングする親もいるので、頑丈さが要求されるのは理解できます。体型や住宅事情や歩道整備状況の違いも関係あるでしょうし、ドイツのバスや電車にはベビーカーを置く場所がある物が多いし、人々はベビーカーに寛容で自ら進んで助けてくれます。また、子供にとっては大きくて頑丈な方が快適でしょう。

しかし、「ドイツで使うならやっぱり『台車』が便利!」とは、私には言えません。なにせ「台車」は本体だけで20kg近くあるのです。幼児と荷物を入れたら30kgを超えそう・・・いくら何でも重過ぎる~。私が使っていたのはそこまで重くなかったし息子も今より軽かったですが、それでもお店の入り口のほんの数段が障壁となり入店を諦めた経験あり。前輪が左右に動かないので、方向転換が一苦労(動く商品もあります)。小回りがきかないので狭い店内では動きづらい。頼みの綱のエレベーターは故障中や整備中で使えない事も多々あり。いくらドイツ人がベビーカーに親切でも、いつもそう都合よくその場に人がいるとは限らない。

一年前、里帰りを機に「台車」から「玩具」に切り替えた時、「これで一人でもお出かけできる!」と、足枷がはずれたような気持ちになったものです。そんな私が今回選んだ商品は、ドイツでは「リクライニングできる軽量バギー」というカテゴリに入るが、日本のベビーカーよりは大きくて重そうな物(夫が選んだら「台車」になったかも?・笑)。hauckというメーカーの型落ち旧モデルで59ユーロ(約七千円)でした。日本人ママの端くれとして(?)、マクラーレンにも興味はありましたが、ドイツではあまり人気がないせいか田舎町のお店(と言ってもそれなりに広い専門店2軒)には置いてありませんでした。ネット通販なら買えたでしょうが、実際に使ってみないとわからない事が多いので、試さずに買うのは抵抗があったのです。前に住んでいた町なら使っているママ友がいたので試させてもらえたのに、知り合いがいないとやはり何かと不便ですなぁ。

さてこの新しいベビーカー、購入して3分後に不良部品に気付き、お店に舞い戻って交換をお願いするという、いささか不安なスタートを切りましたが、その後は順調に動いています。予想外にラッキーだったのは、折り畳んだらアパートの郵便受けの下にちょうど収まった事。地下室か2階まで運ぶ事を覚悟していただけに、助かった!という感じです。息子もなぜか妙に気に入ったらしく、歩かせようとしてもうるさく騒いで乗りたがります(苦笑)。石畳の多い町なのでベビーカーも大変でしょうが、ドイツ製品の頑強さを証明すべく(?)頑張って働いてもらいたいものです。
[PR]
by penguinophile | 2009-01-31 07:49 | 子供 | Trackback | Comments(8)

Interkultureller Frauentreff

Volkshochschule(市民大学)の新しいプログラムが出たので、パラパラと眺めていました。内容がバラエティに富んでいるので、見ているだけでも結構楽しい。例えばお料理関係なら、各国料理が揃っており、「日本料理:寿司」もありましたよ!講師は名前からみて中国人のようですが、いつぞやテレビで見たマレーシア人寿司マイスターのごとく「海苔にわさびをベッタリ塗りまくり」などというおぞましい内容ではない事を祈るばかりです。「パーティー料理」、「男の料理」、「30歳以上の独身者のための料理教室」あたりはなんとなく想像がつきますが、"Erotic Food"というのはいったいナニ?(笑)

そのプログラムでふと目についたのが表題のコース。「女性異文化交流会」とでも訳せばいいでしょうか。Arbeiterwohlfahrt(労働者支援団体のようなもの?)共催と書いてありました。スポンサーがついているためか、参加費は無料。学期始めだし、無料だし、「ちゃんと申し込みをせずにとりあえず一度ちょっと覗いてみる」というのもアリかな、と思ったので、行ってみました。

開催は平日の夕方、会場は学校の地下にある調理実習室。話し声が聞こえるドアをノックして開けてみると・・・

トルコ人の年配女性10余名が、持ち寄ったトルコ料理を食べながら、トルコ語でおしゃべりをしていました(爆)。

人口約14万人のこの町に、トルコ人は4000人(郡全体では6000人)住んでいるそうです。このグループは長年来の友人同士で、「私達、知り合った頃はあなたみたいにスリムだったんだけど、今じゃみんなすっかり太っちゃったわ~」とか(笑)。みんな気さくで陽気なオバちゃん達で、居心地は悪くありませんでしたが、おしゃべりが目的の会合で言葉が全くわからないのはちょっとねぇ。一度覗いてみる分にはそれなりに面白かったし、「またいつでもいらっしゃい♪」と言ってもらったけれども、たぶんもう行かないでしょう(^^;。

メンバーが全員同国人では異文化交流にならないせいか、「このグループとは別に国際的な集まりを立ち上げる予定だ」とリーダーの人が教えてくれました。その時間と場所が決まったら連絡すると言われたので、名前と電話番号を渡してきました。さてどうなりますやら。
[PR]
by penguinophile | 2009-01-16 06:29 | 徒然 | Trackback | Comments(12)

2008年11,12月のP

鬼がずっこけそうなほど遅くなりましたが、昨年11,12月に出会ったペもののご紹介です。

まずはnyf1403さまより、ポストカードをたくさんお送りいただきました。ジェンツーペンギンはやっぱり気品があって美しいわ~(うっとり)。(c) Daniel Pacaline / Fotolia↓
c0076387_727288.jpg

同じジェンツーでも、こちらはむしろ気合の入りまくったスイマーモード。(c) Solvin Zanki↓
c0076387_7275379.jpg

このポストカードでジェンツーペンギンのドイツ語名を初めて知りました。Eselspinguin=ロバペンギン!?な、なぜ?気品があって美しいという(私の勝手な)イメージはいったい・・・いや別にロバは気品がなくて美しくないと言っているワケでは・・・あるか(^^;。ケープペンギンは、鳴き声がロバに似ているためjackass penguinとも呼ばれると聞いた覚えがありますが。

イワトビペンギン(Felsenpinguin)行進中。イワトビの足の裏は黒いそうな(←誰も興味ないっすよね)。(c) Solvin Zanki↓
c0076387_7283285.jpg

ペンじゃないけど、一緒に頂きましたのでご紹介。お尻が超キュートで、クマ好きじゃなくてもじたばたしちゃいます~。(c) Thorsten Milse↓
c0076387_7292590.jpg

anthonbergさまより頂いた置物。魚、釣ってます。可愛い!↓
c0076387_7301290.jpg

Hくん&Mちゃんママから(貴重なお米などと共に)お餞別に頂きました。左のペンは木製。右のペンはネジを回すとパタパタ泳ぎます。↓
c0076387_7322347.jpg

Mちゃんママから頂いたカード。クリスマス前から年明けまでこのポーズをキープするのはちょっとつらいですなぁ。クリスマスのデコレーション、日本では25日を過ぎたら撤去して正月用に衣替えですが、ドイツでは年明けまでそのままです。↓
c0076387_7333413.jpg

H&Cさまから頂いた誕生祝のカード。お行儀よくお風呂に入るペンギン達ですが・・・↓
c0076387_734105.jpg

カードを開くと、実はエライコトになってます(笑)。腹滑りPもいるぞ~。↓
c0076387_7405698.jpg

プレゼントには私のリクエストで掛け時計(和紙デザイン!)、そしてSuicaダイアリーを頂きました♪↓
c0076387_7485429.jpg

母から誕生祝に送ってもらったDVD。↓
c0076387_7492334.jpg

この作品のDVDはドイツでも発売されていますが、フランス語&ドイツ語のみなので、昨年里帰りした時に買おうと思っていたのに忘れてしまった物です。劇場で公開された頃、私はまだ東京にいたので映画館で観ました。エンペラーの生態はだいたいわかっていたので、ストーリーには特に感動しませんでしたが、記録映像としての価値が非常に高いと思いました。DVDはまだちゃんと観ていませんが、ボーナス映像も楽しみです。

姉は日本食材のみならずぺものも山ほどアメリカから担いで来てくれました。私の一番のお気に入りはこのマグカップかな~。↓
c0076387_7504479.jpg

このカレンダーも写真がすごくいいです。↓
c0076387_7511872.jpg

本が二冊と↓
c0076387_752037.jpg

c0076387_861212.jpg

ケープペンギンのミニチュア↓
c0076387_7532749.jpg

Beanie BabiesのChill君。↓
c0076387_7544752.jpg

Chill君に付いていたタグによりますと、
DATE OF BIRTH: December 23, 2007(←天皇陛下と同じ・・・)
“Sliding down the icy hill
Always gives me quite a thrill
And after playing hard all day
Hot cocoa keeps the chill away!”

HAPPY FEETの風船。お誕生日パーティーでもしなくちゃ!?↓
c0076387_7555322.jpg

これはドイツに来てから買ってくれたパペット。目が埋もれて人相(ペン相?)がわかりにくいですが、結構可愛い。嘴にも指が入れて動かせるのがちょっと意外性あり。知らずに挟まれたら驚くぞ。↓
c0076387_7562987.jpg

引越しまで大家さんに借りていた幼児用ハイチェアのクッション柄↓
c0076387_7571232.jpg

以下自力。薬局のウィンドウディスプレイ。円筒の中に入っているティッシュの数を当てると抽選で景品がもらえるらしい?↓
c0076387_757355.jpg

花屋さんだったかな?店頭ディスプレイ↓
c0076387_8184590.jpg

子供服。残念ながら息子にはまだまだ大き過ぎ。↓
c0076387_75847.jpg

クリスマス市で飲んだ子供用パンチのカップ↓
c0076387_7583927.jpg

モンシャウで見つけた玩具。ブリキのレトロな雰囲気が気に入って買っちゃいました♪↓
c0076387_7592433.jpg

以上、誕生日~クリスマスシーズンの他力本願で大豊作でした!しかし、数多く頂いた上に、引越し諸々のゴタゴタが重なったので、これだけ並べてもまだ何か忘れている気がする・・・???

昨年中、拙ブログのペもの狩りにご協力頂いた皆様、どうもありがとうございました。今年もペンギンに関するブツ、情報、画像などなど、年中無休で受け付けておりますので、よろしければ引き続きどうぞよろしくお願いいたします。m(..)m
[PR]
by penguinophile | 2009-01-15 08:08 | ペンギン | Trackback | Comments(12)

謹賀新年2009

あけましておめでとうございます。昨年は拙ブログへご訪問いただきありがとうございました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

ブログの記録を見ると、更新が滞っていた間も日々アクセスがあったようで、恐縮です。私共は引越しから早や一ヶ月以上が過ぎ、まだまだ勝手がわからず何かと不自由ではありますが、家族三人とも元気でやっております。アパートの中には未だに段ボールが積んでありますし、照明や家具も揃っていませんが、下手に中途半端に落ち着いてしまった上、夫婦揃ってお尻に火が付かないと動き出さない横着者なので、ちゃんと片付くのはいったいいつになるのやら皆目検討がつきません(^^;;。

12月は寒さと暗さにめげてしまい、ネットのみならず現実にもほぼ冬眠状態でした。まだまだ冬は続きますが、少しずつ日が長くなってくるはずだし、年が明けたら気合を入れて活動再開・・・と思っていたのですが、年明け早々から雪が降り出し鼻をくじかれております。雪道をベビーカーを押して外出するのはあまり楽しいとも安全とも言い難いですし。これを書いている今現在も雪はかなりの勢いで降っており、今日は(いや今日も)外出できそうにありません。

ドイツに来て迎える三度目の冬ですが、これまでの二年よりずっと寒く感じます。11月下旬の引越し日には既に雪が降っていましたし、今では霜や氷や雪が昼間でも全く融けません。もともと血の巡りが悪い私など、あまり外出していないにもかかわらず、子供の時以来ン十年ぶりに手にしもやけやあかぎれが出来る始末。「明日のベルリンの予想最低気温はマイナス20度」という天気予報を聞いた時は、「スキー場かよっ!」と突っ込みを入れたくなりました。あぁいっそ春が来るまで本当に冬眠していたいよぅ(←弱気)。

そんな訳でいま一つ冴えない日々を送っておりますが、新年は(紅白と初詣と年賀状とコタツとミカンはないものの)それなりにちゃんとお正月らしく迎えました。ハイライトはおせち料理!
c0076387_20471884.jpg

蒲鉾、卵焼き、蓮根、筍、こんにゃく、昆布巻き、田作り、りんご寒天、栗きんとん。更に写真には写っていませんが、黒豆、なます、お雑煮。
ドイツで作ったにしてはかなり立派な品揃えでしょう?今年は本当によく頑張りました!・・・と言っても実は頑張ったのは私ではなく、うちの息子に会いたい一心で日本食材を山ほど担いでアメリカから遊びに来ていた伯母馬鹿な姉です(笑)。今頃はちょうどまた機上の人になっているはず。

大晦日から新年にかけては、義弟とその彼女も遊びに来ており、おせち料理も一緒に頂きました。和食慣れしておせち料理も二度目の夫と、東京に出張した経験があり夫同様に好奇心の強い義弟は完食しました。しかし、和食はほとんど初めてだったらしい義弟の彼女にとって、新年早々手加減なしの異文化の壁は相当厚かったらしく、こんにゃくやお餅はかなり「なにコレ」状態でしたし、田作り、鰊昆布巻、かまぼこに到ってはお手上げでした(無理もない)。ちなみに大晦日の晩は鶏の水炊き(〆は年越し蕎麦ならぬうどん)にしましたが、こちらは食材としては問題なかったものの、食い意地の張った一歳児が彼女の優しさにつけこみ次から次へと食べ物を強奪したため、ちっとも落ち着いて食べられませんでした。そんな訳で、義弟の彼女にはなんだか気の毒な結果になりましたが、これに懲りずまた遊びに来てくれたら、今度はおせち料理のような直球勝負は避け、外国人向けに手加減した「なんちゃって和食」で歓待してあげたいものです。

ドイツの年明けは花火で祝います。私はこれまで他人のあげる花火を見たり聞いたりするだけだったのですが、今年は義弟達が花火を持参しため、うちの前でドンパチに初参加し大いに楽しみました。もっとも点火には参加しませんでしたが(だって見た目からして兵器並でコワイんだもん)。音もかなりの迫力で、「こんなんスーパーで普通に売ってていいのか?一般人が許可も訓練も受けずにあげていいのか?」と思ってしまうような代物ではあります。

そんな風に明けた2009年、私にとっては新天地でまたまた悪戦苦闘・更に波乱万丈な一年になりそうな予感がしておりますが、家族全員元気で無事に過ごせればと思います。

末筆ながら、この記事を目にした皆様とそのご家族にとって、これからの一年が幸多きものとなる事を祈念し、新年のご挨拶とさせて頂きます。
[PR]
by penguinophile | 2009-01-04 20:50 | ご訪問の皆様へ | Trackback | Comments(23)