<   2009年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

孵化

このたび家族が増えましたので、取り急ぎご報告させて頂きます。

2009年6月18日 17時56分生まれ
体重3550g 身長53cm 頭囲35.5cm
第二子次男

体力が回復し生活のペースが整うまで、記事更新やコメントへのお返事が滞るかと思いますが、ご了承下さい。
[PR]
by penguinophile | 2009-06-23 23:43 | 子供 | Trackback | Comments(24)

親馬鹿日誌・二歳

息子が二歳になりました。お誕生日おめでとう!
c0076387_2301784.jpg

こんな超手抜きケーキでも、誕生日のために作ったら子供も一緒に記念撮影をしたくなるが人情というもの。しかしうちの場合、「ケーキを見た瞬間に素手で襲い掛かろうとする→慌ててケーキを遠ざける→怒って泣き叫ぶ」で失敗に終わりました・・・。ちなみにこの前日、息子は階下の隣人宅でケーキを4切れも一息に平らげています。普段甘いお菓子をほとんど与えられていない反動もあるのか、親も断りにくい訪問先で暴走。私と同じくらいの量の昼御飯を食べた後だったのに、まるで親が飢えさせているようで恥ずかしいったらありゃしない。

一歳代は「赤ちゃん」から「幼児」への変化期で、「進歩」というよりむしろ「進化」という表現がふさわしいような成長ぶりに目を見張った一年間でした。歩いたり喋ったりといった測りやすい発達もさることながら、息子が自分の周りのちっぽけな世界をどんどんと吸収し把握していく様に私はいちいち驚かされていました。まだまだ世界は広くてたくさんの不思議と発見に満ちているよ!楽しみだね~(^^)。

育児に正解なんてないでしょうし、もしあったとしても私の育児なんて絶対に間違いだらけ。それでもとりあえず息子は元気だし、なにやら結構幸せそうだし、誰にでも可愛がられて当然みたいな顔をしています。そして自我の芽生えと共に扱いが難しい年頃と言われる「魔の二歳児」にいよいよ突入。こちらも未熟極まりない親だけに不安ですが、両親揃って„Ganz süß!“「カワイイね~」などと親馬鹿丸出しで見守っていられる期間はごくごく限られているのですから、なるべく楽しまなければ損というもの。

***以下、よしもとばななHP(2007.10.03)より引用***
(前略)
 いらだって乱暴になるチビをしかって大げんかして、そのあと仲直りしてゆる湯という冷泉に入った。「熱いお風呂よりも好きなんだよ」「こっちのほうがあたたまるね、チビの言う通りだね」と会話しながら。
 朝も「いっしょに寝てるとあったかいね~」と言いながら、いつまでもくっついてふとんにくるまっていた。もちろんこんなこといつまでも続くはずがないってわかっているんだけれど、小さい子と暮らすのって、けんかも含めて宝物のような日々だと思う。
 ただし本気でやらないと、なにも得られない。それはどの人間関係も同じだと思う。
***引用ここまで***
c0076387_231418.jpg

↑息子が4月に卒業したファーストシューズをパパの靴と並べて撮ってみました(ちなみに夫の靴は、うちに遊びに来た日本人ママ友が自分の足と並べて写真を撮りたがったほどデカい)。履き始めた頃はまだハイハイもしていたので、爪先までボロボロ。よく歩いたなぁ。
[PR]
by penguinophile | 2009-06-15 23:11 | 子供 | Trackback | Comments(14)

Yam

私が住んでいる町にはアジア系食料品店が二軒あり、地理的に利用しやすい方の一軒にたまに立ち寄っています。基本的に日本人相手の商売ではないので、例えば日本酒が全部中国産だったりします(もっとも酒は最寄のスーパーでチョーヤ製品が見つかったので問題なし)。それでもアジアショップがあるとないとでは大違いで、納豆は買えなくても青梗菜が見つかれば嬉しいし、餃子も皮が買えれば気軽に作る気になれるというものです。

先日、このお店のレジで「中国のヤムはいりませんか?」と声をかけられました。中国のヤムと言われてもよくわからないけど・・・
c0076387_6351116.jpg

これってもしやとろろ芋!?と思ったので購入したところ、大当たり~♪とろろ蕎麦やとろろ飯にして食べたら激ウマでした♪長さ約30cm、重さ約400gで1.69ユーロ(約230円)。こんなに美味しいならもっと大きいのを買っても良かったかも~。このお店の在庫は結構変動が激しいので、次に買えるのはいつのことやら。・・・と、たかがとろろ芋ごときで恥ずかしいくらい舞い上がってしまった私ですが、こういうささやかな幸せが海外生活の不便さから生じるストレスを和らげるのです。たぶん。

それにしてもこの「中国のヤム」、生産地はどこなのでしょう。日本に住んでいれば「なるべく国産品を買いたい」という気持ちにもなりますが、独逸の田舎町に住んでいるとそんな贅沢は言っていられないというか背に腹は変えられないというか。母が出産後に手伝いに来てくれた際、うちにあった韓国製の蕎麦を見て「食べる気がしない」とばっさり切り捨てた事がありましたが、私だって日本に住んでいたら絶対に買わない商品です(涙)。

そういえば以前にやはりアジアショップで見つけた冷凍タロ芋がまだ手付かずで残っていましたっけ。こちらもよくわからないまま、「里芋みたいに使えないかな~?」という淡い期待を抱いて買ったのですが、さて吉と出るか凶と出るか!?
[PR]
by penguinophile | 2009-06-11 06:38 | 徒然 | Trackback | Comments(20)

6月だというのになんだか肌寒い日々で、今日は雨も降りました。夫が欧州議会選挙の投票に出かけたついでに息子も散歩に連れ出してもらい、私はおうちでのんびり。昼食にはドイツでは白より少ない緑のアスパラガスでリゾットを作りましたが、洗濯物を干している間に火が通り過ぎてちょっと失敗。まぁ柔らかい方が息子には食べやすいかなーっと思ったのに、息子はアスパラをよけてご飯とベーコンだけ食べてました(--;。

閑話休題。ドイツ生活も三年経ち、「ちょっとヘンな亜細亜グッズ」に対する抵抗力(?)もだいぶついてきました。それでも「いくらなんでも違うでしょう!」と突っ込みたくなる代物もたまにあります。最近目に入ってずっこけたのが以下の二つ。どちらもポストに入っていたスーパーや量販店のチラシからです。
c0076387_6365229.jpg

↑枕・布団カバーに「愛」だけでも十分恥ずかしいのに、「快楽」かよ!?
c0076387_6373715.jpg

↑爽やかな笑顔の彼が着ているTシャツに刷られているのは「般若心経」・・・(--;;;

逆に珍しくまともで驚いたのが、
c0076387_638018.jpg

↑玩具屋さんの包装紙になぜか日本語で「きょうりゅう」。
c0076387_6391214.jpg

↑これは北京オリンピック開催中にケルン中央駅で見かけた公式ユニフォームだったかな?中国語では「独」ではなく「徳」なのか!?と驚いたのでした。
[PR]
by penguinophile | 2009-06-08 06:48 | 言葉、亜細亜 | Trackback | Comments(14)

家具増強

義弟の引越しに伴って不要になった家具類がうちに運び込まれてきました。シングルベッド×2、サイドボード、机×2、ガーデンチェア×2、電子ピアノ等。なんだかますます寄せ集め家具倉庫状態になってしまった上、実は未だに開封していない段ボール箱も置いてあったりして。でもまぁいちおう使えるからいっかぁ、なんて思ってしまう私がお洒落なインテリアの家に住む日は・・・永遠に来ない気がする(^^;。

「叔父さんありがとう!お陰で僕の作業スペースが増えたよ!」
c0076387_674523.jpg

↑こういうヒトがいるからせっかく引き取ったサイドボードもいまいち使えません(--;。

今回、義弟は彼女と一緒に暮らし始めるために引っ越したので、彼女とダブっている家具や新居に納まらない家具が放出された訳です。義弟には学生時代から15年ほど付き合って一緒に家まで買った彼女がいたのですが、去年初めにカップル解消、更に転職もして、ドイツ国内ですがかなり長距離の転居をして、と人生まるごと仕切り直し。続く春にはもうちゃんと新しい彼女が出来て、付き合い始めて一年余り経った今、一緒に暮らし始めた次第です。

日本では(というか私の友人の間では)、「結婚と同時に同居」という伝統的なパターンが一般的でしたが、ドイツでは結婚せずに同居し更に子供のいるカップルも一般的なようです。日本と違って夫婦別姓が法的に認められている事もあり、既婚か否か傍目にはよくわからない事も多いです。結婚していないカップルが一緒に家を買ったり子供を育てたりするのがごくフツーに認められ社会的な不利益を被らないとなると、いったいどんな理由あるいはきっかけで結婚に踏み切る気になるのやら、個人的には微妙に謎。もっともうちのように片方が無職の外国人という特殊な場合には、とっとと婚姻を成立させてしまった方が滞在許可や税金といった面で面倒がないように思えます。

新生活をスタートした義弟とその彼女に幸多かれと祈ります(^^)。
[PR]
by penguinophile | 2009-06-08 06:14 | 徒然 | Trackback | Comments(6)

2009年5月のP

先月出会ったぺもののご紹介です。

Mちゃんパパ&ママより頂きました。「ペンギン爆弾」紙工作セット(アデリー、イワトビ、皇帝)。なんとこのペンギン、つぶれて復活、とかするらしい。面白そう。あぁでも作ったら絶対に壊される。どうしよう(笑)。↓
c0076387_025346.jpg

同じくMちゃんパパ&ママから。ペンギン輸送車のミニカー。そんなのがあったとは!↓
c0076387_0255278.jpg

H君ママより頂きました。手芸心をくすぐられる可愛いボタン、テープ、アップリケ。とは言え手芸なんてもう何年ご無沙汰やら・・・↓
c0076387_0262542.jpg

toramuttiさまより頂きました。鈴木京香さんの揚げる海老天を狙う皇帝ペンギン。なんだかいいなぁ、もしかしてTVCMになってたりしないかなぁ、と東京電力さんのホームページを探してみたけど見つからず。↓
c0076387_0264539.jpg

母が送ってくれた新聞の切り抜き。読売新聞夕刊2009年4月23日↓
c0076387_0275182.jpg

以下自力。地元フリーペーパーの古新聞から発見。期間限定スケートリンクの広告らしい。Wochenspiegel 14. Februar 2009↓
c0076387_0282610.jpg

塀の落書きアート↓
c0076387_0291631.jpg

またまた他力本願な月でした。ご協力いただいた皆様、どうもありがとうございました。それにしてもやっぱり日本のぺものはレベル高いわ~。
[PR]
by penguinophile | 2009-06-04 00:31 | ペンギン | Trackback | Comments(2)