<   2010年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

花より団子♪

鎖国状態のドイツで呑気に暮らしておりました。春の気候に誘われて柄にもなく洒落っ気を出してネックレスをつけたら次男に引きちぎられ、時計を変えたら長男に乗っ取られました。やはり乳幼児の母は色気より食い気か、という訳で春の味覚祭を開催中です。ベアラウフ(der Bärlauch)で餃子。市場で買った白アスパラガス(der Spargel)は、茹でたりオーブングリルにしたり。2kgで1.5ユーロの激安イチゴを買い込み、下の階に住むご夫婦まで試食に巻き込んで、ショートケーキ、ヨーグルトアイス、チーズケーキと苺スイーツ三昧。
c0076387_3373780.jpg
↑これくらい縮小すればボロが出ないかしら(^^;;

ちなみにこのイチゴはスペイン産です。冬はモロッコ産、そしてもうしばらくするとドイツ産が売られます。白アスパラガスもドイツ産のシーズンに突入しました。桜前線ならぬアスパラガス前線やイチゴ前線に春を感じるドイツ暮らし(笑)。

ついでに(旬はいつだか知りませんが)こちらの食材にも初挑戦。↓
c0076387_3382771.jpg

ウイキョウ(der Fenchel)の「葉柄基部が肥大したもの(Wikipediaより)」。日本ではウイキョウを生け花に使い水が臭くなった記憶がありますが、食べられる植物だったとはドイツに来るまで知りませんでした。ウイキョウ茶の香りがあまり好きではないので、この野菜も今まで手をつけずにいたのですが、夫が買ってきたのでやむなく処理する羽目になりました。とは言えいったいどうやって料理したらいいものか皆目見当がつかず、こちらのレシピを参考にさせて頂きました。リンク先のしのさんのブログは、ドイツを美味しい国だと勘違いしたい方は必見です!?市場に行けば新鮮で美味しい旬の食材が手に入りますが、美味しくなるか否かは料理人の腕次第なんですよね(苦笑)。でも今回は、しのさんのアイディアを拝借したお陰で、料理下手な私でも馴染みのない野菜を美味しく頂けましたよ。しいて言えば「玉葱に近い食感でセロリに近い味」かな?

ちなみにセロリ(der Sellerie)と言えば、日本では普通は茎を指しますが、ドイツではむしろ根の方が一般的なようです。↓
c0076387_339846.jpg

最初に見た時は「なんじゃこりゃ?」と思いました。切るとナスのように弾力あるスポンジ状ですが、香りは確かにセロリです。

局所的に人口密度が異様に高く狭苦しい生活を送っている今日この頃、台所にも子供達が追いかけてきます。長男に料理に興味を持ってもらう良い機会だと思い、簡単な作業を手伝ってもらって、一緒に料理を楽しんでいます。
・・・と書ければ理想的なのですが、現実には・・・
「それは危ないから触っちゃダメっ!ちょっとそれまだ使うんだから勝手に捨てないで欲しいんですけど。いやそれはばっちいから食べちゃダメよ。こらこら弟を踏まないのっ。つまみ食いにしては食べ過ぎだってば。あ゛~、もぉ~っ。ちょっとあっちに行って遊んでてくれないかなぁ!」
・・・となってしまうのでした。親業は精神修行の日々でございます。
[PR]
by penguinophile | 2010-04-21 03:40 | 徒然 | Trackback | Comments(8)

Nifuroxazide

先月下旬、次男は下痢が続いたあげくに痩せてきてしまいました。いくら元がおデブ気味とはいえ0歳児に下痢ダイエットはまずいだろう、と小児科に連れて行ったところ処方されたのがこちらの下痢止めシロップ↓
c0076387_1865019.jpg

ニフロキサジド (抗菌薬;ニトロフラン系;感染性下痢症治療)
蛍光黄色の中身にはびっくりしましたが、味は悪くなかったようで、次男は問題なく飲み、その後一日で下痢は止まりました。

・・・というだけならわざわざ記事にする程の話でもないのですが、
c0076387_1871219.jpg

この成長発達するピクトさんをakberlinさんに見せたかったのよ~。
[PR]
by penguinophile | 2010-04-13 18:07 | 子供 | Trackback | Comments(4)

2010年2,3月のP

イースター休暇明けの今日は、春の日差しの中で元気になった子供達とお散歩を楽しめました。書きたい事はいろいろあるのですが、まずは日本で出会った「ペ」のご紹介です。

東日本地域の有名ペ(?)と言えばやっぱりこの人ですよね~↓
c0076387_6481447.jpg

そのSuicaの英文ガイドとお洒落な標識シールを、東風さまよりご提供いただきました。Suicaが「Super Urban Intelligent CArd」の略だったとは初めて知りました(あるいはすっかり忘れていました)。↓
c0076387_648556.jpg

まきさまよりご提供いただきました。旭山動物園の子供用靴下&おまけシール。↓
c0076387_6493394.jpg

ちえさまよりご提供いただきました。ミニアルバム↓
c0076387_6505533.jpg

そのちえさまの手が写っているのでついでに(笑)、箱根で泊まった温泉旅館の子供用茶碗とスプーン↓
c0076387_651148.jpg

ベネッセこどもちゃれんじぷち3月号付録↓
c0076387_6513411.jpg

本屋のポスター↓
c0076387_652170.jpg

銀行のポスター↓
c0076387_6522044.jpg

地下鉄の中吊り広告↓
c0076387_6523923.jpg

雪印キャンペーンちらし。気付いたのが遅く応募はできませんでしたが、http://6pingu.jpからピングーのデスクトップ画像はダウンロードしました。↓
c0076387_6531556.jpg

そして!葛西臨海水族園で久しぶりに生ペンにも会いましたよ~。入園前からショップ前や↓
c0076387_656142.jpg

エレベーターでP発見♪↓
c0076387_6562675.jpg

ちなみにこの水族館、車椅子やベビーカーは、一般とは違う順路でエレベーターのみで回れます。一部裏側バックヤードを通るのですが、「そういえば以前にここのバックヤードツアーに参加したっけ」と懐かしく思い出しました。平日で空いているのをいい事に、あちこちの水槽に張り付き「あぁ潜りたい・・・」などと嘆息しつつたどり着いた本命。この水族館では、フンボルト、イワトビ、フェアリーの三種類のペンギンに会えます♪↓
c0076387_6564640.jpg

食事の時間は大騒ぎ!もうご飯を食べ終わったはずのフンボルトがフェアリーの食事を羨ましそうに眺めているのが笑えました。↓
c0076387_6574963.jpg

水中の雄姿もじっくり堪能できます。↓
c0076387_6581052.jpg

募金箱はエンペラー親子↓
c0076387_6582838.jpg

閉園直前に慌てて購入したカップ、栞、よだれかけ(いや今時は「スタイ」とか呼ぶんですかい?)。でもオリジナル和風Tシャツを買いそびれたのが未だに悔やまれます。ペンギンのTシャツ何枚持ってるんだよ、って話もありますが。↓
c0076387_6585448.jpg

ドイツに戻った途端に付加価値がつき貴重品に化ける日本の活字(2010/3/14朝日新聞朝刊)。もったいなくて隅から隅までじっくり読んでいたら、こんな記事がありました。↓
c0076387_6591516.jpg

そしてドイツは留守中にカーニバルの季節を迎えていたのでした。glueckさんからこんな写真をご提供いただきました。やる気なさそうなひげのおじさん、その衣装、私に譲ってくださいませんか。せっかくカーニバルがある国にいるのだから、ペンギンの着ぐるみで大手を振るって公道を歩きたいけど、自作する根性と技術がないんです。↓
c0076387_712829.jpg

以上、ご協力いただいた皆様、どうもありがとうございました。
[PR]
by penguinophile | 2010-04-07 07:06 | ペンギン | Trackback | Comments(12)