<   2011年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧
実験の夕べ
ある秋の日の夕方、夕飯の準備を済ませ、赤ん坊を寝かし付けてから、帰宅した夫に子供の世話をバトンタッチしていそいそと家を出たワタクシ。今日は夜遊び、コドモの事は忘れて、ゆっくりじっくり飲み明かすぞーっ!・・・という訳では(残念ながら)なくて、行き先は幼稚園でした。

息子達が通っている幼稚園では、園児と科学実験を行う試みがなされています。子供達の科学への興味を引き出そうとする全国的なプロジェクト(ホームページはこちら)の一環で、うちの幼稚園からは次男の担任の先生2名が研修に参加し、最近ではプロジェクト推進施設(?)として認定されたらしいです。

この日は園児向けの実験を親に紹介するというので、興味津々で参加してみました♪参加者は先生2名と父母8名。園児は100名近くいるはずなので、あまり高い参加率とは言えませんね~。銘々の机の上にこんな物が準備してありました↓
c0076387_8344070.jpg

「缶蓋の中にある物は何でしょう?水、スポイト、虫眼鏡を使って調べてみよう!」
問題のブツは白い結晶で、繊維が混じっており、水を入れると透明なゼリー状になりました。
「砂糖?」「ゼライス?」「いいえ、違いまーす。」
「食べられるモノ?」「少しなら食べても害はないでしょうけど、大量に食べちゃダメですよ(笑)」
正解はなんと「オムツに入っている超吸収結晶体」。吸水性ポリマーって奴ですかね?混じっていた繊維はオムツ由来でした(笑)。

「皿の上のボタンを手で触らずに乾かしてみよう!」
c0076387_8344083.jpg

蝋燭を点火してコップを被せるとこの通り↓
c0076387_834407.jpg


他にも
・PETボトルと発泡性サプリメント剤を使って、口を使わずに風船を膨らましてみよう!
・粘土とナットを水に浮かべられるかな?
・油と水を混ぜたらどうなる?そこにインクを垂らしてみたら?更に下から蝋燭で加熱したら?
・色水を入れたコネクタで繋いだ2つのPETボトルの間で、色水を移動させるには?
・PETボトルに満杯に入れた水と、曲がるストロー、クリップを使って、潜水艦を作ってみよう!
などの実験デモがありました。

先生曰く、「子供は“なぜ?”とは聞かず、自分で説明をつける。例えば“水と油が混じらないのは仲が悪いからだよ”とか。」「家庭では身近にある物で気軽にできる実験がいい。わざわざ材料を揃えようとすると面倒になるから。」

一時間半ほどの集まりでしたが、もともと実験ちゃんの私には、とっても面白かったです。そうか、これからの数年間は子供と一緒にこういう楽しみ方ができるんだな!と、なんだかワクワクしてきました。で、早速翌日、以前から気になっていたこちらの実験を試してみました。↓
c0076387_8343720.jpg

グミを水に入れると巨大化する!という実験。もちろんすぐに全部口に入れようとする幼児達をなだめすかして一人一つずつ水に入れさせました。最初と一日経過後の状態を比べたのが上の写真です。しかし・・・子供に隠れてこっそり写真を撮った後、ちょっと目を離した隙に、まんまと食べられちまいました!「普通のグミと何かちょっと違わなかった?」「ううん、別にぃ。あのね、ペン太のは赤かったよ。ギン次のは黄色だった。」ってまぁ~コドモなんてそんなもんだよな!(^^;
[PR]
by penguinophile | 2011-12-21 08:42 | 徒然 | Trackback | Comments(6)
Krankengymnastik/医療体操
夏の初めに腰をぎっくりやってしまった高齢出産母のワタクシ、整形外科で医療体操を処方されました(過去記事参照)。実は予約を取るのを先延ばしにしているうちにまたぎっくりやってしまい、とりあえず15分ほど横になっていた隙に、四歳児と二歳児が風呂場と寝室とベッドを水浸しにしやがりました。水音が聞こえたので長男を呼んで「水止めて!水遊びしないでよ!」と言ったら、「はーい」と笑顔でとても良いお返事をしてくれたのに・・・orz。

処方箋に記してあった整形外科での診断は「Lumbalgien bei Skoliose 10°(側わん症による腰痛)」。処方内容は(1) KG (Manuelle Therapie)医療体操、(2) Moorpackung天然泥パック(と言っても別に美肌目的ではなく温湿布)、(3) KMT (Massage)を各30分×10回。私が通ったのは、整形外科の診療所と同じ建物にあり医療体操とリハビリを専門にやっている施設で、日本で言う整骨院のような所だと思いました。10回分の料金はしめて568ユーロ(約58,000円)。前もって保険会社に問い合わせたところ、長期に渡り何度も通うと治療ではなくリラクゼーションが目的とみなされて保険でカバーされなくなるが、今回は初回なので支払われるとの回答でした。

私を担当してくれた治療師は若い美人さんでした。いや年齢と美醜は別にどうでもいいのですが、上半身すっぽんぽんに近い格好になる事も多かったので、女性で良かった(^^;。治療中にいくつか質問してみたところ、体操をしても側わん症が治る事はない(成長期なら改善も望める)が、体操によって悪化を防げるという事、そして側わん症の人が特にぎっくり腰になりやすい訳ではないという事でした。10回通ってみての感想は、久~しぶりにマッサージとかしてもらって気持ちよかったわ、みたいな(笑)。つまり劇的に腰が改善した訳ではありませんが、軽度の側わん症なら日常生活には問題なさそうだから、悪化さえしなければ特に問題ないのでしょう。家でもできる腰痛体操をいくつか教えてもらったので、その後も自宅でちょこちょことやるようにしています。ジムボールを使う体操を試みたところ、一分後にはジムボールは四歳児に奪われ、私の上には代わりに二歳児が乗っていましたが・・・再度挑戦したところ、今度は二歳児がサッカーボールを持参して真似しながら、本を読んでくれと要求してきましたが・・・。

医療体操や歯医者といった、子供を連れて行けない用事は、早朝に予約を入れるようにしています。幸いドイツ人は朝が早く、診療所なども8時前から開いていたりします。早朝だと待たずに済むし、歯科治療など多少長引いても幼稚園のお迎え時間まで余裕があるしで、一石二鳥。夫は上の子供二人を幼稚園に送ってから、赤ん坊を私のところまで届けるのでちょっと大変ですが、あまり遅れずに出勤できます。

ある朝、体操の後、町中に出てみたものの、木枯らしがふいて寒く、お腹が空いてきて、更に授乳もしなくてはならず、カフェで二度目の朝御飯♪
c0076387_8302359.jpg

ドイツで初めてカフェオレボウルに遭遇しましたよ。飲むのに両手が必要なので、赤ん坊連れには少々不便でしたけどね。なんだかちょっとオシャレ海外生活系ブログみたいな写真が撮れちゃったわ!?と妙に嬉しくなったので、本題と関係ないけど載せてみる次第(笑)。
[PR]
by penguinophile | 2011-12-21 08:33 | 徒然 | Trackback | Comments(4)
類似ロゴ
c0076387_8253922.gif

内輪ネタで失敬。化粧品会社(ホームページはこちら)のロゴのようですが、見かけると未だに一瞬ドキッとしてしまいます・・・。
[PR]
by penguinophile | 2011-12-21 08:28 | 徒然 | Trackback | Comments(6)
2011年11月のP
先月出会ったぺ物のご紹介です。
Mさまよりご提供いただきました。八景島のP。動物ふれあいコーナーでフンボルトだかマゼランだかに触ったら結構柔らかくてふさふさしてたそうな。生Pおさわり、いいなぁ~(うっとり)。↓
c0076387_18493092.jpg

c0076387_18492829.jpg

以下自力。アドベントカレンダーにもペンギン。
c0076387_18494957.jpg

c0076387_18493743.jpg

c0076387_18492627.jpg

c0076387_18493429.jpg

ハッピーフィート映画、続編が出来たんですね。次男が「ハッピーフィート」と言う時の発音が明らかにカタカナだ!とうちの夫は笑います。いいじゃん別に。

ギフトボックス(らしいが誰にもあげません。整理にも便利な大きさだし。)↓
c0076387_18493313.jpg

携帯用カイロ。まだ試していませんが、どうやら中に入っている金属片を曲げると発熱し、鍋で茹でると再利用可能らしい。↓
c0076387_18494623.jpg

冬らしく雪にまみれるP。↓
c0076387_18493615.jpg

c0076387_18492876.jpg

靴屋の子供向け冊子にもP。中の漫画ではこのペンギンが水族館長を務めていましたよ。↓
c0076387_18492414.jpg

子供用の靴下。↓
c0076387_1849276.jpg

この靴下、長男にもまだちょっと大きいかなーと思いつつ買ったら、私でも何とか履けてしまうサイズでした!私は日本では靴屋にサイズが置いていない程の大足なんですが・・・ドイツでも決して小足ではないんですが・・・?話が横にそれますが、先日家具屋で靴箱を物色していたら、うちの夫の靴は大き過ぎてほとんどの靴箱に収まらない事が判明(@_@)。更に夫の靴が収まるような靴箱は、大き過ぎてうちのアパートに収まらない事が判明・・・orz。

今月の「惜しい!」
せっかく送って頂いておいて文句をつけるようでナンですが・・・Yさま、これは「モグラ」です!(爆)(過去記事参照)↓
c0076387_18493948.jpg

以上、季節物が多い月でした。
[PR]
by penguinophile | 2011-12-08 18:56 | ペンギン | Trackback | Comments(2)
待降節(der Advent)2011
先週末から待降節(der Advent:4回の日曜日を含むクリスマス前の4週間)に入りました。今年のリース↓
c0076387_20221226.jpg

作成はもちろんまたお隣に住むS夫人です。長男が飾りをお手伝いするはずだったのですが、やっぱりさっぱり役に立たなかった模様(^^;。ドイツの模範的主婦であるS夫人は、「二日間クッキーを焼き続けて台所が汚れた」とおっしゃっていましたが、うちも家篭り中に幼稚園でクッキーを焼き損ねた埋め合わせに、子供達と家でクッキーを焼いて、階下とお隣に御裾分けしました。↓
c0076387_20221766.jpg

c0076387_20221767.jpg

12月に入ったら1日に一つずつ窓を開けるアドベントカレンダー↓
c0076387_20221171.jpg

チョコレート入りが一般的ですが、歯に悪そうなので、クリスマスツリー用飾り入りを買おうかな~とか思っているうちに、やはりS夫人からチョコ入りを頂いてしまいました(^^;。果たしてうちの坊主共に「1日1つのお約束」が守れるのでしょうか?12月に入ってから開けてみたら・・・アレ?何も入っていない?・・・どうやら箱を振り回しすぎて中身が動いてしまったらしい(--;。

クリスマス市も始まりました。
c0076387_20221313.jpg

c0076387_20221083.jpg

[PR]
by penguinophile | 2011-12-03 20:25 | 徒然 | Trackback | Comments(2)
  

ドイツ田舎町での地味暮らしを徒然なるままに。
by penguinophile
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新のコメント
ちえさま: えらい長々..
by penguinophile at 05:30
5歳児でかした!美大出の..
by ちえ at 22:33
Mさま: 返信が遅くな..
by penguinophile at 05:03
安いですねえ。こちらの感..
by M at 23:38
Mさま タブレットで書..
by penguinophile at 20:40
これはPCで書いてるんで..
by M at 09:22
鍵コメさま: そう、1..
by penguinophile at 07:42
ちえさま 出来合いの黒..
by penguinophile at 07:21
おせち、すご〜い!私がア..
by ちえ at 14:07
はなはなマロンさま: ..
by penguinophile at 08:29
検索
ブログジャンル
海外生活
子育て