先月のP報告を書きたいと思っているうちになぜか一月も下旬に突入。別に特に忙しくしていた訳ではないし、家事も最低限しかやっていないのだが、三匹の豚児に振り回され、日常生活を回すだけで光陰矢のごとし。私の手際が悪いせいもあるだろうが、そもそも乳幼児という生き物が、「効率」という言葉とは無縁、いや根本的に相容れないのが一番の原因。コートとマフラーと帽子と靴を着用するという、大人なら1分で出来る事が、途中で脱走してお医者さんごっこを始めたり片足跳びを披露したりでなかなか進まず、最後には怒声が飛ぶ始末。一事が万事その調子で、何もしないうちに一日が過ぎ、体力的というよりむしろ精神的に疲弊していくワタシ。そして赤ん坊に歯が生えハイハイを始めるのを見て、月日が過ぎている事にハッと気付く。

子供達は現在、長男4歳7ヶ月、次男2歳7ヶ月、長女8ヶ月。長男の第一言語は明らかにドイツ語だが、ドイツ語での独り言の合間にいきなり「あっ、オナラしちゃった」と、なぜかそこだけ日本語が混じったりする。長男の日本語の発音は少しガイジンっぽいので、聞き慣れた母親以外には理解不能な事もある。それでもLとRとラ行の区別が自然にできているあたりは、やはりバイリンガルなのだなぁ、と妙に感心してみたりする。長男が私に対してドイツ語で話しかけてくる事はほとんどない(ただし単語が混じってしまう事はよくある)が、次男の二言語切り替えスイッチは未完成。大晦日に散歩から帰ってきた次男が私に「Feuerwerk sehen」と話したら、すかさず長男がドイツ語で「ママには“はなび みた”と言わなくちゃ駄目だよ」と指導を入れていた。ちなみに兄弟間の会話は全てドイツ語である。

結構おしゃべりな長男だが、まだまだ言い間違いも多い。例えば・・・

○レストランごっこで、
母「今日は何がお勧めですか?」
長男「エビがオスメス!」

○医療体操に行く母に、
長男「ママ、どこに行くの?」
母「腰が痛いからマッサージに行くの。」
長男「ペン太もソーセージにマッサージつけるよねっ!」
いやそれを言うなら「マスタード」でしょう。

○雑誌に載っていた幼児の写真を見ながら、
長男「この子はペン太より大きいよね。」
母「でもまだオムツをしてるよ。それに顔が幼いし。」
長男「違うよ。顔がおさるだよ。」
どうやら「顔が幼くない」と言いたかったようだが、サル顔になってしまった。

○「おむすびころりん」の絵本を読みながら、
母「穴の中を行ったり来たりするうちに、隣のお爺さんは、なんと・・・」
長男「まぐろになってしまいました!」
惜しい!正解は「もぐら」でした。

日本語は音節数が少なく同音異義語が多いらしい。大人は文脈から判断できるが、幼児にはまだ難しい。次男が私に向かって「Blumen malen」と言ってきた事がある。これが長男なら「ワタシ、ドイツゴ、ワカリマセーン」芝居を打って日本語で言い直してもらうのだが、次男に対してそれをやると話が続かないので、「お花を描いて欲しいのかな?」と助け舟を出したところ、こくりとうなずいて「鼻を掻いて」くれた。逆に花を指差して「Nase(鼻)」と言って、隣人にキョトンとされた事もある。

幼児の発言にほのぼのさせられるのはどこの家庭も同じだが、二ヶ国語環境の場合は二倍楽しめる、という事にしておこう。
[PR]
by penguinophile | 2012-01-25 02:46 | 子供 | Trackback | Comments(10)

謹賀新年2012

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

大晦日の夕方、階下の奥様が「ちょっと速く来て!」と呼びに来たので行ってみると、サントリー10000人の第9@大阪城ホールをテレビ放映中でした。今年は大震災の鎮魂と復興を願うイベントだったんですね。しばし聴き入ってしまいました。その後いきなりスイッチが入って台所に引き篭もり、おせち料理を作り始めました。つい前日までは、年越し蕎麦とお雑煮しか作るつもりはなかったはずなのに。祖母や母が「今年はおせちは作らない」と宣言しながら大晦日になると台所でおせち料理を準備していたのを思い出し、「ワタシも同じ事やってるし!」と苦笑しつつ・・・
c0076387_2317243.jpg

田作り、お煮しめ、栗きんとん、紅白なます、厚焼き卵、りんご寒天、そしてお雑煮。アジアショップで買い置いた怪しいナンチャッテ食材を駆使して即興で作った割には、それなりにまともだったという事にしておきましょう!まぁこういうのは縁起物ですから、味よりもむしろ「お約束の物を食べた」という満足感が大事かも。いちおう少しは食育にもなったかな。

去年もまた何もしないうちに一年が過ぎてしまったなぁ・・・と思いましたが、よく考えてみたら、赤ん坊が一人産まれて、ほぼ母乳で体重約三倍まで膨れ上がったので、そういう意味での生産性はかなり高かったと言えましょう。そして年間累積オムツ交換枚数は自己最高記録をマークした事でしょう(^^;。

昨年は日本にとって本当に大変な年になってしまいました。海外在住で苦労を分かち合う事もなく、のほほんと暮らしていた私。日本在住の方に「お気楽でいいわね」と言われれば、まさしくその通りで返す言葉もありませんが、ドイツ人に「日本ではなくドイツに住んでいて良かったわね、嬉しいでしょう。」と畳み掛けられると、「そんな単純なもんじゃない」と言い返したくなります。実は何度か、明らかに震災の影響だと思われる夢を見て夜中に目覚め、傍らに眠る幼子の温もりに慰められた事があります。私ですらこの調子では、被災者の苦しみはいかばかりか、推し量る事すらできません。どうか今年は少しでも明るい話題に恵まれた一年になりますよう、祈らずにはおれません。

末筆ながら、この記事を目にした皆様とそのご家族にとって、これからの一年が幸多きものとなる事を祈念し、新年のご挨拶とさせて頂きます。
[PR]
by penguinophile | 2012-01-01 23:22 | 徒然 | Trackback | Comments(9)