<   2012年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧


あれから一年

東日本大震災から一年が過ぎました。改めて犠牲者のご冥福と被災地の復興を心よりお祈り申し上げます。日本に住んでいる私の友人はほとんどが首都圏在住ですが、それでも地震の前後で世の中が一変したという声を聞きます。そんな「震災後の日本」を知らないまま、私の一年が過ぎました。今週は、私の住んでいるドイツの田舎町ですら、地元の大学と東北大学からの留学生達が主催する講演会や、福島を思い地元の脱原発について考える集会が開かれています。できれば覗きに行きたいところですが、残念ながら子守りの都合がつきませんでした。

昔、地学の教科書か何かで世界震源地マップを見た時、「これを見た外国人は、日本に住んでいる人の気が知れないだろう。でも国土の形が見えないほど震源地に埋め尽くされたこの国が、私達の先祖代々の土地なのだよなぁ。」と思ったのを、今でもよく覚えています。先日、天災や戦争について子供達にどう伝えたらいいかという記事を目にしました。例として東日本大震災が挙げられており、「震源地マップを見せて、ドイツは地震が少なく津波の心配もないと伝える」という対応が勧められていました。「日本は危険だがドイツは安全」という単純な図式。それは地震や津波に関して言えば確かに事実ですし、子供が安心して暮らせるよう、ドイツ人の親が伝える内容としては適切なのでしょう。でも、地震国日本に住む親は、いったい何と言ったら子供達を安心させてあげられるのでしょう。そしてドイツに住む日本人の私は?自分の子供達に「おじいちゃんやおばあちゃんが住んでいる日本は危ない国」なんて教えたくはありません。

経済とかエネルギーとか問題は山積。でも政治は迷走中?日本という国の底力を信じたい。
[PR]

by penguinophile | 2012-03-14 07:32 | 徒然 | Trackback | Comments(4)

親馬鹿日誌:初ひらがな

c0076387_1955941.jpg

長男が初めて書いたひらがなが「かあさん」。感動!
・・・と思いきや、これはHちゃんとS君のお母さんから絵本と洋服を頂いたお礼の手紙だそうで、「かあさん」とは私ではなくそのお母さんの事でした(^^;。日本人ママさん宛の手紙は日本語で書かなくてはいけない、と思ったのかも。五十音表をお手本に見ながら書いたそうですが、はじめてにしては結構まともに読める字を書くものだなぁ、と親馬鹿な感心をした私。おそらく最近のお絵描きマイブームで運筆力がついたからでしょう。ちなみに描いてあるのは、花、かたつむり、お姫様・・・に扮したS君だそうな。何かちょっと勘違いしてないか?
c0076387_19532189.jpg

ベビーサークルの使い方も何か間違っているような。猛獣が出入り自由な檻では意味がありません(--;。
[PR]

by penguinophile | 2012-03-10 19:55 | 子供 | Trackback | Comments(8)

初節句

3/3はひな祭り。娘の初節句でした。
c0076387_057524.jpg

と言っても大した事はしませんでしたが、たまたま母に一昨年もらっていた雛人形を飾り、ちらし寿司を食べました。ちなみに折り紙で作った三方の中に入っているのは、近所のスーパーで買った御煎餅で、オランダ製ですが普通に食べられます(←注:褒め言葉)。↓
c0076387_0581051.jpg

男の子二人と赤ん坊を連れている母親に赤ん坊の性別を尋ね、女の子だとわかると「良かったわね~」という反応になるのは、洋の東西を問いません(笑)。時々「男女差は感じる?」とも尋ねられますが、今のところよくわかりません。もちろん上の子供達と違うところはありますが、まだまだ性差というよりはむしろ個人差のような気がします。長男は一歳代の頃から、ぬいぐるみが100体くらいあっても見向きもせず、一つだけ紛れ込んでいた車の玩具で遊んでいた、筋金入りの男子。でも次男は、ぬいぐるみを可愛がるし、毛布をかぶって「Ich bin eine Prinzessin.」とお姫様ごっこもします。
c0076387_0575520.jpg

名前と洋服の可愛さでは絶対に女の子に軍配が上がりますね。週末に行った子供用品バザーで、結構可愛いワンピースでも3ユーロくらいだったりして、ついつい手が伸びてしまいました。ピンクのフリルやキティーちゃんなんか趣味ではなかったハズなのに、男子2名の後だと反動でつい(^^;。呆れ顔の夫に「そーよ、アタシは女の子が産まれて嬉しいわよ、それがナニ!?」と開き直る妻。
c0076387_05808.jpg

娘は現在満10ヶ月。私はこの一年間で、五年分くらい一気に老け込んだような気がします。赤ちゃんを産み育てるだけでもかなりの重労働なのに、更にターボエンジン搭載型巨大アライグマみたいなのが二匹も暴走している日常では、高齢出産アラフォー女が目を回すのも無理からぬ話。それでもやっぱり赤ちゃんは可愛い。特に笑顔と寝顔は格別で、目に入れたらさすがに痛いと思いますが、食べちゃいたいくらい可愛くて、それだけで三杯飯行けそう♡(←意味不明)

ついでに二年前に日本で見た雛人形の写真を載せておきます。来年はまた立派なお雛様が見られるといいな。
c0076387_058980.jpg

c0076387_05801.jpg

c0076387_05812.jpg

c0076387_058021.jpg

[PR]

by penguinophile | 2012-03-06 01:01 | 子供 | Trackback | Comments(8)

親馬鹿日誌:長男4歳8ヶ月のお絵描き

半年ほど前から意味のわかる絵(過去記事参照)を書き始めた長男、最近は画伯気取りで(?)日々量産中。筆圧が高いので、色鉛筆を削っても削っても追いつきません。モチーフは自分の家、家族、城、動物、虹、空、太陽、海・・・
c0076387_192505.jpg

c0076387_1925272.jpg

小さなバイキングビッケ」とそのお父さん、船、海、雨、空↓
c0076387_192534.jpg

数字も書きます。↓
c0076387_1925426.jpg

そしてこれが昨日のケッサク「コンピュータ」↓
c0076387_1925375.jpg

自作「コンピュータ」を叩きながら弟に向かってドイツ語で曰く、「ボクはパパ、お前がママ。ボクは仕事するからお前はご飯作って。」・・・うう~む、確かにワタシはプー太郎シュフですが(「専業主婦」と胸を張って言えるほど真面目に家事をしていない^^;)、四歳児の口からこんなに古臭い性別役割分担を聞かされるのはなんだかイヤだな。
ちなみに長男は今のところ、文字は書くのはアルファベットばかりですが、読むのはひらがなの方が得意。ひらがなは文字と音節がほぼ一対一対応なので、アルファベットより読みやすいのかもしれません。ひらがなはベネッセ通信教育の4月号教材が届いたら書き始めるのだそうな。
[PR]

by penguinophile | 2012-03-02 19:07 | 子供 | Trackback | Comments(0)

2012年2月のP

先月出会ったぺもののご紹介です。
まずは古代ペンギンの姿が明らかになった、という学術的発見のご紹介。こちらの論文著者ブログには、論文PDFファイルへのリンクも貼ってありますが、英語論文30ページを読む気力のない方は、こちらのナショナルジオグラフィック日本版記事をどうぞ。大きくてすらりとした美形?の古代ペンギンの復元画像もありますよ。

ドラッグストアROSSMANのベビー情報冊子から。常夜灯↓
c0076387_1895181.jpg

息子達が幼稚園で借りてきてくれた絵本↓
c0076387_18952100.jpg

毎年記事にしそびれるカーニバルですが、いちおう幼稚園のカーニバルは参加して町のパレードは見物しました。パレードで近くに立っていた人がお菓子を入れるのに使っていた袋にP。↓
c0076387_1895287.jpg

そしてパレードでP発見!「ちょっとその着ぐるみ、アタシも欲しいんですけど、どこで買いましたかっ!?」・・・と問いただす勇気はなかったので、写真だけ撮ってみました。↓
c0076387_1895377.jpg

以上
[PR]

by penguinophile | 2012-03-01 18:12 | ペンギン | Trackback | Comments(0)
line

ドイツ田舎町での地味暮らしを徒然なるままに。


by penguinophile
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31