<   2012年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧


SOKEROIMATON PUOLUKKASURVOS

c0076387_17502994.jpg

舌を噛みそうなタイトルですが、夫のヘルシンキ出張土産(写真左)です。原材料のPuolukkaはコケモモ(英Cowberry/Lingonberry、独Preiselbeere)を指すらしい。「Sockerfri Lingonmos」とあるので「砂糖不使用コケモモソース」なんでしょう・・・たぶん。コケモモっていかにも北欧のイメージ。まだ開けていないので味はわかりませんが、ジビエと合いそうなので、冷凍の鹿肉を買ってみました。

そしてフィンランドといえばやっぱり(?)ムーミン♪長男のマグカップが壊れていたから、と買ってきてくれました(写真右)。ついでに下の二人にもお揃いで買おう、という発想にならないあたりが、夫と私の違いかも。夫と私は普段、以前に私が日本でクレジットカードのポイントでゲットした山加商店のムーミンマグカップを使っています。フィンランドのムーミンマグカップと言えば、近所に以前あった北欧ショップでARABIAの商品を見かけて気になっていたのですが、プラスチックのカップでも壊してしまう家庭で子供用に使うには高価に思えて、結局購入に至らず。今回夫が買ってきたのは、muurlaというメーカーの商品で、ほうろうびきなのでかなり丈夫そうです。

ついでに本場のムーミン&ムーミン谷の写真を載せておきます(NAANTALIにて2005年正月に撮影)。↓
c0076387_1750128.jpg

c0076387_17501170.jpg

[PR]

by penguinophile | 2012-04-18 17:53 | 徒然 | Trackback | Comments(0)

復活祭2012

しばらく更新していませんでしたが、2時間おきの下痢Pで真っ赤になった零歳児のラブリーなお尻を洗ったり、朝5時にいきなり四歳児の胃から逆流した吐瀉物を枕と壁と床から除去したり、義両親宅にて上げ膳据え膳精神修行に挑んだりしておりました。義両親は孫達と会えて嬉しそうでしたが、復活祭四連休びっしり息子一家への奉仕に明け暮れて、心身共に疲弊した事でしょう。
c0076387_17484790.jpg

c0076387_17484789.jpg

復活祭の日曜日、義両親宅の広い庭で卵探しをしたら、なぜあの卵があんなにカラフルなのかよくわかりました。茶色い卵だったら保護色になっちゃって見つけられませんよ。卵を隠した夫、じゃなかったウサギ、も場所を忘れちゃってるし、最後はかなり本気の探し物でしたよ。ウサギさんが持ってきたはずなのに選挙キャンペーンで配っていた政党名入りの卵も混じっています(笑)。
c0076387_17484690.jpg

一週間のお休みの後、今週からまた幼稚園が再開。「飛び出すウサギ」をもらいましたよ♪↓
c0076387_17483186.jpg

ウサギさんからのプレゼントだそうですが、子供100人分の玩具を作るのはウサギさんだけでは大変なので、私も夜の幼稚園でお手伝いをしてきました。留守番をしていた夫に「楽しかった?」と聞かれましたが、先生2人と親10人ほどで黙々と作業したので、むしろ「内職に励んだ」という感じでしたね。100個完成した時には、ちょっとした達成感が得られましたよ。
c0076387_17583499.jpg

ドイツも桜の季節を迎えました・・・なんて思っているのは日本人の私だけかも(^^;。レジャーシートの上でお弁当広げてお花見したいよぅ~。
[PR]

by penguinophile | 2012-04-18 17:49 | 徒然 | Trackback | Comments(4)
line

ドイツ田舎町での地味暮らしを徒然なるままに。


by penguinophile
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30