<   2013年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧
自動車学校/die Fahrschule
自慢にも何もなりませんが、私は運転が苦手です。18歳の頃に合宿で免許を取って以来、十年以上も運転せず、三十台で転勤を機に一念発起し、ペーパードライバー講習を受けて車を購入。しかし寮と職場の間の一本道を往復し途中のスーパーに寄るだけで、苦手意識を拭えないまま2年が過ぎて退職。ドイツに来て免許は書き換えたものの(過去記事参照)、全く運転していません。しかし幼児三人を抱えて田舎町で生活するには、運転ができないとやはり不便。それでも全員元気でお天気が良ければまぁ何とかなるのですが、残念ながらいつもそうとは限りません。急な怪我や病気の際、これまでは近所の人のお世話になって何とか乗り切ってきましたが、いつもそれでは情けない。更にこの秋から息子達は今までより遠い幼稚園と小学校に通う事になっており、運転ができないと困る状況が増えるのは確実。そんな訳で重過ぎる腰をやっとこ上げて、自動車学校の門を叩きました。

日本の教習所は所内に練習場がありますが、私が住んでいるドイツの田舎町で見かける教習所のほとんどは貸し店舗の一室にある教室のみ。しかも受付と学科講習は主に夕方から行われらしく、実際に人がいるのを見た事すらほとんどありません。そして実技講習は最初からいきなり路上を走るらしい!「仮免許運転中」のプレートはありませんが、自動車学校の名前が書いてある明らかに下手な運転の車はよく見ます。私が行った近所の教習所は、終日開いており、貸し店舗の一室ではなく「家」だったので、比較的大きな所かもしれません。12時前に覗きに行ったら、その「家」の「台所」でおじさん達がフライパンを振り回してジャガイモを焼き「いただきます」の真っ最中・・・このあたりで既にワタシの記憶にある「教習所」とのギャップに目が点(^^;;;。それでも女性職員が私の話を聞いてくれ、「ドイツの免許を持っているなら申し込みは必要ありません。教習は45分で35.50ユーロ、60分で47.33ユーロ。この携帯電話番号で予約を入れて下さい。」と教官の名刺をくれました。教習所の事務所で教習の予約が取れないのもスゴイよなぁと思いつつ、顔も知らない教官の携帯電話の留守電を聞くこと数回。やっと電話が通じ、今日が初の教習日でした。

前夜に関連用語を夫から聞きだして覚え、緊張の余り路上教習の夢まで見て迎えた当日。教習車で自宅まで迎えに来たのは、教官だけではなくもう一人。いったい誰かと思ったら、なんと今まで路上講習を受けていた教習生でした。乗車して「ハンドルを握るのは7年ぶり、マニュアル車の操作はほぼ四半世紀ぶり、しかも日本は左側通行でレバー類も全て左右逆」というワタクシの華麗なる運転歴を披露した後、先生曰く「じゃあ最初は私がペダルとギアを操作するから、あなたはハンドルとウィンカーだけ操作して」。ふと見れば、教官席には日本のような補助ブレーキだけではなく、アクセルとクラッチも装備されています。あれよあれよという間に発車、車体感覚皆無のまま町の中心部の駐車場まで行き、前の教習生を下ろしました。それから少し広めの駐車場まで移動し、ぐるぐる回ってクラッチとギアの操作を練習、そして次の教習生を迎えに再び路上へ。今度はペダルも全て私が操作して、一気に時速70kmまで体験。次の教習生の自宅前で交代し、その人の運転で私の自宅まで送ってもらいました。

今日の路上教習、全体的には恐れていたより楽しめたのでホッとしましたが、正直かなり無謀感あふれる一時間でした。そもそも7年ぶりにハンドルを握る人間に、いきなり赤の他人を送迎させるシステムっていったい・・・まぁその合理性がドイツ的ではあるかも。そして私が一人前に運転をこなせる日は来るのでしょうか。せめて学校とスーパーと医者くらいは気軽に行けるようにならねば!と、ここに書いて自分にプレッシャーをかけてみるのでした。あぁでもやっぱり気が重いよぅ。

<関連用語メモ>
アクセル Gaspedal (Gas geben)
ブレーキ Bremse
クラッチ Kupplung (treten)
ギア Schultung
ニュートラル、1速、2速、、、 Leerlauf, 1. Gang, 2. Gang,...
ハンドル Lenkrad
ウィンカー Blinker
ワイバー Scheibenwischer
速度 Geschwindigkeit
右側優先 rechts vor links
[PR]
by penguinophile | 2013-07-16 08:16 | 徒然 | Trackback | Comments(8)
苺狩りなど。
日本から戻って三ヶ月余、相変わらず地味に暮らしておりますが、地元限定のお出かけはちょこちょこしています。
町の真ん中で屋外ブランチをしようというイベントを冷やかしたり、↓
c0076387_8534283.jpg

c0076387_8541940.jpg

c0076387_855069.jpg

タイの象祭りを覗いたり(長男が後日この踊りを真似たのが笑えた)、↓
c0076387_855259.jpg

教会のお祭りでバグパイプの演奏を聴いたり(あの切ない音色が好きなんです。)、↓
c0076387_8561765.jpg

雛鳥を愛でたり、↓
c0076387_8582971.jpg

c0076387_8584764.jpg

c0076387_8591423.jpg

c0076387_8594224.jpg

c0076387_90390.jpg

隣町に消防祭を覗きに行ったり、↓
c0076387_905326.jpg

c0076387_911696.jpg

c0076387_914326.jpg

グルメ祭でうっかりザリガニ?を食べてしまったり。↓
c0076387_92843.jpg

c0076387_922480.jpg

c0076387_92448.jpg

そして今週は苺狩りに行きました。私達は自転車を30分以上こいでいきましたが、常識人は車で行く場所ですね(笑)。
c0076387_934570.jpg

毎日7時から19時まで。入場無料、収穫中に腹に納まる苺も無料、自分で摘んで持ち帰る苺は500gあたり85セント(約110円)。日本の1パック約300gに換算するとたったの66円。甘くて美味しい~♪
c0076387_941215.jpg

娘は短い脚で当たり構わずのしのし歩き回るので、ゴジラ状態(^^;。苺を踏んじゃダメだよ、ジャーンプ!
c0076387_94318.jpg

持参した容器の重さを最初に測ってもらって重量を書いたメモをもらい、最後にそのメモと苺入り容器を渡して、代金を払います。容器はバケツにたくさん入れると下の苺がつぶれてしまうので、浅いタッパーなどがお勧め。
c0076387_944571.jpg

2kgほど収穫して帰りましたが、ジャムを作ったらほとんどなくなってしまったので、二日後にまた獲りに行き、今度はババロアを作ってみました。ちなみに「ババロア」の語源がドイツの「バイエルン」地方だとか(Wikipediaのページはこちら)。ババロアと言えばおしゃれなお菓子のイメージだったのに、バイエルンと言えばオクトーバーフェストと革ズボンのイメージ(すみません)。いまいち一致せずにアレ?みたいな驚きでした。残った苺はつぶしてチーズケーキにかけるソースにします。親子で楽しめて安くて美味しいと三拍子揃ったいい事ずくめ。シーズン中にまた行ってしまいそう!?
c0076387_95957.jpg

053.gif053.gif053.gif
[PR]
by penguinophile | 2013-07-04 09:06 | お出かけ | Trackback | Comments(0)
2013年6月のP
先月出会ったぺもののご紹介です。
お友達が持っていたぬいぐるみ。↓
c0076387_8197100.jpg

隣町で見かけたスツール(残念ながら日曜日で休業中)。↓
c0076387_819697.jpg

幼稚園の棚で見かけた毛布。↓
c0076387_8215660.jpg

・・・えーっと、これだけ?かな?なんか忘れてる?夏はシーズンのハズなのになんだかちょっと寂しい月でした・・・。
[PR]
by penguinophile | 2013-07-04 08:23 | ペンギン | Trackback | Comments(0)
  

ドイツ田舎町での地味暮らしを徒然なるままに。
by penguinophile
プロフィールを見る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新のコメント
ちえさま: えらい長々..
by penguinophile at 05:30
5歳児でかした!美大出の..
by ちえ at 22:33
Mさま: 返信が遅くな..
by penguinophile at 05:03
安いですねえ。こちらの感..
by M at 23:38
Mさま タブレットで書..
by penguinophile at 20:40
これはPCで書いてるんで..
by M at 09:22
鍵コメさま: そう、1..
by penguinophile at 07:42
ちえさま 出来合いの黒..
by penguinophile at 07:21
おせち、すご〜い!私がア..
by ちえ at 14:07
はなはなマロンさま: ..
by penguinophile at 08:29
検索
ブログジャンル
海外生活
子育て