<   2013年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧


アイリッシュダンス

息子達が午後まで学校や幼稚園にいるようになって1ヵ月あまり、娘と二人でひまじん~になるかと思いきや、ほぼ毎日予定が入っています。と言ってもたかが1~2時間の用事なのですが、定期的な予定は、
・月(夕方) 日本語プレイグループ
・火(朝)  ドイツ語教室
・水(午前中)音楽学校の親子教室
  (夜)  アイリッシュダンス教室
・木(朝)  ドイツ語教室
といった調子。

そうなると単発の予定が金曜日に入りがちで、今週は次男の健診のため保健所に行ってきました(長男の時の記事はこちら)。内容は身長、体重、聴力、視力、発音、語彙、反対語、単数複数、色の名前、合成語や数字の羅列の復唱、数字、爪先歩き、後ろ歩き、片脚ケンケン、キャッチボールなど。DELFIN4追試(過去記事参照)で苦戦していた複数形も今回はなぜかちゃんと出来ていました。親はあらかじめ配られる問診票への記入の他、親の学歴と職業と出身地、家庭での語学環境などを聞かれました。検査結果は「順調に発育中」とのお墨付きを頂きました。

火木のドイツ語教室は、小学校で外国人保護者向けに開かれており、受講料無料でベビーシッター付きという素晴らしさ。参加者のレベルがまちまちな上、雑談だけで90分授業が終わってしまう事もあるゆるい教室なので、ドイツ語力の劇的な向上は望めません。それでも忘れてしまった文法の復習になったり、普段の会話で文法を気にするきっかけになったりという、意識面での効果はあるようです。まぁやらないよりはマシだろうし、何よりも上の子供達を学校と幼稚園に送りがてら、末っ子を連れて気軽に参加できるのが、今の私にはポイント高し。それにしてもこういう教室が無償で提供されている事自体、ドイツの移民の多さを物語っていますよね。長男が通う小学校はドイツ語ができない子供向けのインターナショナルクラスが設けられているので、余計に外国人が集まりやすいのかもしれませんが、長男のクラスでは外国人の親を持つ子供が1/3以上を占めています。

水曜日には娘と一緒に市立音楽学校の親子教室に通っています。一般のプレイグループは90分間程度で、最初に少し歌や手遊びをやった後は、のんびりと工作をしたり持ち込んだ軽食を食べたり子供を自由に遊ばせたりする事が多いようです。それに対してこの音楽学校では、45分間みっちり歌ったり体を動かしたり打楽器を使ったりして遊びます。月謝20ユーロ。

そして水曜日の晩は、なんとVHS(Volkshochschule市民大学。自治体主催のカルチャーセンター的な学校)の初心者向けアイリッシュダンスコースへ単独外出。以前に通っていた成人初心者向けバレエコースが時間の関係で参加できなくなり、残念に思っていた時に見つけたコースです。もともとアイルランドは一度旅行で行った事があり、音楽も好きで、ダンスも「リバーダンス」の舞台を東京で観て憧れました。が、VHSのコースは「リバーダンス」のようなタップダンスではなく、4組8人で踊るフォークダンスのようなセットダンスだとか。大昔に小学校で体育の時間にやらされたフォークダンスにあまりいい印象がない私は、正直それに気付いた時点でテンションが下がりました・・・。でも食わず嫌いかもしれないし、独逸田舎町で贅沢を言っても始まらないので、とりあえず参加してみたら、これがかなり楽しい。アイルランドの音楽と踊りに魅せられたドイツ人の初老夫婦が先生で、奥様が主にダンスを教え、旦那様の方がボタンアコーディオンを弾いてくれます。これまでの二回でCastle SetのFigur1,2をやりました~。初心者ばかりなので間違いも多々ありますが、笑い飛ばして次へGO!というノリ。何とか最後まで通して出来た時はみんなで「やったぁ!」とヨロコブ(^^)/。開催場所は昼間なら自転車で行くような距離ですが、「運転を避けていたらいつまでもペーパードライバーを脱却できない!」と自分を奮い立たせて車で行っています。慣れの問題だと言われるけれど、まだまだ全然慣れません。

もうすぐ未就園児向けプレイグループや育児セミナーにも参加する予定になっており、基本暇だけどプチ忙しい生活がしばらくは続きそうです。
[PR]

by penguinophile | 2013-10-19 20:07 | 徒然 | Trackback | Comments(4)

2013年7~9月のP

月例ではなく四半期報告になってしまっていますが、ぺ物との出会いが少ないんです(涙)。
友達が日本から持参してくれたお土産にP発見。↓
c0076387_1825143.jpg

あとは旅行中に見かけたP。Oberurselからの帰路に立ち寄ったMarburgのショーウィンドウにて。↓
c0076387_1824498.jpg

c0076387_183661.jpg

c0076387_1825947.jpg

以下ブレーメンにて。ショーウィンドウ↓
c0076387_1824072.jpg

グリーティングカード↓
c0076387_1822266.jpg

ペーパークラフト↓
c0076387_1823062.jpg

c0076387_183078.jpg

木製の置物。↓
c0076387_1825197.jpg

↑は1~2羽連れて帰りたかったけれど、どれも可愛い過ぎて選べなかったのと既に音楽隊グッズでプチ散財していたので気が引けてゲットしそびれ・・・でもやっぱり可愛いなぁ(今更後悔しても遅いって)。
[PR]

by penguinophile | 2013-10-08 18:07 | ペンギン | Trackback | Comments(2)
line

ドイツ田舎町での地味暮らしを徒然なるままに。


by penguinophile
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31