<   2014年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧


親馬鹿日誌・長女3歳

娘が三歳になりました。
c0076387_281378.jpg


長男の「魔の二歳児」時代には親子喧嘩が日課だったのに比べると、次男と娘の二歳児時代は穏やかなものだった。うちの末っ子一人娘は甘やかされつつすくすく成長中。残念ながらまだまだ余裕でオムツマン。三人目にして初の日本語先行型だが、最近はドイツ語のおしゃべりも多い。会話が成り立つようになるのは三人の中で一番早かった(ちなみにベビーサインを覚えて使ったのも娘だけ、ただし満二歳を迎えた時点での単語習得数は長男が一番)。兄が二人いるだけあって電車も車もボール遊びも大好きだが、ピンクの可愛い物も大好き。お店でバッグを見かけたら持ってみないと気が済まない。キティーグッズを見かけると自分の物だと言い張る。何でも「一人じゃ出来ない」と甘えてはみるが、見守ってあげれば自分でちゃんとやる事も多い。でんぐり返しを披露して拍手を要求。昼寝は一人でもできるのに、夜は添い寝が必要で、夜中に起きてママが隣にいないとアパート内を徘徊。食わず嫌いの偏食女王のくせに丈夫。通りすがりの人にも愛想良く「ハロー」と声をかけて手を振る(のはいいが、赤の他人に投げキスはちょっとやり過ぎ)。「こんにちは」でお辞儀。家族におやすみのキスをして回る姿が超可愛い(はい、親馬鹿ですが、それが何か?)。

三年前の今日は、朝一番で分娩室に呼び出され、分娩誘発のため薬を飲み、モニターをつけて「これが終わったらゆっくり朝ごはんを食べに行こう。今日は英国ロイヤルウェディングがゆっくり観られそうだな。うちにはテレビがないから病院で観られてラッキー。」とか呑気な事を考えているうちに胎児の心音が下がってしまい、それでも妊婦の私は何も感じないのが妙に恐ろしく、私が深呼吸をしたくらいでは心音は回復せず、いくら経産婦でも陣痛も来ないうちから子宮口は開いておらず、そうこうするうちにスタッフ大集合状態になっており、父親がつかまらないのは上の子の幼稚園送迎中だからだろうと言ったらその呑気ぶりを全員に笑われ(夫よ、妻の出産当日くらいはケータイの電源入れて持ち歩け!)、「あと一分待って心音が回復しなかったら帝王切開だから」と言われ、一分待っても回復しなかったのでベッドのまま手術室に送られ、手術室では医師達が準備中だったので驚き、この期に及んで「トイレに行ってもいいですか?」などと間抜けな事をほざいて「駄目ダメ!カテーテル入れてあげるから!」と一蹴され、冷たい手術台に上がりながらお腹の赤ちゃんに日本語で「お願い、頑張って。後で会おうね!」と話しかけて助産婦さんに不審がられ、あまりにも急な展開に頭では理解できても気持ちがついて行かないのか現実感を喪失しつつ、自分の手が震えているのを見て「あぁ私こわいんだ」とか思い、「部分麻酔だと数分かかるから全身麻酔にするから」と言われて事の緊急性を改めて認識し(そりゃトイレなんか行ってる場合じゃないわな)、麻酔医に食事についてテキパキ尋ねられたので「昨夜9時にバナナ、以降は水のみ」とテキパキ答え、麻酔のマスクを当てられ「あぁもう怖いから眠ってしまえー!」と思い・・・・・・目を覚ましてすぐ、横にいた助産婦さんに「赤ちゃんは?」と尋ね、無事を知って涙を流し、あまりにも型通りに「お母さん」な行動をしている自分にちょっと感心してしまった(笑)。今更ながら、無事に生まれてくれて良かったわ、ホント。

三人目の子供を欲しがったのはむしろ夫の方で、私は体力的に自信がなかった。でも長男と次男が「一緒に育っている」姿があまりにも微笑ましくて「もう一人いたらもっと楽しいかな」なんて思っちゃったし、長男も「赤ちゃんが欲しい」と言うので、「授かったら産んであげるよ」とか無責任に思っていたら速攻で授かった。授かってみたら女の子だったので私も嬉しかったし、一般的には女子の方が母親への体力的な負担は少ないだろうから「ヤレヤレ助かった」とも思った。チビ三匹いると既に小さな社会というか、人間関係がぐっと複雑になる感じが見ていて面白い。三歳近くなるともうかなりいろいろ理解して行動に移せるので、兄弟間でも「愛玩対象」から「遊び相手」に昇格したらしい。最近では三人一緒なら公園で放し飼いが出来るようになり、私は見守るだけのラクチンな時間もある(ただしブランコがあると延々と押し続けさせられる)。私はもともと自分が二人姉妹だったから、何となく子供は二人をイメージしていたのだが、今となっては娘がいない状態の方が想像しづらいのだから妙な話。家族がみんな元気でいられるのが一番大事、あとは全部些細な事。
c0076387_282223.jpg


More......愚痴モードの長文をあえて読む?
[PR]

by penguinophile | 2014-04-29 21:06 | 子供 | Trackback | Comments(9)

復活祭2014

先週末は復活祭の連休で義両親宅に行ってきました。嫁らしい働きはほとんどせず、家事から解放され上げ膳据え膳の極楽生活・・・のハズなのですが、なにせ嫁姑の仲が円満とは言い難いもので、地雷原を進むがごとき緊張感が伴います(^^;;。

土曜日に娘が居間の床の上に落とした「みつばちマーヤ」(←原作はドイツ)のシールを、翌朝見つけた息子達は「Osterhase(復活祭のウサギ)が来た!」と大騒ぎ(笑)。でもウサギさんはその後、息子達の監視の隙をぬって庭を訪れ、ちゃんと卵などを隠してくれました。
c0076387_16391066.jpg

こちらは復活祭とは関係ないのですが、義両親が知人から譲り受けたテント。
c0076387_1639122.jpg

風が強くてテントとしてはほとんど遊べなかったのですが、トンネルの中に入って転がる遊びを考案し、大はしゃぎで何度も繰り返していました。三人ともまだまだ無邪気なお年頃ですなぁ。
c0076387_16384966.jpg

自宅に帰った翌日、今度は隣のお宅の裏庭で卵捜し。
c0076387_16384952.jpg

卵のみならず、長男はスケートボード、次男は缶倒しゲーム、娘は猫のぬいぐるみまで発見。あまりにも気前が良過ぎる上にお礼は一切受け取ってくれないウサギさんに、親の私はいつも心苦しい思いをしているのですが、「本当は自分の孫にやってあげたい事を、うちの子供達相手にやって願望を満たしているのだろうなぁ」と思うとむげに断れず・・・。
c0076387_16385959.jpg

でもチョコレートは明らかに供給過剰。上の写真はほんの一部で、実物はキロ単位。こんなにたくさんいったい誰が食べるんだ?そもそも実はまだクリスマスのチョコもカーニバルのお菓子も残っているんですが(--;。ドイツのクリスマスと復活祭のチョコレート消費量はバレンタインデーの比ではないと思われます。サンタやウサギや卵といった季節モチーフのチョコは、おもたせに流用できる期限もごく限られてしまうし。子供達に好きなだけ食べさせれば全部消費できるのでしょうが、さすがにそれはやりたくない。あぁもったいない~~。
[PR]

by penguinophile | 2014-04-23 16:41 | 子供 | Trackback | Comments(2)

Externsteine

夫の友人一家が遊びに来たので、一緒にバスでお出かけしてきました。行き先はExternsteineという、浸食を受けた砂岩が露出している場所。小奇麗なビジターセンターを訪れ、広いレストランで腹ごしらえを済ませてから到着しました。
c0076387_752362.jpg

大人3ユーロ、小人1ユーロの入場料を払い、登ってみました。
c0076387_7515569.jpg

上の展望台には、水晶?を置き楽器を手に怪しげな歌を歌う集団が・・・。
c0076387_751545.jpg

キリスト教信仰の地として使われた時代や、ナチスのプロパガンダに利用された時代もあったようです。
c0076387_7515799.jpg

階段や柵が整備されているので、展望台の上に登るのは大人が同伴すれば幼児でも大丈夫(むしろ下で勝手にちょろちょろ岩によじ登って遊び出す方が危なっかしかった)。
c0076387_7515818.jpg

横の池は後から人工的に作られた物。
c0076387_752084.jpg

c0076387_7515319.jpg

c0076387_751463.jpg

なかなか興味深い近場のミニ観光地でした。
[PR]

by penguinophile | 2014-04-14 07:58 | 徒然 | Trackback | Comments(2)
line

ドイツ田舎町での地味暮らしを徒然なるままに。


by penguinophile
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30