<   2014年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧
2014年5,6月のP
この二ヶ月間に出会ったぺもののご紹介です。
Mさまよりご提供いただきました。池袋で発見されたSuicaのペンギン。やっぱり可愛い♪・・・けど、どうやら購入者にとっては可愛い以外の取り得はあまり見受けられない残念な商品だった模様。
c0076387_85832100.jpg

c0076387_858459.jpg

長男が通う小学校のコーラス発表会で女子TシャツにP発見!
c0076387_8591671.jpg

ショーウィンドウでP発見。あたためグッズはちょっと気になるな。
c0076387_8591845.jpg

c0076387_8583414.jpg

玩具屋でペンギンのゲームを発見。左下のゲームは結構有名らしく、幼稚園にも置いてありました。ずっと気になりつつ購入には至っておりませんが、子供の年齢を考えると・・・買うなら今しかないぞ!いいのか、自分!?
c0076387_8583267.jpg

c0076387_8582668.jpg

駐車車両のステッカーにP発見!どうやらプロアイスホッケーのチームらしい。ホームページはこちら。アイスホッケー観戦の趣味はないが、グッズだけ気になるぞ(笑)。
c0076387_8584297.jpg

以上。
ご協力頂いた方、どうもありがとうございました。
[PR]
by penguinophile | 2014-06-29 09:01 | ペンギン | Trackback | Comments(2)
ピエロ
隣町で電車に乗っていたら、途中駅のホームに三人のピエロを発見!?
c0076387_8365035.jpg

不動パフォーマンスの意図は不明。
[PR]
by penguinophile | 2014-06-29 08:37 | 徒然 | Trackback | Comments(0)
レゴ vs プレイモービル
息子達がお誕生日に頂いたプレゼントは、本、ゲーム、食虫花栽培セット(!)、そして玩具はやっぱりこの二種類が多かったです。
LEGO
c0076387_8341664.jpg

playmobil
c0076387_8333510.jpg

プレイモービルはドイツの会社で、日本ではレゴほど知名度が高くないかもしれませんが、本国ドイツでは人気があります。でも元リケジョ母目線で見ると、知育玩具としてはレゴブロックの方が数段上。たとえば5歳以上向けのレゴの車を説明書通りに組み立てるだけでも、かなり高度なパターン認識能力、三次元空間認識能力、手指の巧緻性などが必要とされますし、もちろん自分の想像力を羽ばたかせて自由な形を作る事もできます。それに対してプレイモービルは、ごっこ遊びをするには良いけれども、あまり応用がきかないという印象。個人的には「うまく出来てるなぁ!」と感心させられるのはレゴの方です。ただしフィギュアの顔はプレイモービルの方がずっと可愛い(笑)。

うちの子供達は3,5,7歳になりました。三人揃うと常に一人が叫んで一人が泣いて一人が怒っているてんやわんやのサファリパーク状態で難聴になりそうですが、それでも以前に比べればずいぶんラクになりました。三年前には三人同時にギャン泣きされて途方に暮れつつ「この騒ぎは永遠には続かない」と自らに言い聞かせる事もしばしば、夜中に零歳児を授乳していると二歳児がべそをかきつつ母を求めてアパート内を徘徊する有様で、オムツ交換も三人分となるといったい誰のオムツをいつ換えたのやら訳わからず。ちなみに末っ子のオムツは、昼間はほぼ完全にはずれた!・・・と一度は思ったのに、ここ3日ほど大小共に失敗続き。ヤレヤレと思いながら汚れたパンツを洗っている隙に、これまた「大」を済ませた長男が、お尻も拭かずに素っ裸のままベッドでトランポリン遊びに興じていました。長男は小学生になってずいぶんしっかりしてきたのですが、「男子ってやっぱりバカ」と断言したくなる事もままあります。そんなうちのバカバカブラザーズの将来の夢は、長男が「工事現場のおじさん」「パイロット」を経て今は「体育教師」、次男が「パイロット」だそうな(姫にも聞いてみたけど明確な答えは返ってこず)。かーちゃんは応援してるから、大いに頑張ってくれたまえ!
[PR]
by penguinophile | 2014-06-29 08:35 | 子供 | Trackback | Comments(0)
親馬鹿日誌:メロン電車
次男5歳0ヶ月。
「ママ、日本にはメロン電車が走っているんだよ!」
「え、そうなの?どんな電車?メロンの絵が描いてあるの?」
「あのね、Strasseをfahrenする電車なの。」
普段の私ならここで日独ちゃんぽん語を直すべく努力するのですが、この時は思わず、
「いやいや、それを言うなら路面電車でしょ。」
と速攻で突っ込んでしまいました・・・。

相変わらずマイペース癒し系で、幼稚園で仲良しのお友達はほとんどが女子という次男ですが、幼児体型から少年体型に成長しつつあります。以前は手触りもぷくぷくのふかふかで、抱き合って一緒に寝ると文字通り「大福」と添い寝してるようで、すごぉ~く心地良かったのですが、最近はだいぶ骨ばってきたようで、ちょっと残念(>_<)。顔は相変わらず丸いものの、以前より少し引き締まってきたら、なんだか前より長男と似てきたような気が。そうか、君のアンパンマンほっぺの中身はお兄ちゃんと同じ顔だったのか!みたいな(笑)。
[PR]
by penguinophile | 2014-06-29 08:29 | 子供 | Trackback | Comments(6)
Fronleichnam
表題は10日ほど前の祝日の名前。キリスト教の祝日だとはわかっていたけれど、そういえばイエス様が昇天した日はもう過ぎたはずなのに、いったい何の祝日だっけ?と思って夫に聞いたら「イエス様を思う日」。そ、そうですか、それで?みたいな。ちなみに日本語では「聖体の祝日」と呼ぶらしいです。聖体をあがめる祝日と説明されてもやっぱりイマイチよくわからんのですが。

今年はうちの前の通りにも祭壇が設けられ行列が通りました(順路は毎年変わるらしい)。
c0076387_8182384.jpg

c0076387_8172244.jpg

c0076387_817225.jpg

c0076387_817378.jpg

ドイツの祝日は全国一律ではなく地域によって異なるのですが、私の住んでいる州ではキリスト教関連の祝日が多く、やっぱりここはキリスト教国だなぁ、と思わされます。「仏舎利をあがめる祝日」が日本にあったら・・・と想像するだにすごい違和感。ちなみに日本で「山の日」が制定されたというニュースは、ドイツでも報道されたらしく、私はドイツ人から聞きました。ドイツ人にしてみれば、海やら山やらが祝日になる方が不思議なのかも。いいんだよ、八百万の神なんだから!?
[PR]
by penguinophile | 2014-06-29 08:18 | 徒然 | Trackback | Comments(0)
Dr.Oetker
先週は長男、今週は次男が、誕生日を迎えます。去年は二人とも同じ幼稚園に通っており共通の友達が多かったので、誕生会も合同でやりましたが、今年は長男が入学し次男が転園したので、誕生会も別々に開かねばなりません。幼稚園や学校や日本語プレイグループでも祝ってもらうため、この5日間でマッフィン24個とケーキ2台を焼きましたが、これでもまだまだやっと折り返し地点。お客様が来るから掃除をして(←これがいちばん大変!)、ガーランドや風船で飾りつけて、宝捜しゲームの準備もあるし、雨だったら何をしたらいいんだろう、雨が降り出す前に買い物を済ませて、あぁ洗濯物もたまっていた、パンツマン修行を手伝って国語算数ワークに花丸をつけて音読の宿題に耳を傾けて絵本を読んでシールブックにシールを貼ってレゴの車を組み立ててスーパーでもらったサッカーW杯カードを番号順に並べてイチゴ狩りの成果でジャムを作って長男のコーラスのコンサートを聴いて隣町の日本語教室に行って農場で馬やトラクターに乗って・・・・・・

そんな時のお助けマンは、Dr.Oetkerのケーキミックス。
c0076387_1541428.jpg

使っている手抜き主婦は私以外にもたくさんいる(笑)ので、ドイツに長期滞在すれば必ずやDr.Oetkerの商品を目にしたり口にしたり機会があるでしょう。市販のケーキミックスを使うと砂糖を減らせないのが難点ですが、ドイツ人家庭の子供の舌はよくわからんし、私などが下手にゼロから作るよりケーキミックスを使った方がむしろ美味しい事も(^^;。種類はかなり豊富に揃っており、私もいくつか試しましたが、リピートしているのは写真の二種類と、Cheesecake New York Style。料理本も出版しているし、カップデザートやシリアルや冷凍ピザも出しています。
c0076387_15405118.jpg

Oetker先生の力を借りて誕生日ラッシュを乗り切ろう・・・!
[PR]
by penguinophile | 2014-06-16 15:42 | 徒然 | Trackback | Comments(2)
親馬鹿日誌:ちびペン語録「いっしょにいるから」
長女、3歳1ヶ月。

一人娘はパパに猫可愛がりされるでしょう、とよく言われるのですが、実は娘が赤ちゃんの頃、夫は「赤ん坊はママにまかせて、自分はお兄ちゃん達の担当」という認識だったようです。そして「自分の担当分野の仕事はきっちりするが、それ以外は何もしない。」という典型的ドイツ人気質が発揮されたらしく(?)、イクメンパパなのに娘はあまり眼中に入っていなかったような(笑)。まぁ赤ちゃんの頃は、性別はあまり関係ないですしね。最近になってやっと「パパと一人娘のラブラブ」感が出てきたようです。
夫「Meine Kleine」
娘「Mein Großer」
なんて言い合っていたりします。意訳すると「パパのおちびちゃん」「あたしののっぽさん」という感じかな?ちなみに二人の身長差は現在ちょうど1メートル。

発音はまだ不明瞭でKがTになるなどの癖があるため、慣れない人には理解されにくいものの、最近では妙に理にかなった分別くさい発言もするようになってきました。
外出先で私がサングラスをはずして置いていたら、
娘「ママ、どうしてメガネしないの?せっかく持ってきたのに。」
とごくフツーに言われてちょっとびっくり。
娘「昨日はパパと一緒に寝たよ。だってママはダンスに行っていたから。だけど今はママいるね。」
などと因果関係を正確に表現するのにも感心する親馬鹿な私。
時間の流れも意識し始めたようですが、「一昨日」も「昨日」も「明日」も「明後日」も全部まとめて「明日」になってしまいます。面白い事にこれはドイツ語で話す時も全く同じで、兄に「それは明日じゃなくて昨日。明日はまだ起こっていない事だから。」などとドイツ語で説明されています。

とはいえまだまだ三歳児。メルヘンな世界にも生きているらしく、
娘「今日、パンダさんの温泉に行った。鳥さんとワンワンがいたよ。ママも行きたい?でもパンダさんのおうちは楽しいよ。それでも行っていいの?」
と大真面目に聞かれたものの、正直なんかよくわかんなかったのでとりあえず、
私「とっても楽しそうだね。もちろん行っていいよ。ママも行きたいな。」
と答えておきました。ホントに行ってみたい(笑)。

娘「ママ、見て!」
私「あら、とってもきれいなピンクのお花だね。」
娘「うん、きれいだね。ママのために見つけたの。だってママが大好きだから。ちゅ(投げキス)。」
・・・こういう殺し文句をさらりと口にするのは夫の真似、ではもちろんなくて、次男の影響。

殺し文句と言えば、私が些細な事で凹んで幼児に愚痴った時(母親失格?)。
私「ママもう泣きそう~。」
娘「泣かないで。だってあたしがいっしょにいるから。」
こう言われてぎゅーっと抱きしめられたら・・・不覚にも別の意味で泣きそうになりました。まぁ冷静に考えれば、娘が泣いた時に私がかける言葉をそのまんま返されているだけなのですが。実は長男が弟妹に「はやくちゃんと片付けなさい!」とか言う時の口調が私そっくりでして(トホホ~)。返されて嬉しい言葉もちゃんと言っておいて良かった!
[PR]
by penguinophile | 2014-06-06 07:45 | 子供 | Trackback | Comments(4)
  

ドイツ田舎町での地味暮らしを徒然なるままに。
by penguinophile
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新のコメント
ちえさま: えらい長々..
by penguinophile at 05:30
5歳児でかした!美大出の..
by ちえ at 22:33
Mさま: 返信が遅くな..
by penguinophile at 05:03
安いですねえ。こちらの感..
by M at 23:38
Mさま タブレットで書..
by penguinophile at 20:40
これはPCで書いてるんで..
by M at 09:22
鍵コメさま: そう、1..
by penguinophile at 07:42
ちえさま 出来合いの黒..
by penguinophile at 07:21
おせち、すご〜い!私がア..
by ちえ at 14:07
はなはなマロンさま: ..
by penguinophile at 08:29
検索
ブログジャンル
海外生活
子育て