幼稚園と小学校の冬休みも終わり、本日より通常営業(のハズ)!という日の明け方、
次男「ママぁ~・・・なんかぎもぢわるいぃ~・・・」
私「トイレ!吐くならトイレで!!」
そして嘔吐×2回で「幼稚園もう一日お休み」コース決定。でも11時まで寝ていたら、起きた瞬間からいきなり絶好調になりました。そして「ママのためにポップコーンマシーンを作る」と宣言して作品がコレ↓。どうやら以前に一緒に作って食べたレンジでチンするポップコーンがモデルらしいのですが。
c0076387_1934585.jpg

「らぶらぶせいじん ママだいすき」
って愛の告白付きだし。

幼稚園にお迎えに行くと、「ママー!」と叫びながら全速力で走ってきて私に飛びつきます。もちろん可愛いし嬉しいし、三歳児ならまだちょろいもんですが、体重も速度も増してきた五歳児が相手だと、覚悟を決めて万全の体勢で臨まないとマジに突き飛ばされます。調子に乗ったお友達まで後追いして飛びついてぶら下がって来る事もあり、危険極まりなし。ぎっくり腰をやった後などは、
「やめて!今日は絶対だめっ!勘弁して!ママ壊れちゃうからっ!」
と本気で叫んで逃げました。幼稚園の先生は体力勝負だなぁ、と思います。

最近では次男を本名で呼んでも
「違う。ラブラブ星人」
と大真面目な顔で訂正される事があります。いやいやそんなトンチキな名前を付けた覚えはございませんわよ?
「♪らぶらぶ星人はぁ~♪ママとラブラブしたいぃ~♪ずっとしたいぃ~♪」
とか即興で歌っている事もあります。
「ラブラブ星人は、大きくなってパパになっても、ずっとママとラブラブでねんねしたい。」
いや気持ちは嬉しいけどそれはさすがにめっちゃキモチワルイからやめよう。
c0076387_1935261.jpg

上の写真はKAPLAという積み木で作った塔。翌朝までこのまま置いてありましたが、微妙に歪んでいるのでバランスが安定しておらず、近くを歩くのは緊張したー。ジェンガを思い出した。お正月の蒲鉾の板も、工作に使えるかな~と洗っておいたら、いつの間にか「大きいKAPLA」にされていました。

長男は、赤ちゃんの頃はいささかキス魔のきらいがあり、友人母子(男子)両方の唇を奪ったとか一歳のお誕生会で女子の唇を奪ったとか電車の中で母の唇を奪い続けて女子高生に爆笑されたとかの逸話がありますが、基本的には次男ほどスキンシップを求める性格ではありません。しかし先日いきなり唐突に唇を奪われた!と思ったらなんか微妙~な間があった後に
「パパとはこうするんだよね~。」
と言われて絶句。そうか!キミは既にそういうお年頃になりつつあるのか!(よそ様のお嬢さん相手に迂闊に練習すんなよコラ。)

そんな長男がかつおふりかけを見ながら、
「♪かつお!カツオ!♪ボクはか・つ・お~♪」
とか即興で歌って踊った時は、思わず「サザエさんの弟かっ!」と突っ込んでみたものの誰にも理解されず(国際結婚ってたまに寂しい)。
かと思えばパジャマの上を半分脱いで頭に被り、ズボンとパンツを足首まで下げてフルチンでカニ歩きダンス絶好調オレ様オンステージ。
「男子ってバカ・・・・・・」
と思わず自分が小学生の頃と同じ台詞でぼやいたら、後ろから次男に
「ちがうっ!バカじゃないっ!ラブラブ星人っ!」
と主張されました。ってそれもなんか違うんじゃないかオイ。

娘もスキンシップは大好きで、よく次男とママの取り合いをします。先日は顔をベロベロ舐めてきて、ノーメークとはいえ基礎化粧品が口に入るからやめて欲しかったんだけど、容赦なかった。ナッツを集めるのが好きだから「リスのリリー」を名乗っていたけれど、その正体はネコだったらしい。

子供達がだいぶヒト化してきて、お世話の手間は減ったものの、まだまだ動物園な日々。よく三匹揃って四足歩行でワンワン言ってたりもするし。自分の声が猛獣使いか軍隊の号令のように感じる事もままあり。まぁこんなマザコンにモテモテなのも今のうち、そのうち彼女や彼氏なんか連れて来ちゃったりするのかな。「ちぇっ、な~によっ。昔はみんなママ命だったくせにさぁ~。」なんて夫にぼやくような平和な日々を迎えられる事を祈ります。そういえばもう10年以上前に夫と入った上野の焼肉レストランのメニューに二人向けの「ラブラブセット」があり、カタカナを習いたての夫がしばらくメニューを睨んだ末に"What is RABU RABU set?"と大真面目に聞いたのは、今でもうちの笑い種。
[PR]
by penguinophile | 2015-01-09 19:49 | 子供 | Trackback | Comments(4)

謹賀新年2015

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年は未年。そういえば最近あんまり羊を見てないなー。今のアパートに引っ越してきて数年は、夏になるとはす向かいの空き地に羊が放牧され、朝は窓を開けると「メェ~」という声が聞こえてきて、夕方は息子達と散歩がてら「あれはメリーさん」「あれは花子ちゃん」などと名前をつけて遊んでいたのですが。
c0076387_7171553.jpg

c0076387_7171889.jpg

c0076387_7172224.jpg


元旦の朝食。黒豆、数の子、栗きんとん、紅白なます、お煮しめ、蒲鉾、田作り、金柑甘露煮、林檎寒、厚焼き玉子、雑煮。
c0076387_7172586.jpg


デュッセルドルフから取り寄せた豪華食材(?)も一部ありますが、ほとんどは「なんかちょっと違う気がする」食材と格闘して、まぁいちおう何となく日本っぽい代物をでっち上げたって感じ?(^^;;しかしどうにも手際が悪いワタクシ、このおせち料理のために大晦日はほとんど台所に閉じこもっておりました。でも苦労の甲斐があって、特に「食べ名人」(食いしん坊とも言う)の長男がものすごく喜んでくれました。去年はイマイチ反応が悪かった次男も、今年は(味覚が成長したのか?)金柑以外はパクパク食べて、(私としては失敗作だった)林檎寒は「すごーくすごーく美味しいっ!」とべた褒め。偏食女王の娘もそれなりに食べてくれました。

自己満足な内容でのんびり更新の拙ブログに、ご訪問いただきどうもありがとうございます。皆様にとって、これからの一年が幸多きものとなりますように。

053.gif053.gif053.gif
c0076387_7165974.jpg

c0076387_7172834.jpg

[PR]
by penguinophile | 2015-01-02 07:20 | ご訪問の皆様へ | Trackback | Comments(2)