<   2015年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧
父の日2015
ドイツの父の日はキリスト昇天祭(Christi Himmelfahrt)の木曜日で、復活祭と連動する移動祭日ですが、今年は母の日(日本と同じ5月第二日曜日)と4日違いでした。
「父の日だからパパの絵を描いたら?」と子供達の人数分の紙を渡したら、3枚縦につなげた合作に(笑)。↓
c0076387_1851129.jpg


幼稚園はまだまだストライキ中で、話し合いは進展していないようです。ちなみにストライキ期間の保育料は、市によって保護者に返還される場合とされない場合があるようです。保育料については、うちはそもそも三人まとめて一人分しか払っておらず、学童保育は通常通り行われているので気になりませんが、ストが2週間以上も続くと給食代は戻って来て欲しいなぁ。

そんな訳で今週も公園を回遊する事になりそうですが、お天気がちょっと心配。子供達はプールに行きたいと言うけれど、平日日中の市民温水プールは学校の授業があるせいかほとんど開放されていません(独自のプールを持っている学校はなく、水泳の授業はスクールバスで市民プールに移動して行われています)。屋外プールももう営業を始めているようですが、私にはまだ寒過ぎます~。
c0076387_18504035.jpg

c0076387_1852540.jpg

c0076387_1852849.jpg

c0076387_18521118.jpg

c0076387_18521596.jpg

今日は自宅に小学校の校長先生から電話があり、いったい何事かと思いきや、夏に入学する次男のクラス分けに関する話でした。ドイツでは保護者が「○○さんと同じクラスになりたい」と希望を言うらしく、入学申込みの際に学校側から希望を聞かれました。ところが先日の入学説明会で発表されたクラス編成案に対し、保護者側から希望と違う等のクレームがあり、調整に手間取っている模様。

私が通った日本の学校では、クラス編成は学校が一方的に決めて生徒はそれに従うだけでしたから、そもそもいじめ等の特殊な事情がある訳でもないのに親がクラス編成に口を挟む事自体に私は違和感があります。ちなみにこの小学校では卒業までの四年間、先生こそ一度変わりますが、クラスのメンバーは(転校や落第を除き)ほぼ固定。子供時代は多様な人間関係からいろいろ学ぶべきだろうに、親が口出ししてまで仲良しグループを温存する必要なんてあるのかな?四年間クラス替えがないのもどうだろう?・・・と思うのは私が外国人だからなのでしょうか。次男が特に繊細でもなければ扱いが難しい性格でもない(当社比)事もあって、元々いー加減なワタクシなど呑気に「いやぁ別に学校が決めたクラス編成でもどーにかなるんじゃない?」とか思ってしまうのですが、真剣に悩んで訴えるママさん相手にはちょっと言いにくいのでした・・・。
[PR]
by penguinophile | 2015-05-18 19:05 | 子供 | Trackback | Comments(4)
母の日
先週の日曜日は母の日でした。日本とドイツでは、母の日は一緒ですが、父の日はなぜか違います。土曜日に長男との外出から戻ったら、冷蔵庫で待っていたのがコレ↓
c0076387_4213493.jpg

なんと夫と次男、娘の三人で作ってくれたケーキです。感動!!!
でもせっかく完璧なサプライズにしようと後片付けまですごーく頑張ったのに、苺のヘタとハンドミキサーが出ていて露見したのは、イマイチ詰めが甘いよって感じで笑えましたが。

長男が学童保育で作ってくれたのがコレ↓
c0076387_4215691.jpg

学童で準備してくる親へのプレゼントは、なかなか可愛い物が多いかも。ちなみにクリスマスの時は瓶に詰めたチョコケーキの素でした。↓写真の真ん中。
c0076387_4222041.jpg

↑写真の両脇は、幼稚園で準備してくれた親へのクリスマスプレゼントで、花瓶として今も活用中です。幼稚園では母の日にちなんで夕方の母子向けイベントを準備してくれていたようですが、ストのため延期になりました。

これは別に母の日とは関係ないのですが、次男が最近描いた絵。↓
c0076387_4224153.jpg

次男「これ、ママのため。」
私「あら、お姫様?」
次男「ううん、ママだよ!」
私「・・・・・・!!!そ、そう。ずいぶん可愛く描いてくれてありがとう。・・・・・・???」
アジア人のおばさんが金髪のお姫様に見えるようでは、眼科に連れて行った方がいいのではないかと一瞬本気で心配しましたが、「愛は盲目」という奴でしょう。たぶん。(希望的観測)

ついでに最近の写真をいくつか。先月末、娘が四歳になりました。もうすっかり「大きいお姉ちゃん」です。とはいえ末っ子のせいか、四歳を迎えた頃には既に弟と妹がいた長男と比べると明らかに甘えん坊。将来の夢は「お姫様」あるいは「ピンクのスパイダーマン」。そんな女子モード全開の娘が切望したバースデーケーキはこちら↓
c0076387_4234037.jpg

スーパーで目をつけた「ピンクのキティちゃんのケーキがいいの。」だそうで。まぁ市販の冷凍食品なので私はラクが出来ちゃいましたが。更に幼稚園に持参するお菓子も、今年から衛生面への配慮から手作り禁止となったため、これまたラクちんでした。

子供の日にちなんで、日本語プレイグループで工作した鯉のぼりと、スモークサーモンの洋風押し寿司。↓
c0076387_424414.jpg

長男と次男の誕生会の招待状。誕生会はまだ先ですが、招待状は幼稚園が無期限ストに入る前に配った方が良いだろうと思い、慌てて夜なべして折り紙20枚を折りましたよ~。↓
c0076387_4243163.jpg

長男は学童保育でコーラス部に参加しており、先日はじめて劇場の舞台に立ちました。プロの劇団がやる子供向けオペラ「ヘンゼルとグレーテル」で、コーラスの子供達が天使とお菓子の精?の役で歌ったのです。まぁ観客はほとんど関係者かなーという規模でしたが、学校から貸し切りバスで劇場に行き、リハーサルと2回の公演を務めた長男の姿を見て「大きくなったなぁ。」と目頭を熱くした親馬鹿なワタシ。↓
c0076387_4251563.jpg

幼稚園は昨日から無期限ストに入りました。お天気が良いのでチビ2匹は公園を回遊中です。
c0076387_4253677.jpg

c0076387_4252812.jpg

[PR]
by penguinophile | 2015-05-13 04:25 | 徒然 | Trackback | Comments(0)
ストライキ
私が子供の頃は、東京でも電車やバスのストライキが時々ありましたが、いつの頃からかあまり聞かなくなったような気がします。ドイツに来てからは、たまに飛行機や電車のストの話を耳にしてはいましたが、移動が全て自転車で済むような超狭い行動範囲で生活しているため、影響を受けた経験はなく、日本に飛ぶ直前に飛行機会社がストをしていた時に肝を冷やした程度で、先日来の鉄道のストもほぼ他人事として聞き流していました。

・・・・・・が、しかし。本日(金曜日)午後、幼稚園にこんな貼り紙が・・・・・・。
「保護者各位
月曜日から無期限のストライキを実施します。再開時期に関しては、メディアで調べるか、幼稚園に電話して下さい。ご理解どうもありがとうございます。」

そもそも幼稚園がストで閉まる事も、再開に際して幼稚園から保護者への連絡がない事も、日本ではちょっと考えにくいですよね。うちの幼稚園では今年に入ってから既に1日のストライキが2回あり、賃金交渉が難航している様子は察していましたし、今回の無期限ストについてはしばらく前から話題になっていたので、別に驚きはしなかったのですが。小学校にも幼稚園にも、メーリングリストはおろか電話連絡網すらないので、「いざという時の連絡はどうするんだろう?」と以前から疑問に思っていたのですが、要するに「学校/幼稚園からは連絡しない。親が自分で勝手に調べろ。」という事だったみたい(^^;。

私などはプー太郎シュフですから、幼稚園がなくても大して困りませんが、共働きや一人親家庭で、更に祖父母の援助も受けられない場合は、上司と掛け合って子連れ通勤や在宅勤務を認めてもらったり有給休暇を取得したりと四苦八苦。万策尽きた家庭の子供は、市がまとめて保育を提供してくれるようですが、人数が限られている上、知らない先生や園児と未知の場所でいきなり終日過ごすのは、繊細な子供にはいささかハードルが高そうです。

今回のストライキは、一部の公立幼稚園のみで実施されています。公立幼稚園と私立幼稚園の職員は、同じ労働組合に属してはいるものの、給与体系は違うらしい。次男と長女が通っている幼稚園は、市立ですが職員は公務員ではなくスト権があります。これに対し、長男が通っている小学校は、教会が運営しているものの資金は税金から出ており、ほとんどの教員は地方公務員でスト権はありません。ちなみに幼稚園や学童の保育料は世帯収入によって額が違い、兄弟がいる場合も一人分しか払う必要がなく、更に就学前の一年間の保育料は無料で、兄弟がいても全員無料(要するに貧乏人の子沢山家庭には大変有難い制度なんだけど、その皺寄せで幼稚園の先生が安月給なら申し訳ないような気も)。・・・・・・というのがこれまでに私が何となく得た超いーかげんな幼稚園関連情報ですが、果たして市独自の制度なのか、州あるいはドイツ全国で同一なのかはわかりません。なにせ大学入学資格を得るまでにかかる年数が州によって違うお国ですから、旧東独では全く違うシステムです、と言われても大して驚きません。知れば知るほどわからないドイツ(^^;;。

次男と長女はStreik(ストライキ)とStreit(けんか)を混同し、先生達が殴り合うために幼稚園が休みになる、と勘違いしていたみたいです(笑)。まぁ確かに論争ではありますが、ボクシングはしないよ~。先月のストの日は、天気に恵まれたので、公園でピクニックを楽しみました↓。今回のストは1~2週間は続くらしいので、来週は公園で過ごす時間が増えそうです。
c0076387_731999.jpg

[PR]
by penguinophile | 2015-05-09 07:31 | 徒然 | Trackback | Comments(2)
  

ドイツ田舎町での地味暮らしを徒然なるままに。
by penguinophile
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新のコメント
ちえさま: えらい長々..
by penguinophile at 05:30
5歳児でかした!美大出の..
by ちえ at 22:33
Mさま: 返信が遅くな..
by penguinophile at 05:03
安いですねえ。こちらの感..
by M at 23:38
Mさま タブレットで書..
by penguinophile at 20:40
これはPCで書いてるんで..
by M at 09:22
鍵コメさま: そう、1..
by penguinophile at 07:42
ちえさま 出来合いの黒..
by penguinophile at 07:21
おせち、すご〜い!私がア..
by ちえ at 14:07
はなはなマロンさま: ..
by penguinophile at 08:29
検索
ブログジャンル
海外生活
子育て