<   2015年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧
親馬鹿日誌:ちびペン語録「ラブラブセンター」
長男、8歳2ヶ月。次男のようなスキンシップ大好きのラブラブ星人ではありませんし、夜も一人で眠れますが、寝る前にはまだママとギューッとハグ(うちでは「ラブラブ」と呼んでいる)をしたがります。

「ラブラブセンターがあればいいのに。そこに行くとママみたいな人がいて、いつでもラブラブできるの。」

・・・・・・すみません、それはもしや、いわゆる「風俗店」ってヤツじゃないですかぁ???

と思ったけど、さすがに言えなかった。「フーゾクって何?」と無邪気に尋ねられても返答に窮するし。

長男本人の自覚はどうだか知りませんが、女子更衣室や女子風呂に連れて行くのはそろそろ憚られるお年頃。親から見れば「まだまだ子供」でも、他人に不愉快な思いをさせてはまずいな、と。そのあたりの感覚は、ドイツ人はかなり大らかな気もします(少なくとも夫の家族は大らか過ぎて私にはついて行けず、庭で全裸でシャワーを浴びるように勧められてもご遠慮申し上げております)が、長男は日本では身長が高く年より上に見える分、更に気を遣います。今年の里帰りは夫がいなかったので温泉は諦め、代わりに友達パパに(無理矢理?)ご協力をお願いして、近所の銭湯を初体験しました。そしてプールでは、「男子更衣室で着替えて出てくる」を達成。弟と二人なのが心強かったみたいです。一人で登校できるのに一人で着替えられないというのも妙ですが、ドイツで私とプールに行く時は家族更衣室を使っていたので必要なかったんですよね。こういうちょっとした成長を積み重ねて、だんだん親離れして行くのかな。日本では「パパがいないからボクがパパの代わり」と張り切ってくれたし、だんだんとお兄ちゃんらしい、頼もしい背中になってきましたよ。嬉しい反面ちょっと寂しい母心。就寝前に「ベットで待ってるから、ちゃんとラブラブしに来てね!」なんて、いつまで言ってくれるのかなぁ。将来、孤独な老人となった場合に備えて、今のうちに心の中にせっせとラブラブ貯金をしておかなければ。

学校では三年生になりました。クラス替えがないのでメンバーは基本的に四年間固定ですが、進級は小学生とはいえ結構シビアです。二年生を再履修で一人減り、三年生を再履修で二人増えて、25人のクラスになりました。学校では鉛筆ではなく万年筆を使うようになりました(なんか外国っぽい)。早速いたずら小僧が先生に万年筆のインクを発射してインクまみれにする事件が発生。あぁ男子!昨晩は長男のお友達が初めて泊まりで遊びに来ました。3歳で入園した時からの親友で、何の問題もなく楽しく過ごせましたが、いやぁうるさかった!娘は「男子うるさーい」と耳を押さえてしかめっ面をしていましたよ。

今週、義弟夫婦に赤ちゃんが産まれました。結婚当初から欲しがっていたものの、なかなか恵まれず、ようやっと授かった大切な命だけに、無事に産まれた喜びもひとしおでしょう。男の子だったので、うちの息子達は「一緒にバカができる」と盛り上がっていますが、それはまだしばらく先の話。まずはこれまでつらい思いをたくさんしてきた義妹が、あっという間に過ぎ去ってしまう赤ちゃん時代を堪能できる事を祈っています。
[PR]
by penguinophile | 2015-08-22 19:08 | 子供 | Trackback | Comments(0)
入学式
先週、次男が小学校に入学しました。当日はなぜか本人よりもむしろ長男の方が興奮していました(笑)。長男の時は親子共に初めての事ばかりだし知り合いも一人だけでしたが、次男は隣の幼稚園から進んだのでお友達もたくさんいるし学校にも馴染みがあるので、多少は余裕があるかな。隣のカトリック教会のミサでプロテスタントの牧師さんがお話をしてくれたのも同じ。「この雨傘は私を雨から守ってくれる。神様も目には見えないけれど私を守ってくれる。」という話の内容も何やら聞き覚えがあるような?ミサの後は校庭で上級生達が拍手で迎えてくれました。長男は最前列で待ち構えて満面の笑顔で熱狂的に出迎えてくれましたよ。
c0076387_20234927.jpg

マイペースの癒し系で甘えん坊のラブラブ星人の次男が小学生だなんて・・・
ホントに大丈夫か?(^^;
と母は秘かに思ってしまうのですが、長男も小学生になってからずいぶんしっかりした事だし、きっと何とかなるでしょう。たぶん。
c0076387_1733533.jpg

7月に日本で、長男は小学校(2年生)へ、次男と娘は幼稚園(年長と年少)へ、2週間半だけですが通わせていただけました。特に次男は「日本の幼稚園でもっと遊びたいのに、夏休みが終わる前にドイツに帰ってしまうなんて!」と嘆くほど楽しかったようです。長男はある日下校してから私の母を相手に「ドイツでは中国人かと言われるし、日本では英語がしゃべれるかと言われるし、もうワケわかんないよ!」と憤慨していたそうです。日本もドイツもマイナーだからなぁ~。どこの国でも「ガイジン」視されるのはハーフの宿命でしょうか。私も子供達と歩いていると「ハーフですか?」「あいの子ですか?」などと聞かれたりしました。一瞬絶句したのは「お父さんが違うんですか?」という質問・・・「お父さんが外国人なんですか?」と聞きたかったようですが、「全員同じ父親の子供です」って見ず知らずの人にいきなり説明しなくちゃいけないの?ナゼ?と思ってしまいました(苦笑)。今回は夫は仕事の都合がつかず母子での里帰りだったのですが、周りが全部日本語環境になったら、兄妹間の会話にも2週間を過ぎた頃から日本語が混じり始め、5週間目にはむしろ日本語優勢になっていたのには驚きました。昨夏に6週間ほど夫も一緒に日本に滞在した時は、兄妹間の会話はずっとドイツ語だったのに。今回は夫とは週に一回Skypeで話していましたが、長男はドイツ語を忘れ始めていると自覚していました。ドイツに戻ってから学校が始まるまでの数日間、義両親宅に行かせたら、またドイツ語優先に戻りましたけどね。いくら子供でも1ヶ月で主言語が入れ替わるなんて、やっぱり「日本語が少し話せるドイツ人の子供」ではなく「ドイツ語と日本語のバイリンガル(の卵)」なのだな、と妙に感心。ジャンケンの掛け声までちゃんと律儀に入れ替わりますよ~。
c0076387_20235150.jpg

週末は30分ほど車を走らせてブルーベリー狩りへ。実は一週間前に営業終了していたらしいのですが、まだあるから別にいいよっと摘ませてもらえました。BIO(有機農産物)で1kgあたり4.10ユーロ(約566円)は、スーパーの約1/3のお値段です。3kgほど摘んで、2kgはジャムにして、残りは生食で。今週は放課後に近所をお散歩しながらブラックベリーを摘み、1kgをジャムにしました。
[PR]
by penguinophile | 2015-08-17 20:25 | 子供 | Trackback | Comments(0)
2015年7月のP
久しぶりの更新です。夏休みで5週間ほど日本に里帰りしていました。ぺものハイシーズンの夏にぺもの天国の日本なんかにいたもんだから、外出するたびに、あっちにもP!こっちにもP!でペンギン発見ニューロンが反応しまくりで大変でした!?

KIさまよりご提供頂きました。こういうタイプの立体グリーティングカードはドイツでは見かけた事がありません。水族館が特に気に入って飾ってま~す♪↓
c0076387_21194011.jpg

c0076387_21193495.jpg

Cさまよりご提供頂きました。近頃の日本のKitKatはずいぶんたくさん種類があるようですね。↓
c0076387_2121623.jpg

CIさまから子供達がもらった消しゴムにP↓
c0076387_21212339.jpg

以下自力。ポスターやお知らせにもP↓
c0076387_21241940.jpg

c0076387_21241677.jpg

c0076387_21235384.jpg

c0076387_21221965.jpg

c0076387_21215593.jpg

c0076387_21215956.jpg

c0076387_21215017.jpg

らくやき屋の見本にP↓
c0076387_21253576.jpg

自転車屋さんのウィンドーでたたずむP。オウサマかコウテイか若干微妙。↓
c0076387_21255873.jpg

蕎麦屋で子供用の取り分け皿を頼んだらPでした。この器はスプーンかフォークとセットでどこかで見たことがあるような気がする。↓
c0076387_21271992.jpg

c0076387_21272488.jpg

寿司屋でホシザキPと再会を果たす。娘にせがまれて激写するもピンボケ。↓
c0076387_21284810.jpg

氷関係はP多発地帯↓
c0076387_21301844.jpg

c0076387_21304942.jpg

c0076387_2131858.jpg

c0076387_21312637.jpg

c0076387_21315972.jpg

次男のポピー教材にもP↓
c0076387_21323128.jpg

フェリシモのカタログには自己研鑽に努めるペンギンが多数潜んでいた。↓
c0076387_21353830.jpg

c0076387_21355396.jpg

c0076387_2136742.jpg

c0076387_21362812.jpg

P図書↓
c0076387_2133956.jpg

c0076387_21332871.jpg

c0076387_21334815.jpg

c0076387_213414100.jpg

日本人女性にしては物欲は小さいワタクシですが、ぺ物となると途端に財布の紐が緩むのはナゼ?身代を食いつぶすほど高価な品物がないのは幸いかもしれない。↓
c0076387_21401063.jpg

c0076387_21412412.jpg

c0076387_21414022.jpg

c0076387_21423234.jpg

友達と会う場所を東京駅に設定してペンスタに詣でる。↓
c0076387_21424972.jpg

100円ショップも何気にあなどれない危険地帯である。↓
c0076387_21442595.jpg

ベルメゾンのサイトで「ペンギン」検索して大人買いしちまう。↓
c0076387_21431587.jpg

生Pも見ましたよ♪写真が多くなったので別記事でご紹介します。
ご協力いただいた皆様、どうもありがとうございました。
[PR]
by penguinophile | 2015-08-11 21:43 | ペンギン | Trackback | Comments(2)
  

ドイツ田舎町での地味暮らしを徒然なるままに。
by penguinophile
プロフィールを見る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新のコメント
ちえさま: えらい長々..
by penguinophile at 05:30
5歳児でかした!美大出の..
by ちえ at 22:33
Mさま: 返信が遅くな..
by penguinophile at 05:03
安いですねえ。こちらの感..
by M at 23:38
Mさま タブレットで書..
by penguinophile at 20:40
これはPCで書いてるんで..
by M at 09:22
鍵コメさま: そう、1..
by penguinophile at 07:42
ちえさま 出来合いの黒..
by penguinophile at 07:21
おせち、すご〜い!私がア..
by ちえ at 14:07
はなはなマロンさま: ..
by penguinophile at 08:29
検索
ブログジャンル
海外生活
子育て