<   2015年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧


Back to the Future

2015年10月21日は映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』で描かれていた「30年後」だったので、日本でもイベントがあったようですね。映画に登場していた技術には、一般に普及してこそいないものの実現されている物もあるとか。映画を見て「生ゴミで走るタイムマシン」に憧れた男性が、会社を立ち上げて「古着由来のバイオエタノールで走るデロリアン」を作っちゃったなんて、いい話だなぁ。この映画が出来た時代は、科学技術の未来は明るく無限だ!と一般人が素直に信じられていた頃ではないでしょうか。1985年には、ドイツはまだ東西に分かれていたし、一般家庭にパソコンはなかったし、インターネットもなかった。映画で覗いた「遠い将来」に、オバサンになった自分が統一されたドイツの自宅でパソコンに向かい、世界中どこからでも読める文章をキーボードで打っているとは、予想外も甚だしい。先週はドイツでもシリーズ1,2,3作が再放送されていました。大変残念な事に私は見られませんでしたが、シリーズ1,2作は確か公開時に劇場で見ました(あぁ年がばれる)。主人公の高校生、マーティ・マックフライの妹世代に当たる私は、演じたマイケル・J・フォックスが「あんなにカッコいいのにもう24歳のオジサンだなんて!」とショックを受けた記憶があります。若さは時に残酷ですね。押しも押されぬ立派なオバサンに成長した今の私には、24歳は若造にしか見えませーん(^^;。

先日、ポーランド人に
「日本では洗濯機は普及しているのか?それとも洗濯板で洗っているのか?」
と聞かれました。おいおい、その程度の認識で東京の未来都市ぶりを見たら腰を抜かすぞー!洗濯機、冷蔵庫、テレビが三種の神器と呼ばれて普及したのは、私が生まれる前の話だっつーの!今時の若い人は知らないかもだよ!と思いましたさ。そのポーランド人は、「中国では洗濯板を使っている」とテレビで見たので質問したそうですが、中国でも農村部ならともかく都市部では洗濯板は既に現役から退いているのでは?でも私が子供の頃は「ちょっと手洗い」にまだ洗濯板を活用していましたから、もしいまうちにあったら、子供達の真っ黒な靴下を洗うのに結構便利かもしれません。
夫に話したら「“日本の家電はしゃべる”と言ってやれば?」と言われました。確かにうちの実家のガスレンジはしゃべります。実家のダイニングキッチンには音を出す機器がたくさんあるので、ピーピーと警告音が鳴っても、いったいどの機器やら?「ガスレンジ?違うなぁ。電話?それも違うか。わかった、冷蔵庫がちゃんと閉まってなかったのか!」みたいな感じで、すぐには特定できません。テレビのシステムも里帰りする度に複雑化しており、技術に合わせてニンゲンも進化しないと使いこなせませーん(^^;;。
[PR]

by penguinophile | 2015-10-28 23:02 | 徒然 | Trackback | Comments(4)

いろんなパンをつくろう。

と言っても今度はあまり美味しくなさそうなパンなのですが、以前に長男の日記を載せたら褒めて頂いたので図に乗って・・・

日本語教室で出された「想像のパン」という課題が気に入ったらしく、帰りの電車の中でも兄弟二人で書き続けていました。ちなみに私は舟を漕ぐのに忙しく、手伝っていません。
長男(8歳)↓
c0076387_22573248.jpg

c0076387_22573649.jpg

次男(6歳)↓
c0076387_22574374.jpg

c0076387_2258115.jpg

c0076387_2258538.jpg

c0076387_2258835.jpg

ドラえもん、ハロウィーン、かたくなったはちみつ。子供の発想は豊かですねぇ。

長男、最近の読み間違い
・こいびと→「小人」(正解は「恋人」)
・じゅうじか→「十人の鹿」(正解は「十字架」)
まだ恋人より小人に馴染みがある年代。キリスト教系の小学校なので、鹿より十字架の方が馴染みはあるはずですが、日本語では知らなかったらしい。ちなみに息子よ、鹿は「人」ではなく「頭」で数えるんだよ。こういうところ、日本語は難しいなと思います。「4」「7」「9」に読み方が複数あるのも、「ひとつ、ふたつ、みっつ」という数え方も、日本に住んでいれば自然に覚えてしまうんでしょうけどね。
[PR]

by penguinophile | 2015-10-28 23:00 | 子供 | Trackback | Comments(4)

ドイツ人は、肉食人種である。

・・・という事はわかっちゃいましたよ、えぇ。でもね。
c0076387_198634.jpg

ベジタリアンでもない私が綺麗事を言っちゃいけないのかもしれませんが、スーパーの特売チラシにいささか直接的過ぎる写真を見つけてドン引き。店舗で実物を目にした子供達も口々に「かわいそ~」「かなし~い」(日本語で良かった)。この「仔豚の丸焼き」はパーティー用商品なので、もしや「鯛の御頭付き」祝い膳の狩猟民族バージョン?ドイツ人はむしろ鯛の頭にドン引きするのかな。1kgあたり8.99ユーロというお値段は、以前目にした豚半匹(過去記事参照)の4.5倍。やっぱり若い方が高く売れるのね・・・(そこでひがまなくてもいいか)。

ついでに同じチラシに載っていた「ダーティハリー」。
c0076387_1981141.jpg

これもしかして、クリント・イーストウッドのつもり?というのはさておき。ラクリッツ(リコリス、甘草の一種)はハリボーグミでよく見かけますが、リキュールがあるとは知りませんでした。私はこれまでラクリッツを好きだという日本人に会った事がありません。うちでは私はもちろん子供にも不評で、夫しか食べません。
[PR]

by penguinophile | 2015-10-02 19:08 | 徒然 | Trackback | Comments(6)

パン工場

地元のパン屋チェーンが主催した「ぼくの・わたしの夏休み」絵画コンテストに長男の絵が入賞し、パン工場に招待されました♪応募者数350、入賞者数15の狭き?門。そういえば今年の誕生パーティーも絵画コンテストで当てたし(過去記事参照)、うちの息子ってば画才があるのよね♪と親馬鹿にひたりたいところですが・・・・・・↓
c0076387_1913392.jpg

何というか、親馬鹿目線で見ても、「芸術的価値ではなく情報量の多さで勝負!」みたいな作品だよなぁ、というのが私の正直な感想(笑)。漫画調にコマ割りしてあるのが面白いというか、もしや怪傑ゾロリ本の影響?ドイツでは見かけない手法だから目立ったのが勝因?と分析。

工場の中で、フランスパンのオープンサンドをつまみつつ表彰式。経営者一族(創業者の子&孫&婿)は自社ホームページで堂々と顔を売っているのでボカシを入れる必要性を感じませーん。↓
c0076387_1915148.jpg

c0076387_1915549.jpg

そしてパン工場を見学。材料倉庫↓
c0076387_1921968.jpg

生地を配合してこねて、↓
c0076387_1923276.jpg

成型して、↓
c0076387_1925199.jpg

寝かせて、↓
c0076387_1931032.jpg

焼いて、↓
c0076387_1932477.jpg

支店別に仕分けて発送する。↓
c0076387_1933685.jpg

という流れらしい。私達が行った午前10時頃は従業員も少なくのんびりモードでしたが、朝2時から5時頃はてんやわんやらしいです。早起きを通り越して昼夜逆転の職業かも。
c0076387_194959.jpg

長男は賞品としてLEGOを、弟と妹も便乗して悪魔のぬいぐるみを、そしてお土産にパンをたくさん頂いて帰りました。長男が頑張ってくれたお陰で家族まで楽しませてもらいました。ありがとう!
c0076387_1941781.jpg

↑この日の長男の日記。この環境で小2でここまで書ければ上出来かな、と最後はいちおう親馬鹿で締めておきます。
[PR]

by penguinophile | 2015-10-02 19:07 | お出かけ | Trackback | Comments(8)

かけざんの九五

長男が掛け算を覚えている、と思ったら・・・・・・
c0076387_1859539.jpg

アレレ?なんか足りなくないか?五段しかないぞ?

これだと例えば「9×7」なんてどうやって計算するのだろう?と思って長男に聞いたら、「7×7+7+7」と暗算しているらしい。何とまだるっこしい!インドみたいに20×20までとは言わなくても、9×9くらい一気に覚えちゃえばいいじゃん!いっそ日本語の九九を暗記させようかとも思ったけれども、先に日本語の九九を覚えた子供が、常に頭の中で九九で計算してから翻訳するので現地校では出遅れてしまう・・・なんて話を聞くと、ううーむ。夫に言わせると、練習問題を数多く解いているうちに10×10まで何となく覚えるのだそうな。そんなもんかいな。
[PR]

by penguinophile | 2015-10-02 19:00 | 徒然 | Trackback | Comments(2)

2015年8,9月のP

先々月、先月に出会ったペもののご紹介です。
でも最初は7月の積み残し。日本で買ったマスキングテープ。↓
c0076387_18472137.jpg

c0076387_18472770.jpg

c0076387_18473278.jpg

マクドナルドのハッピーセットのオマケ。実は双眼鏡という優れもの。↓
c0076387_18473717.jpg

c0076387_18474187.jpg

眼科の診察室で巨大なシュタイフのPぬいぐるみが!連れて帰りたかったけど自制しました。↓
c0076387_18475167.jpg

c0076387_18474593.jpg

図書館で借りた本。↓
c0076387_18475533.jpg

うちで今人気の「マジックツリーハウス」シリーズは、アメリカ人の兄妹が魔法のツリーハウスで色々な世界を旅する冒険物語。その世界に関する知識も含まれており、教育熱心な親にも受けやすい気がします。これは南極編ですが、前作で兄妹がゲットした芭蕉の句「古池や 蛙飛び込む 水の音」が出てきた!↓
c0076387_18475944.jpg

娘の帽子、H&Mで見つけて衝動買い。ピンク星人なので当然ヨロコブ。↓
c0076387_1848461.jpg

以上。
[PR]

by penguinophile | 2015-10-02 18:49 | ペンギン | Trackback | Comments(0)
line

ドイツ田舎町での地味暮らしを徒然なるままに。


by penguinophile
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31