Riisipiirakka

c0076387_131929.jpg

夫のヘルシンキ出張土産。
Riisi=米、Piirakka=パイ。お米をミルクで甘く煮たフィリングのパイです。お米をミルクで甘く煮た物はドイツ(Milchreis)にもイギリス(Rice pudding)にもありますね。いわゆる白米の感覚とはだいぶ違うせいか、日本人は苦手な人が多いようですが、私は大丈夫。でもドイツ人みたいに食事として食べるのはちょっと厳しいです。でも次男はこのパイは嫌がりました。好き嫌いをあまりしない次男ですが、アーモンドと砂糖で出来たマジパンも嫌い。マジパンも私は好きですが、苦手な日本人が多い。妙なところが日本人らしい次男です。
c0076387_132316.jpg

写真左上のプリクラ、じゃなかったPuikulaは全粒粉ライ麦パン。フィンランドは長くスウェーデンに支配されていたため、今でもフィンランド語とスウェーデン語の二つが公用語になっています。フィンランド語だとちんぷんかんぷんですが、スウェーデン語はゲルマン語派なのでドイツ語と少し似ています。このパンにはFullkornsrågと表記されており、Fullkorn=独Vollkorn(全粒粉)、Råg=独Roggen(ライ麦)と似ています。

写真右上はコケモモのジャム。

写真右下のチョコレートはFazerのGeisha。芸者チョコレートは日本人のフィンランド土産としては定番でしょうね。

写真左下はムーミンのキーホルダー。実は私が10年以上前にフィンランドで買ったキーホルダーが壊れてムーミンのパーツを落としてしまったので、似た商品を探して買ってきてくれたようです。夫にしては珍しく(←とは本人には言ってない)気が利くじゃないか!と喜んだのも束の間、袋から出したら既に壊れてました・・・orz。確かに壊れやすい構造ではあるんですが、いくら何でも早過ぎる・・・残念無念。でも悔しいのでムーミンのパーツを再利用する気満々です。


[PR]
by penguinophile | 2016-02-26 01:04 | 徒然 | Trackback | Comments(2)

娘4歳9ヶ月。

娘「ママ、Schweinbrot(das Schwein=豚、das Brot=パン)食べてもいい?」
私「何それ?」
娘「さっきお兄ちゃんが持って帰って来たもの。」
私「あれはケーキだけど?」

長男が持って帰ったのはButterkuchenバターケーキ(die Butterバター+der Kuchenケーキ)でした。このButterという単語、英語とスペリングは同じですが、ドイツ語だと発音は「バター」というより「ブター」です。つまり娘の頭の中で「Butter=豚=Schwein」と変換されたらしい。ついでにケーキがパンに変換されちゃって。いやそれはちょっとなかなか通じないだろうよ。

母子で登校登園の道すがら、しりとりをする事があります。でも娘はボキャブラリーが少ない上に、しりとりの意味をちゃんと理解できていないらしく、なかなか上手くできません。仕方がないので私や息子達が、簡単な言葉を考えてヒントを出すのですが、これもなかなかうまく通じません。例えば「い」で始まる言葉を言わせようとしても、
私「上に座るもの」
娘「おひざ!」
(「椅子」と答えて欲しかった。)
次男「ワンワン言う動物」 
娘「ワンワン!」
(「犬」と答えて欲しかった。)
「そう来るか!」とある意味納得の返事ですが、惜しむらくは「い」で始まる言葉になってない。

娘は長男の風邪がうつったらしく、現在ダウン中。ひたすら寝ているので、たまに添い寝をねだられる以外は、むしろ普段より手がかからない位です。でも外出できないと、元気な兄弟の送迎と買い物がかなり不便で、お隣さんにお迎えをお願いしたり、冷凍食品を活用したりの日々です。娘は明日はお友達のお誕生会に招待されており、すごーく楽しみにしているんだけど、無理かなぁ。

[PR]
by penguinophile | 2016-02-25 23:55 | 子供 | Trackback | Comments(2)

2015年10月~2016年2月のP

ブログを正月仕様のまま長々と放置していましたが、長男が発熱で数日寝込んだ以外は、皆元気にしておりました。ちなみに醤油風味の粒餡は、夫と子供がパンに乗せて完食してくれました。
さて、思いっきり溜め込んだぺもののご紹介です。

まずは他力本願。H&Cさまより頂きました。誕生日プレゼントのPグッズ詰め合わせ♪↓
c0076387_101418.jpg

Iさまよりご提供頂きました。クールジェルパック↓
c0076387_103932.jpg

ちえさまよりご提供頂きました。100円ショップP三点セット↓
c0076387_111253.jpg

MTさまよりご提供頂きました。風邪薬の宣伝用グッズ。海やプールで使う・・・フロート?マット?名称不明(^^;;↓
c0076387_113055.jpg

C家からのクリスマスカード↓
c0076387_114571.jpg

Cさまよりご通報いただきました。東京在住で目に問題があったら是非通いたい医院です。↓
c0076387_123067.jpg

c0076387_123526.jpg

りすさまよりご通報いただきました。スーパーに貼られていたポスターだそうです。↓
c0076387_131721.jpg

以下自力。
いやこれは表向きはサンタさんからのプレゼントという名目にしてみましたが、要するに自分へのご褒美。ご褒美をもらえるような事は何もやっとらんだろーが!という突っ込みはさておき。↓
c0076387_135226.jpg

カレンダー↓
c0076387_14441.jpg

c0076387_144868.jpg

太陽光で踊るP。冬物一掃セールで1.5ユーロでしたー。同じ仕組みで手を振るエリザベス女王&コーギーの商品も見かけます。買う気はしませんが。↓
c0076387_141492.jpg

デパートのショウウィンドウ、クリスマス向けデコレーション。↓
c0076387_17576.jpg

ペンギンだかフクロウだかよくわかりませんが。
c0076387_173234.jpg

同じ店の玩具売り場にて。↓
c0076387_175176.jpg

文房具屋のウィンドウにもなぜかP↓
c0076387_191035.jpg

雑貨屋のウィンドウにも発見↓
c0076387_194334.jpg

薬局のウィンドウにもP↓
c0076387_1102310.jpg

薬局に置いてある子供向けの冊子↓
c0076387_1104349.jpg

幼稚園にあった絵本↓
c0076387_1111022.jpg

小学校一年生の教室にあった本。ヘンな動物が作れるよー。↓
c0076387_1113644.jpg

c0076387_111523.jpg

ドイツ語教材にも潜んでおりましたよ↓
c0076387_1123175.jpg

バルト海Rügen島Binzにて。海岸への降り口には番号と共にイラストが描いてあり、そのうちの一つがペンギンでした。↓
c0076387_113249.jpg

Binzの店。↓
c0076387_1134798.jpg

H&Mで購入したペンギン三点セット。モデル:4歳(品物を床に置いて写真を撮っていたら、モデルさんが「あたしがもっと可愛くしてあげる」と主張して入ってきました。それなら普通に着て撮れば良かったような気も。)↓
c0076387_1143171.jpg

安売りスーパーで買った自分用のフリース。お尻まで温かいので部屋着として重宝しているのですが、娘は自分が上のフリースを着ると「ママとお揃いでお出かけ」を要求します・・・↓
c0076387_1154845.jpg

c0076387_116085.jpg

衝動買いして甥っ子に進呈した赤ちゃん用下着。↓
c0076387_1161769.jpg

息子達が日本語を習っている隣町の大学のホールで。↓
c0076387_1163198.jpg

キッチンペーパー↓
c0076387_1165057.jpg

トイレットペーパーとナプキン。ROSSMANNにて購入。後日このトレペを買い足しに行ったら、ペンギンなしのトナカイのみバージョンに変わっていて、意気消沈。↓
c0076387_117348.jpg

クッキー↓
c0076387_1171852.jpg

c0076387_120126.jpg

グミ↓
c0076387_1173843.jpg

シリアル↓
c0076387_1181727.jpg

以上。
ご協力頂いた皆さま、どうもありがとうございました。
[PR]
by penguinophile | 2016-02-22 01:18 | ペンギン | Trackback | Comments(2)