<   2016年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧
親馬鹿日誌:ちびペン語録「ブルカ」
長男9歳3ヶ月。
出先でこんな写真↓を見て一言、
c0076387_16043516.jpg

「・・・忍者?」

見えるよ、確かに!忍者に!(爆)
難民受け入れでイスラム教徒増加中のドイツですが、この田舎町ではブルカは「一度見かけたかな」という程度なので、長男が知らなかったのも無理はない。

ちなみにドイツ語では「J」は「や行」に近い発音になるので、
 忍者=ニンヤ
 柔道=ユードー
と発音されます。ネイティブ日本語話者が聞いてもわからん日本語。

長男はたまにこういうヒットを飛ばします。数年前、夫の友人がうちに泊まった際に妙に派手な柄パン一丁でうろついていたところ、長男が一言、

「・・・鬼のパンツ?」

と言い放ったので、ツボにはまってしまった私は客人の前で笑いをこらえるのにものすごく苦労しました。いやホントに鬼のパンツっぽい柄パンだったのですよ。写真でお見せできないのが残念です(笑)。

ちなみに他人の家をパンツ一丁でうろつく程度で驚いてはいけません。私達が彼の家に泊りがけで遊びに行った時、彼の娘と息子がノーパンで朝食の席についたので、日本人オバサンは目のやり場に困ってしまいました。ドイツ男子が局部の温度を上げないためにノーパンで寝るというのは聞いていたものの、女子もノーパンで寝るとは知らなかった。いくら子供とは言えそのまま客の前に出てきて親も平気、というのはやっぱりサウナが混浴のドイツならではなのか?いや日本にも混浴はあるけれど、ご飯を食べる時はパンツ履くよなぁ。

・・・って2本続けて下ネタオチですんません(^^;;。

[PR]
by penguinophile | 2016-09-26 16:39 | 子供 | Trackback | Comments(0)
LWL-Freilichtmuseum Detmold (Detmold野外博物館)

今月、長男は修学旅行に行きました。「北海の離れ小島に一週間島流し」という豪華?な旅行を決行する小学校もあるそうですが、長男の学校は「隣町のユースホステルに二泊三日」というお手軽な内容。しかも初日は10時頃に出発して、三日目の昼には戻ってくるという気合の入らなさ。旅行では観光地も訪れたものの、息子が帰ってから話してくれたのは、むしろユースホステルでの様子でした。「“お片付け競争”で、僕達の部屋はE君とP君のベッドが乱れていたので2点減点されて58点。女子二部屋の59点に続く高得点だったけど、景品は小さなチョコレート一つだけだった。」「夜の肝試し散歩(?)に出たら、夜景がすごくきれいだったけど、寝るのが10時と遅くなり、N君は歯も磨かずに寝てしまった。」などと楽しそうに語ってくれました(^^)

二日目に訪れたのは、たまたま5月に家族で行った野外博物館。実は6年ほど前にも知人に誘われて一度行った場所ですが、当時の私は「Freilicht=free+light=自由の光博物館?自由のために貢献した偉い人達の記念館?」という阿呆な勘違いを胸に現地に向かったら、広大な野外博物館だったのでかなり驚いたという・・・「無知だったわ~」と笑いたいけど、未だにこんな勘違いを日々繰り返している気がするので、全く笑えない・・・(--;;;

こちらの博物館は敷地が90ヘクタール(東京ドーム19個分!)とすご~く広い。敷地内には古い建物を移築した村がいくつか入っており、昔の農家の暮らしが覗けるようになっています。

c0076387_20451679.jpg
c0076387_20452505.jpg
c0076387_20450999.jpg
c0076387_20452073.jpg

水車小屋。中の仕組みも見られます。↓

c0076387_20314382.jpg

お墓↓

c0076387_20325585.jpg

庭園↓

c0076387_20331144.jpg

風車小屋↓

c0076387_20333467.jpg
c0076387_20341182.jpg

この風車小屋は土台部分と風車部分に分かれており、風向きに合わせて上半分を回転します。さて、その回転にどの程度の人力が必要かというと・・・

なんと成人男性一人で動かせます!

c0076387_20343268.jpg

鍛冶屋↓

c0076387_20351727.jpg

パン屋↓

c0076387_20354031.jpg

アイスを食べて↓

c0076387_20362693.jpg
羊とラブラブ♪↓
c0076387_20364418.jpg
c0076387_20365294.jpg

さて、修学旅行でここを再訪した長男の日記。

c0076387_20371634.jpg
屋外博物館に関しては「昔の家がたくさんありました」と書かれているのですが、添えられた絵は・・・
c0076387_20430563.jpg

・・・え、これだけ?


意味はあえて書きませんが、どうやらトイレに関する特別展があったらしく、確かにあちこちにありましたよ、この看板。他にもっといろいろ見学しただろうに、そして普段はやたら細かくて情報量の多い絵を描く子なのに、これだけなんだ・・・って何だか一気にずっこけました。結局男子は下ネタ好きって事なのか・・・。


旅行中はちょっとホームシックになったという長男、旅行前日と帰った日の夜は「ママ、今日はボクと一緒に寝たい?」と聞いてきました。自分が寂しいくせにやけにオレ様な聞き方だと思ったものの、いちおうカワイイ女(?)のフリをして「うん、ぶんた君と一緒に寝たいな053.gif」と言っておきました(笑)。


[PR]
by penguinophile | 2016-09-22 20:43 | お出かけ | Trackback | Comments(0)
  

ドイツ田舎町での地味暮らしを徒然なるままに。
by penguinophile
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新のコメント
ちえさま: えらい長々..
by penguinophile at 05:30
5歳児でかした!美大出の..
by ちえ at 22:33
Mさま: 返信が遅くな..
by penguinophile at 05:03
安いですねえ。こちらの感..
by M at 23:38
Mさま タブレットで書..
by penguinophile at 20:40
これはPCで書いてるんで..
by M at 09:22
鍵コメさま: そう、1..
by penguinophile at 07:42
ちえさま 出来合いの黒..
by penguinophile at 07:21
おせち、すご〜い!私がア..
by ちえ at 14:07
はなはなマロンさま: ..
by penguinophile at 08:29
検索
ブログジャンル
海外生活
子育て