江戸っ子的独逸田舎町生活


ドイツ田舎町での地味暮らしを徒然なるままに。
by penguinophile
プロフィールを見る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2016年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

自転車講習

小学校が秋休みに入る直前の10月初旬、4年生の長男には大事な試験がありました。それは自転車の試験です。

ドイツでは自転車は(自転車通行可と明示された歩道を除き)基本的に車道を走りますが、8歳未満の子供は歩道を走らなくてはならず、10歳未満の子供は歩道を走ってもいい事になっています。いよいよ大人の仲間入りをして車道デビューを果たす義務があるお年頃の4年生を対象に、小学校に巡査が派遣され、自転車講習が行われました。生徒達は、この講習の最終試験に合格したら、保護者がいなくても自分だけで自転車で移動しても良い事になります。

まずは夏休み前に、お巡りさんが子供の自転車を検査して、合格であればシールが貼られます。
c0076387_1963989.jpg

夏休みが終わってからは講習本番。教室での座学の後、そしていよいよ路上教習です。路上での練習では、子供の安全を確保するため、保護者も協力します。プー太郎シュフの私は二回、駆り出されましたが、そこで見た光景は、いささか不安なものでした。うちは母親の私が車の運転が超苦手なため、日常の移動は基本的に全て自転車で済ませていますから、子供達は自転車の操作に慣れており、周囲の様子に注意を払う余裕があります(怪我の功名?)。しかしドイツの田舎町は基本的に車社会ですから、日常の移動はほとんど車で済ます家庭が多いのです。そうなると子供は自転車の操作に慣れておらず、前に進むのがやっとこさっとこという有様。なのに安全確認だの手旗信号だのを命じられては目を白黒、車道を走るように言われては涙目になるのも当然というもの。講習中に私が「右を見て!手を出して!曲がって!」と叫んだら、右を見て右手を出して「左」に曲がる子供までいて、オイオイ大丈夫か!?という感じでした。

結果は案の定あんまり大丈夫ではなく・・・うちの長男はペーパーテストも実技試験も最高点で合格して表彰されました♪・・・が、試験を受けるのをやめたり不合格だった生徒もいたそうです。追試の有無はわかりませんが、別に運転免許ではないので、試験に合格しようがしまいが、10才になれば車道を走らなくてはいけません。あとは親の責任という事なんでしょう。それでも警察と学校が協力して指導に当たってくれるこの制度、全国規模なのかローカルな制度かわかりませんが、とても有難いものだと思いました。
c0076387_1963549.jpg

ついでにドイツで自転車に乗っていて気付いた点。
・自転車専用レーンが日本より整備されており走りやすい。子供は歩道を走れるのも安心。
・自転車は右側走行が基本、自転車走行可の歩道でも同じ。
・ライトは前に白、後ろに赤の二つが必要。
・親子連れの場合、親は子供に合わせたちんたら速度で車道を走る羽目になる(むしろ親も一緒に歩道を走った方が、車も親も子供も落ち着いて走れそうだよなぁ~と思う事もよくある)2017年1月以降、8歳未満の子供に同行する大人は1名に限り歩道を走っても良い事になったそうです。見知らぬおばあさんに「子供も車道を走れ!」と叱られた事があるが、こちらの言い分を完全無視のヒステリー頑固ババァ(←失礼)よりも、交通規則遵守と我が子の安全の方が大切。
・大人用自転車につける子供用座席は後ろに取り付けるタイプが主流。私が愛用している日本製ママチャリ(駐在奥様の置き土産)は前乗せタイプなので、娘を乗せて走っていた頃は行く先々で注目の的だった。信号待ちでいきなり「この自転車どこで買った!?」と尋ねられた事もある。子供を乗せて牽引する小型リヤカー?も人気で、子供一人用と二人用がある。日本には三人乗り自転車があり、更に赤ちゃんをエルゴ抱っこして四人乗りで走るママさんを見かけるが、ドイツでは中国雑技団かと驚かれそう。
・ヘルメット装着率は高く、特に子供はほぼ100%。装着は義務ではないが、装着せずに事故に合うと保険が下りないケースがあるとか?日本よりも車道を走る事が多いし、他の自転車の速度もかなり速いので、見た目より安全重視で大人でも装着すべきだと個人的には思う。
・足のペダルを逆回しにするとブレーキが効くタイプの自転車が多い。私はどうも慣れずにとまどったが、子供は握力が弱いのでペダルブレーキが有効。
・右側車両が優先なので、右の道から出てくる車には特に注意。例えば(優先道路指定のない)「T」字路の場合、横棒を左から右に直進する車両ではなく、縦棒を下から来て右折する車両に優先権がある。よって直進優先と信じて左から右に進むと轢かれかねない。自転車だけではなく自動車の運転でも要注意。
[PR]
by penguinophile | 2016-10-30 16:51 | 子供 | Trackback | Comments(0)

Jack-o‘-lantern

この週末はドイツ統一記念日のため三連休でした。とは言え遠出はしませんでしたが、近くの園芸店のイベントを覗きに行き、ハロウィンのカボチャJack-o‘-lanternを初めて作りました♪

会場で貸してもらった道具。10ユーロ程度で買えるらしい。↓
c0076387_06240070.jpg
右から順に、カボチャに印をつけるコロコロ(裁縫道具のルレットに似ている)、カボチャの中身を掻き出すプラスチックへら(普通の金属スプーンの方がむしろ使いやすかった)、小さい糸鋸(これは便利、ただし曲がりやすい)。

まずはルレットで蓋を描き、糸鋸でくり抜きます。蓋の形はギザギザ星型にすると可愛い(と五歳児に言ったけど無駄でした)。蓋は表面部が大きくなるように切断面を斜めにしておくと、蓋が中に落下しません(作業後に気付いた^^;)。↓
c0076387_06312530.jpg
最初は手で(手袋推奨)、最後はへらやスプーンを使い、中身(種とわた)を出します。↓
c0076387_06314930.jpg
c0076387_06315532.jpg
ルレットで顔を描き(最初に蓋と一緒に描いてもOK)↓
c0076387_06323813.jpg
顔をくり抜きます。↓
c0076387_06325751.jpg
切断面を綺麗に整えて、出来上がり!↓
c0076387_06331640.jpg
作業時間は一時間あまり。飾っているうちに中から傷んでくるので、中を少しずつスプーンで削るといいそうです。室内より気温の低いベランダに飾る方が長持ちするとか(とはいえウチはベランダに飾っても誰も見ないので意味がない・・・)。

日曜日に夫と子供達が行って作ったところ、次男のカボチャは目と口の間隔が狭すぎて貫通してしまいました。帰宅した次男は私の腕の中で大泣きしてしまい、なかなか泣き止まずにいたら、今度はママを取られた娘まで焼きもちで泣き始め、なだめようのないしっちゃかめっちゃかな赤ちゃん泣きにまでエスカレート。チビ二人のステレオ泣きが余りにも延々と続くので、なんかもう本人達には悪いけど夫と長男と私は笑い始めてしまい、しまいには次男本人まで泣きながら笑い始めました。子供達が0,1,3歳の頃は3D泣きされて途方に暮れた事もありましたが、5歳児と7歳児でもまだステレオ泣きをするんですねぇ・・・しかも5歳児は赤ちゃん泣きだよ。翌日、次男がリベンジをしたいと言うので、今度は母子で挑戦し、3個とも(一応)成功しました。
c0076387_06340697.jpg
全部並べるとそれぞれ個性があって面白いけど、さすがに6個もいらない(^^;。
という訳でご近所さんにお裾分けする事にしました。次男はリベンジして気が済んだのか、自分の成功作はご近所さんにあげると言っています。

ちなみに食用のカボチャとしてドイツで最もよく見かける種類は、その名もずばり「HOKKAIDO」です!写真はWikipediaより拝借。↓
c0076387_06342587.jpg
<以下ドイツニュースダイジェスト より引用>
最近は食用かぼちゃと言えばHokkaido Kürbisというくらい、すっかりメジャーになりました。でも、なぜ「北海道」?何でも幼少期を札幌で過ごしたミュンヘン近郊在住の日本人が、1993年に種を日本から輸入したのが、Hokkaido Kürbisの始まりだとか。
<引用以上>

北海道という名前はついているけれど、こんなオレンジ色のカボチャを日本で見た記憶はない・・・。でも北海道が日本の地名だとは知らなくても、Hokkaidoカボチャを知っているドイツ人は多いはず!ドイツで一番よく見かけるカボチャのレシピはスープで、幼稚園で11月にある聖マルタン祭の提灯行列の後も、先生とお母さん達が皮を剥かずに使えるHokkaidoカボチャで作ったスープがふるまわれます(と他人事のように書きましたが、去年は幼稚園のちっぽけな果物ナイフで丸ごとカボチャを切るのがものすごく大変だったので、今年も手伝う事になったら自分の包丁を持参します)。20年余りですっかり有名になったHokkaidoですが、私は日本のかぼちゃにより近いSweet Mamaを近くのスーパーで見つけて以来、こちらを使っています。値段はどちらも1個2ユーロ(約230円)程度ですが、Sweet Mamaの方が少し高め。↓
c0076387_06345567.jpg
私はもう20年以上も前、イギリスの青空市場でカボチャを買って煮物を作ったところ、甘みもホクホク感も全くなく、「そういえばカボチャって瓜の仲間だったっけね・・・」と思い知った記憶があります。でもこのSweet Mamaは日本のカボチャと同様に使える!と喜んでいたのですが、先日買ったSweet Mamaは甘みもホクホク感もなくガッカリ。どうやら当たりハズレがあるらしい。まだあと半分残っているので、どう使うべきか迷い中。やっぱりスープが無難かなぁ。


[PR]
by penguinophile | 2016-10-04 06:36 | 徒然 | Trackback | Comments(2)
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
ちえさま: えらい長々..
by penguinophile at 05:30
5歳児でかした!美大出の..
by ちえ at 22:33
Mさま: 返信が遅くな..
by penguinophile at 05:03
安いですねえ。こちらの感..
by M at 23:38
Mさま タブレットで書..
by penguinophile at 20:40
これはPCで書いてるんで..
by M at 09:22
鍵コメさま: そう、1..
by penguinophile at 07:42
ちえさま 出来合いの黒..
by penguinophile at 07:21
おせち、すご〜い!私がア..
by ちえ at 14:07
はなはなマロンさま: ..
by penguinophile at 08:29
お気に入りブログ
外部リンク
検索
記事ランキング
ブログジャンル