<   2016年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧
おでん
今朝はまたやけに冷えるな~と思ったら、街角の温度計は「-6℃」。そりゃ~寒いわ。まだぎりぎり11月なのに(涙)。無事にこの冬を越せるのか、私(と毎年思う)。あまりの寒さに娘はべそをかきながら「ママとラブラブ冬眠した~い」。可哀想だけどカワイイ。

こんな日は温か~い鍋物でも食べたくなります。という訳で。
c0076387_18571414.jpg

「おでん」すりガラス・・・(@o@)。旅行先のDornstettenでたまたま入った中華料理屋で見つけました。こんなもん、日本でも見た事ないよ!いったいどこで見つけてきたんだよ!?

ちなみにメニューに「おでん」はありませんでした。看板に偽りあり?まぁごくフツーの中華料理屋。スタッフも中国人で、私は当然のように中国語で話しかけられました。ドイツの中華料理屋は、ランチはバイキング形式が多いです。リーズナブルなお値段でいろいろな料理を食べられるのは嬉しいものの、味は可もなく不可もなくといった感じ。ただし「SUSHI(と書いて『ズーシ』と読む)」が置いてある場合は、要注意。このお店もカッパ巻らしき物が置いてありましたが、きっぱりはっきり「不可」認定。ちなみにこれまでで一番あり得ないと思った「寿司」は、味のついていないベタベタのお粥のようなご飯を使った代物で、驚くほど不味かった。たまたま妊娠初期にそれを食べてしまった私は、悪阻が終わるまで、その店の前を通りかかるだけで吐き気がしてくる有様でした。仮にも寿司を名乗って提供するなら、少しは勉強して欲しい。せめてお粥じゃなくて酢飯を使おうよ。こういう寿司しか食べた事のないようなドイツ人に「寿司は嫌い」と言われると、「いや、一度本物の寿司を食べてから判断して下さい!」と反論したくなる訳です。
[PR]
by penguinophile | 2016-11-29 18:58 | 言葉、亜細亜 | Trackback | Comments(0)
待降節(der Advent) 2016
待降節に入りました。クリスマス市も先週から始まりました(まだ通りかかってもいないけど)。今年のキャンドルリースとクッキーはこんな感じ。
c0076387_1931898.jpg

提供はもちろん隣に住むドイツの模範的主婦であるS夫人です。本当は娘と一緒に先週お手伝い(と言う名の邪魔)をする予定だったんですが、肝心の娘が上から下からいろいろ出てきた上に熱まで出てきて、それどころじゃなかった・・・。

アドヴェントカレンダーは今のところこの二つ。
c0076387_19312085.jpg

ユニコーンFillyは、ドイツではそれなりに人気があるキャラのようです(が、いかにもドイツらしいバタ臭さが個人的には苦手)。知人の知人が「たまたまもらったけれど、独身男の自分には不似合いだから」と娘にくれました。ペンギンのアドヴェントカレンダーは子供用品バザーで入手した物で、24日分のミニブックが入っています。

第一アドヴェントの昨日は、娘が朝食をリバースしたので私はまたプチ家篭りでしたが、男子チームは町のイベントに出かけて、Weckmann(過去記事参照)をもらってきました。
c0076387_19311663.jpg

やっぱなんか宇宙人っぽいな・・・(ぼそっ)

待降節とは関係ないけど、昨日息子達がKAPLAで作った「乗り物博物館」
c0076387_1931223.jpg

Liebe Wünsche zum Advent!
c0076387_19312682.jpg

[PR]
by penguinophile | 2016-11-28 19:33 | 徒然 | Trackback | Comments(0)
Schwarzwald
10月の秋休みはドイツ南西部の「黒い森(Schwarzwald)」に旅行しました。

More...写真が多いのでたたみます。
[PR]
by penguinophile | 2016-11-21 21:12 | お出かけ | Trackback | Comments(6)
最後のランタン
私の苦手なドイツの11月。どんどん寒くなり、日が短くなり、空もどんより。あぁいっそ冬眠したい・・・と毎年必ずぼやいています。その願いが聞き届けられた訳でもないでしょうが、現在プチ家篭り中。というのも胃腸炎が絶賛家庭内蔓延中で、まずは長男による「夜中にトイレで下痢Pしながらバケツに嘔吐」というダブル新技ご披露で幕を開け、今は娘が吐きまくってダウン中。先週からほぼ毎晩「ママ~、ゲロっ吐きそう~」という超情けない訴えで夜中に飛び起きています。これだから「ウイルスが兄妹を一巡してから、汚物処理と看病疲れと家篭りで抵抗力の落ちた母が感染」というパターンが多いんですよね(--;。

それでも思い切って(無謀にも?)先週末はギムナジウムの一般公開を覗きに行きました。
・5年生で入学したら英語のみならずラテン語も必修。8?年生からはフランス語または古代ギリシア語を選択。
・入学時のクラス分けは、プライベートで楽器を習っていてオーケストラに参加するか否かで決まり、音楽クラスに入ったら途中で楽器をやめられない。
・・・うう~む、なんだか余りにも日本の中高とかけ離れ過ぎていて、どこから突っ込めば良いのやら・・・。小学生がラテン語、中学生が古代ギリシア語って、今はホントに21世紀か?あぁでもロボットクラブとかあるみたいだから、いちおう中世ではないのかー(早くも遠い目)。

幼稚園では聖マルタン祭(過去記事参照)の提灯行列がありました。今年、娘と作ったのはこんな提灯↓
c0076387_18413182.jpg

c0076387_18413849.jpg

c0076387_1841349.jpg

「アナとエルザがいい」「Sankt Martinも欲しい」という訳で、コンセプトが一貫しない代物が出来上がりました・・・。いいんです、どうせ日本人の宗教観は節操がないので、何でもアリ。

当日はあいにくの小雨日和でしたが、暗くなる頃に提灯を持って集合し、歌いながら住宅街を一周しました。そういえば去年までは「本来この幼稚園は宗教色のない市立幼稚園で、聖マルタンはカトリックの行事ですが、ドイツの大切な行事なのでやります!」と園長先生が宣言していましたが、今年はその先生が定年退職したせいか、特に断りがありませんでしたね。いいんです、どうせ日本人の宗教観は節操がないので、何でもアリ。むしろドイツの幼稚園で復活祭もクリスマスも祝わなくなったら、その方が文化継承面で問題があるように思います。ま、イスラム教信者の保護者がどう感じるのかは知りませんがね。
c0076387_18372596.jpg

幼稚園に戻ってからは年長さんによる聖マルタンの寸劇。強盗に身ぐるみはがれた哀れな貧者に聖マルタンが自分のマントを半分に切って分け与える、という感動物語で、子供達はかなり頑張ったらしいのですが、雨は降るわマイクと照明の調子は悪いわで、ちょっと残念な出来でした。ちなみにうちの娘は、一番人気の聖マルタンは諦めて、他に誰もやりたがらない貧者役に立候補したそうです。身ぐるみはがれたハズなのに、ペンギンの帽子を被りアンペルマンの交通安全ベストを着た貧者(^^;;;。
c0076387_18373159.jpg

うちの幼稚園では、提灯行列の後に温かいカボチャのスープを食べるのが恒例です。前日の午後は材料を切るお手伝いをしました。幼稚園には小さいナイフしか置いておらず去年は苦労したのを覚えていたので、今年はマイ包丁を持参して先生や他のママさんに一目置かれました(いやドン引きされた?)。一時間あまり黙々と作業してカボチャを6個解体したら、指にマメが出来た(^^;。玉葱、人参、ジャガイモ、ポワロ葱を入れたポタージュスープは、長男いわく「ベビーフードみたい」。た、確かに。濃くて塩味がほとんどしないせいか。

長男が入園してから7年間、毎年幼稚園で提灯を作り続けて来ましたが、娘が来年には卒園なので、もう終わり。来年はもしお天気が良ければ、これまで作った提灯を持って、町主催の提灯行列に参加する事でしょう。
[PR]
by penguinophile | 2016-11-21 18:43 | 子供 | Trackback | Comments(2)
  

ドイツ田舎町での地味暮らしを徒然なるままに。
by penguinophile
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新のコメント
ちえさま: えらい長々..
by penguinophile at 05:30
5歳児でかした!美大出の..
by ちえ at 22:33
Mさま: 返信が遅くな..
by penguinophile at 05:03
安いですねえ。こちらの感..
by M at 23:38
Mさま タブレットで書..
by penguinophile at 20:40
これはPCで書いてるんで..
by M at 09:22
鍵コメさま: そう、1..
by penguinophile at 07:42
ちえさま 出来合いの黒..
by penguinophile at 07:21
おせち、すご〜い!私がア..
by ちえ at 14:07
はなはなマロンさま: ..
by penguinophile at 08:29
検索
ブログジャンル
海外生活
子育て