江戸っ子的独逸田舎町生活


ドイツ田舎町での地味暮らしを徒然なるままに。
by penguinophile
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2017年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

白雪姫・オン・アイス

うちの子供達はこれまでに地元の絵画コンクールで結構いろいろ勝ち取っています。
一昨年は長男と次男が合同で誕生会(過去記事参照)を、長男がパン工場見学ツアー(過去記事参照)を当てました。昨年は長男が自転車をゲット(過去記事参照)。そして今度は娘が、地元新聞社の絵画コンクールで、“Russian Circus on Ice” による「白雪姫・オン・アイス」ショーの家族チケットを当ててくれました~!まともに買えば大人一人あたり50ユーロ(約6000円)近くするチケット。でかした、娘!(^^)v
「スケート靴を履いた白雪姫と七人のこびと」がテーマだったこのコンクール、栄光(?)の優勝作品がコレ↓
c0076387_21405958.jpg

・・・う~ん、ぶっちゃけ特にうまいとも思えないけれど、一生懸命描いた楽しい絵だね♪的な・・・A4用紙1枚に入りきれずにもう1枚貼り足したのが目を引いたのかも。「ボクの方がうまかったのに!」とぷりぷり怒った長男の作品はこちら↓
c0076387_21412640.jpg

そりゃー5歳児の作品より9歳児の作品の方が「うまい」けど、小人の個性という意味では5歳児の作品の方が楽しいかも。ちなみに次男7歳の作品はこちら↓
c0076387_21415889.jpg

さて、興行一週間前に新聞社から届いた手紙によると・・・

「優勝おめでとう!家族全員分のショーチケットをプレゼントするよ。当日は開演2時間前に会場に来てね。プロデューサーのFrau Wが、君達を出迎えて、ショーの舞台裏に案内するよ。子供達はスケート靴を持って来てね。ショーに出演するアーティスト達と練習しよう!そしてショーのフィナーレで一緒に滑ろう!!」

・・・って、えぇっ?何それ!?うちの子供達、スケート靴なんて持ってないよ!そもそもスケートをやった事すらないよ!(@o@)

という訳で、慌てて友人知人ネットワークやebay Kleinanzeigenを活用しまくり、何とか子供用のスケート靴をゲット。ebayは「オークション形式=難しそう」という印象を持っていたのですが、実はこのebay Kleinanzeigenは、オークションというよりむしろ新聞やスーパーの「売ります、買います」掲示板のインターネット版でした。同じ町の中で「子供が入らなくなったスケート靴、誰か10ユーロで買わない?」という人を捜し、電話してその人の家に行き、試着してOKなら現金で買い取る。お手軽だ。素晴らしい!(日本にもあったらランドセルが欲しい~。)今回はスケート靴3足に計25ユーロ支払いました。スケート場の貸し靴が子供用1足1回3.5ユーロしますから、2、3回行けば元が取れる計算です。

そして週末に家族でスケートリンクに練習に行きました。息子達はインラインスケートが出来るので、コツを覚えるのが少し早いかも?と思っていたらこれが期待以上で、最初からいきなりフツーに滑り始めたのでビックリ(@o@)。「スケートは学校の授業でやった事がある」という夫も一応何とか滑れましたが、娘と私は手すりにつかまってヨチヨチ歩きからスタート(^^;。それでもスケート場を後にする頃までには、娘は「手を引いてもらえば何とか滑れる」程度まで上達し、(最初は「何の修行だよコレ」状態だった)私も前に滑って進むのが楽しめる程度には勘を取り戻しました。

こうして万全の態勢で迎えたショー当日。指定された開演2時間前に会場に着くも、迎えてくれるはずのFrau Wの姿は見えない・・・アレ?受付の女性が電話してくれたものの、電話の相手はロシア語しかわからず、話が通じない(^^;。そのまま入口で待つ事30分、やっとFrau Wの助手だという男性が来て、中に案内してくれました。この男性も元はサーカスのアーティストで、2年前から興行側の仕事に転向したそうです。母国語はロシア語で、ドイツ語は私と同レベルなのでわかりやすい(^^;。

舞台すぐ裏にある、出番の合間に役者さん達が着替えるスペースを見学させてもらいました。白雪姫が仲良くなる動物達のマスクと、話の展開上は必要ない気がするけどサーカス技術を披露するために出番がある蜘蛛のマスク↓
c0076387_21432551.jpg

こんな竹馬スケートで滑るアーティストもいる。↓
c0076387_21434564.jpg

白雪姫のティアラを拝借。気分はプリンセス♪↓
c0076387_2144849.jpg

c0076387_21443234.jpg

そしてリハーサルを見学させてもらいました。↓
c0076387_21451092.jpg

その後、いよいよ白雪姫達とスケートのトレーニング!・・・のハズだったんですが、リハーサルがなかなか終わらず・・・。この日は白雪姫の演目をドイツで初めて滑るそうで、なんと開演の20分前までリハーサルに励んでいました。アーティストの皆さんは開演前に着替えやメークもしなければいけない訳で、無関係なガキ共と遊んでいるヒマなんか当然ありゃしない。それでもリハーサル後の技術チェックの時間に、少しだけ滑らせてもらえました。
c0076387_2145262.jpg

ショーの名前は「on ice」ですが、実はこの氷、本物の氷ではなく、テフロンか何かの人工素材パネルをジグゾーパズルのように組み合わせたもの。だから冷たくもないし、スケート場ではなく普通の劇場で興行できます。そして本物の氷ほど滑らず、上を普通に歩けます。息子達はむしろ滑らな過ぎて「進まない!」と苦労していましたが、娘も安心して遊べたみたい。
c0076387_21454496.jpg

↑特殊効果テストで「雪!雪!」と喜んで駆け寄り、「泡!泡!」と逃げる(^^;。

そしていよいよショー本番スタート!サーカスとスケートとバレエを組み合わせた感じで、なかなか見応えがあり、面白かったです。白雪姫のストーリーに沿ってはいるものの、子供だましではなく、観客も大人の方が多かったです。まぁ木曜日19時開演は、幼児連れの家族には行きにくい時間帯ですよね。終わったのは21時半、娘は途中で寝落ちして、白雪姫の結婚式を見逃しました(爆)。ショーの内容をちょっと覗いてみたいという方は、興行主が公開しているこちらのYouTube動画をご覧下さい。
パフォーマンス中にスマホで動画を撮影している観客が何人かいて、驚きつつもちょっと羨ましかったので、カーテンコールで一枚だけ撮っちゃった。↓
c0076387_21463276.jpg

本当はこのフィナーレにうちの子供達が加わっていたはず・・・なのですが、明らかにド素人の子供3人がここに混じったら場違いも甚だしいので、ボツになって正解だったかも(^^;。白雪姫に手を引かれて滑りたかった娘にはちょっと可哀想でしたが、それでも十分に楽しい経験をさせてもらいました。ありがとう!
c0076387_2148253.jpg

次男の日記↓
c0076387_2240695.jpg


More...本当は怖いグリム童話
[PR]
by penguinophile | 2017-01-31 21:53 | お出かけ | Trackback | Comments(2)

die Krippe(キリスト降誕像)

今日は町中に用事がありましたが、みぞれが降っていたので、自転車ではなく徒歩で行きました。せっかくだから自転車では通れない道へ・・・
c0076387_7401429.jpg

教会の回廊。かつてはここは修道院で隣りの病院は修道士の住居だったのかも?と勝手に想像しつつ・・・
c0076387_7402133.jpg

c0076387_7404083.jpg

c0076387_7405437.jpg

そういえばこの教会の中には入った事がなかったな、と思い立って中へ・・・
c0076387_7411195.jpg

あっ、Krippe(キリスト降誕像)がまだあった!
c0076387_7412642.jpg

東邦三賢人の日(1/6)を過ぎているので、フルメンバー(?)が揃っています。ちなみに1/6は三賢人の衣装を来た子供達が教会から派遣され、家々を回って歌を歌い寄付を集めます。今年はうちの子供達が外を歩く三賢人を見つけて「もうすぐウチに来る!」と楽しみにしていたのに、「ぼく達に気付いたのにうちには来なかった・・・」としょんぼり。普通に考えれば子供がいる家庭はチャンス!のはずなのに、窓越しに「あそこは危険」と思わせる何をやらかしたのやら?
c0076387_7414450.jpg

恵まれない子供達への献金箱に小銭を入れたら、風車と水車が動き出し、僧侶が首を振り、川に水が流れたのでビックリ。そんな仕掛けがあるなら書いた方が献金が集まるのでは?などと考えてしまった俗物の私。
c0076387_742087.jpg

そういえば今年はまだ大聖堂のKrippeも見ていなかった事に気づいて立ち寄る。
c0076387_7422750.jpg

c0076387_7424274.jpg

c0076387_7424915.jpg

大聖堂にも回廊があり、中庭にはこの町の守護聖人である聖リボリウスを象徴する孔雀の噴水(聖リボリウスを孔雀が先導したという伝説に基づく)と「うさぎ3羽で耳3つ」のうさぎ窓(das Hasenfenster)があります。
c0076387_743630.jpg

c0076387_7431087.jpg

c0076387_7431411.jpg

c0076387_7431864.jpg

ついでにこちらはうちの子供達が通う小学校の隣にある教会のKrippe。大学教授が趣味で長年かけて世界中から集めた人形を組み合わせて作った物。
c0076387_7445571.jpg

基本的にはイエス様の誕生した様子を表現しているKrippeですが、地方色や個性があるのが面白いのです。お天気が悪かったお陰で、素敵なKrippeを発見できました。怪我の功名?

すっかり松も取れて日常に戻っているであろう日本から見たら「キリスト?今更?」と思われるかもしれませんが、こちらでは1/6の東方三賢人の日まではクリスマスのせいか、どちらの教会もまだクリスマスの飾りが残っていましたし、市庁舎前のクリスマスツリーもまだ立っていました。実はうちにもまだクリスマスツリーがあります。今年はツリーの回収日が17日で、他に置き場所もないし、それまで楽しむつもり。回収日の前夜には、ツリーを窓から下に放り投げます(^^;。そろそろ葉が落ちてきたツリーだけど、なくなっちゃったら何だか寂しくなるなぁ。
[PR]
by penguinophile | 2017-01-14 07:52 | 徒然 | Trackback | Comments(0)

今週の特売品

c0076387_2239337.jpg

人参 2kg 1.00ユーロ(約122円)
じゃが芋 4kg 1.66ユーロ(約202円)
玉葱 2kg 79セント(約96円)
豚肩ロース 1kgあたり2.99ユーロ(約364円)

重量単位が日本とは一桁違うような気がする(^^;。
ドイツの一般的な物価が特に安いとは感じませんが、こういったドイツ人の食生活の基本となるような食材はかなり安い。じゃが芋と人参と豚肉だけ食べていればとっても安上がり。ジャポニカ米や醤油や味噌を食べると途端に割高(涙)。

上は本日のお買い物。以前なら「こんなに買ってどーすんの?」と思ったような量で、実際にじゃが芋から黒や紫といった毒々しい色の芽を生やした事もありました。でも今では一回の食事でじゃが芋2kgが消えてしまう事もあります。お米は4合炊かないと苦情が出ます。子供の食べ盛りって10代だと思っていたのに・・・うちはまだ全員10歳未満なのに・・・将来のエンゲル係数が不安。米食を全て芋食に変えれば下がるか(--;。
[PR]
by penguinophile | 2017-01-12 22:42 | 徒然 | Trackback | Comments(2)

年賀状

長男 9歳6ヶ月
12/31
c0076387_2001063.jpg

c0076387_2001310.jpg

1/1
c0076387_2001646.jpg

c0076387_2001913.jpg

c0076387_2002253.jpg

1/2
c0076387_206331.jpg

次男 7歳6ヶ月
1/1
c0076387_2002854.jpg

1/2
c0076387_2003263.jpg

[PR]
by penguinophile | 2017-01-11 20:04 | 子供 | Trackback | Comments(2)

雪遊び

1月2日。外が妙に白っぽく明るい・・・?と思ったら、雪景色。
c0076387_19382948.jpg

家の前で雪だるまを作った後は、ソリで出動。去年はお兄ちゃん達が妹の乗るソリを引き、私は後ろで付き添うだけだったので、「成長して楽になったなぁ」と感動しました。ところが今年は夫も一緒にソリ二台で出かけたら、なぜか「次男と娘が乗るソリを夫が引き、長男の乗るソリを私が引く」という展開に(--;。そういえば橇に子供を乗せて通園した時代もあったけど、すくすく成長した分だけめっちゃ重いっちゅーねんっ!とへばりそうになったら、今度はお兄ちゃん達が私をソリに乗せて引いてくれました。あれ、この感覚、以前にどこかで・・・?あっ、わかった!フィンランドの犬ぞりでパワー全開やる気満々だったハスキー犬達にそっくりなんだ!
c0076387_19383238.jpg

公園の斜面に到着して思いっきりソリ滑り!
c0076387_19383611.jpg

ソリをうまく制御出来ないから一人で乗るのを嫌がった娘ですが、「写真を撮るだけ」となだめて乗せたところ・・・
c0076387_19383859.jpg

地面に傾斜があったらしく、声にならない叫びだけを残して下に滑って行ってしまった(爆)。

「冬休み+積雪=雪遊びをしなくちゃ!」
という能天気な発想ができるのは、ものすごく恵まれている証拠。子供時代を追体験できるのが育児の醍醐味。それともン十年前から成長していないだけ?(^^;
[PR]
by penguinophile | 2017-01-11 19:43 | 子供 | Trackback | Comments(0)

逝き方

元旦に訃報が入りました。二軒隣の家に住む90歳の男性が、大晦日の朝に亡くなったそうです。ほんの二週間ほど前に誕生日のサプライズでご自宅を突撃訪問して歌ったばかりだったので驚きました。聞いたところでは、朝食の席でふっと意識を失い、そのまま亡くなったとか。突然の事で、パートナーの女性はさぞショックを受け寂しい思いをしているだろう、と思う一方で、顔見知り程度の私は実は不謹慎にも「羨ましいような死に方だ」と思ってしまったのでした。気の合うパートナーと自宅で暮らし、一緒に庭仕事をして、年に何度か国外に休暇療養旅行にでかけ、子供や孫がたまに訪れる。高齢化が進んでいる現代ですが、そんな穏やかな普通の暮らしが出来る90歳ばかりではない。そしてある日、安らかに寝入るように逝く。人は自殺でもない限り死に方を選べませんが、何年も病院のベッドで痛みに苦しみ死の恐怖と戦った末に比べる多くの人と比べれば、恵まれた逝き方ではなかったかと思うのです。

お葬式の知らせを頂いていた事に、全て終わってから気付いた間抜けな私。そのお詫びをかねて、パートナーの女性を翌日弔問しました。ちなみにこのお二人は結婚しておらず、それぞれに子供も孫もいるので、第二の人生のパートナー(der Lebensgefährte / die Lebensgefährtin)なのでしょう。私達を快く迎え入れてくれました彼女の「あの人とはとても気が合ったから、いなくなってとても寂しい。」という言葉に、安易な慰めの言葉はかけられませんでした。「So ist das Leben. (それが人生だ)」と何度もおっしゃっていました。うちの三匹の豚児達に優しく語りかけ「年寄りは逝き、子供が成長する。So ist das Leben.」そして子供達は知恵の輪とジェンガを頂きました。故人が誕生日サプライズの後に「確かうちの子供達の昔の玩具がまだあったから、今度あの子達にあげよう」とわざわざ地下室から発掘して下さった物だそうです。直接受け取りたかったなぁ。

故人のご冥福をお祈りいたします。


_
[PR]
by penguinophile | 2017-01-11 19:36 | 徒然 | Trackback | Comments(0)

ペンギンを推奨

凍結路面では「ペンギン歩き」を、ドイツ医師会が注意喚起 
[ベルリン 4日 ロイター]ドイツの医師会が、今後数日間に全土で路面凍結が予想されているとして4日、路面での転倒を防ぐため、「ペンギンのように歩く」ことを勧めるメッセージをウェブサイトに掲載した。
リンクは→こちら

***
積雪と路面凍結による事故が多発中です。
冬休みは今日で終わり。
明日はペンギン歩きでゾロゾロと登校登園の予定(^o^)/。
[PR]
by penguinophile | 2017-01-08 18:58 | 徒然 | Trackback | Comments(0)

謹賀新年2017

あけましておめでとうございます。
c0076387_22461970.jpg

元旦の朝食。黒豆、数の子、栗きんとん、昆布巻き、紅白なます、お煮しめ、蒲鉾、田作り、金柑甘露煮、林檎寒、厚焼き玉子、海老、いくら(は見つからず鱒の卵で代用)、たたきごぼう、雑煮。

大晦日に私が台所にこもっておせち料理を作っている隙に子供達が好き放題やってくれちまったお陰で、家の中は大掃除どころか散らかり放題で年神様が裸足で逃げ出しそうな有様です(--;。
元旦の今日は(散らかり放題は見ないフリして)家族でのんびり。カルタをやれば喧嘩が始まり、すごろくをやれば娘が泣き(--;。

去年、私はドイツに嫁入りして丸10年の節目を迎えました。
夫と知り合って付き合い始めたのは、これまでの私達の人生のほぼ中間地点でした。
(この二つだけから計算するとまだギリギリ20代でもおかしくないはずだが^^;)
長男は今9歳。ドイツは18歳で成人ですから、既に折り返し地点。
・・・別にだから何という訳でもないのですが、ちょっと考えてしまった三つの事でした。

旧年中は更新の滞りがちな拙ブログにご来訪いただき、どうもありがとうございました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

More...三匹の豚児の写真
[PR]
by penguinophile | 2017-01-01 22:51 | 徒然 | Trackback | Comments(4)
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
ちえさま: えらい長々..
by penguinophile at 05:30
5歳児でかした!美大出の..
by ちえ at 22:33
Mさま: 返信が遅くな..
by penguinophile at 05:03
安いですねえ。こちらの感..
by M at 23:38
Mさま タブレットで書..
by penguinophile at 20:40
これはPCで書いてるんで..
by M at 09:22
鍵コメさま: そう、1..
by penguinophile at 07:42
ちえさま 出来合いの黒..
by penguinophile at 07:21
おせち、すご〜い!私がア..
by ちえ at 14:07
はなはなマロンさま: ..
by penguinophile at 08:29
お気に入りブログ
外部リンク
検索
記事ランキング
ブログジャンル