<   2017年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧


デコ弁デビュー

これまでキャラ弁やデコ弁という世界からは無縁の、安定の昭和感あふれる弁当を提供してきた私。しかしついに娘に要求されて挑戦する羽目になった。

c0076387_13022969.jpg

作ってみると結構楽しくて、今度はキャラ弁にも挑戦してみたくなった!

・・・・・・ワケはないが、一度作ると今後もリクエストされるような気がする(^^;

ちなみに弁当箱はこちら↓

c0076387_13023660.jpg

購入時期は昭和40年代と推定されます。つまり姉と私が子供の頃に使っていたアルミ弁当箱。一周回ってレトロ可愛い?少なくともうちの女子は気に入っている。実は息子達も幼稚園時代に使わされていたという代物(中身重視で柄はあまり気にしていなかった模様)。


おととい、長男は10歳になりました。いや~よく育ちました。靴のサイズはなんと23.5センチ。それってもう日本人成人女性のサイズじゃないか。運動会でも周りの子供達より頭半分大きいから見つけやすくて便利だった(^^;。そして私もママ業10年選手になった。

c0076387_13024275.jpg

ハーフ成人式(って何だよ!)の年齢を迎えた翌日、事故発生。いや流血事件?

雨で外に出られず、家の中で騒いでいた子供達。次男が飛んで来て興奮気味に言うことには、「ぶんたのパンチで、はなこの歯が抜けた!」驚いて行ってみたら、娘は口からダラダラ流血しつつも平然、長男は悔し涙を流さんばかりの勢いで怒っていた。どうやら「泥棒と警察」ごっこで、警官(次男と娘)に取り押さえられた泥棒(長男)が必死の抵抗で繰り出したパンチが婦警(娘)の顔に命中した衝撃で、しばらく前からグラグラしていた2本の前歯(下左右1番)が抜けたらしい。「早く抜けるといいね」なんて言っていた歯だったからホッとしたが、それにしてもワイルド過ぎる。

ずいぶん人間らしくなったと思っていたのに、なんだかまだまだ動物だな、こいつら!と思った出来事でした。


[PR]

by penguinophile | 2017-06-14 13:03 | 子供 | Trackback | Comments(0)

親馬鹿日誌:ちびペン語録「世界で一番可愛い」

ある日、次男(7歳11ヶ月)と娘(6歳1ヶ月)が目をキラキラ輝かせて言いました。

「ねぇママ、知ってる?ママが世界で一番可愛いんだよ!」

女なら一生に一度は言われてみたい(ような気がする)台詞をアラフィフになって言われるとは、人生捨てたもんじゃない!?もちろん真に受けて自分が可愛いと思い上がった訳ではありませんが、愛を感じてちょっと幸せになったワタシ。

が、しかし。
その一週間後、ホームセンターで買ったカーテンを見た次男曰く、
「このカーテンは世界で一番可愛い!」

・・・・・・つまり何かね?ワタシはホームセンターのカーテン並みに愛されているって事かね・・・・・・orz。

もうすぐ10歳の長男は、さすがに現実が見えているので、こんなぶっ飛んだ褒め言葉を聞いても苦笑しているだけです。でもたまに朝早く一人で目が覚めた時など、私の布団に潜り込んで抱きついてくる事があるので、まだまだ可愛いもんだなぁと思っています。

[PR]

by penguinophile | 2017-06-11 17:18 | 子供 | Trackback | Comments(0)

眺めのいい部屋

c0076387_12371175.jpg
部屋というか...男子小用です(爆)。右側のやかんを傾けると水が流せます。ゴールデンウィークに行った碓氷峠「しげの屋」さんにて。ウチの男子チーム大興奮の報告を受けて(他の利用者がいない隙に)思わず激写しちまったけど、そもそものお目当てはもちろんトイレではなく「峠の力餅」。うんま~い(^^)。
c0076387_12373600.jpg
(やっぱり写真がアップロード時に勝手に回転する!どうにかならんのか~(--;)
5月初旬の軽井沢はまだ桜が咲いていたので、二回花見が出来て得した気分でした。
c0076387_12374685.jpg
c0076387_12375562.jpg
c0076387_12380274.jpg
地ビール
c0076387_12381075.jpg

[PR]

by penguinophile | 2017-06-07 12:45 | お出かけ | Trackback | Comments(0)

運動会

先週末は小学校の運動会がありました。私達が子供の頃の運動会は秋、10月10日体育の日あたりだったと思うのですが、今は春に開催する学校が多いらしいですね。その理由を受験準備のためと聞いてビックリ。公立小学校が受験を気にして1年間の半分は行事を控えるなんて馬鹿馬鹿しい!しかも準備はほとんど授業時間内に行われるのに!・・・と思ってしまったのは、私が受験戦争のない国に慣れた浦島花子だからでしょうか。本気で受験モードの親御さんは、土曜日の塾を休ませたくないし、子供が浮き足立つのも困るのかな。

c0076387_12492155.jpg

ン十年ぶりに参加した小学校の運動会は、日の丸と君が代に始まり、花笠音頭、綱引き、騎馬戦、リレー、応援合戦、玉入れ、ソーラン節、組体操、大玉送り・・・という由緒正しきニッポンの運動会(?)で、何だか懐かしかったです。子供が二人参加していると結構出番があるので見る方も退屈しませんね。4年生の長男は、リレーの選手に選ばれて朝や放課後の練習に駆り出されていたので、転ばずに無事に走りきる事が出来てホッとしました。短距離競争は事前にタイムを計って、実力が近い人が一緒に走る「俊足は俊足どうし、鈍足は鈍足どうし競い合う」方式。大差をつけられてのビリっけつゴール常習犯だったトラウマが残る私としては、大変素晴らしい方式だと思いました!長男は大江戸天下祭、次男は花笠音頭を踊りましたが、4月から体育の授業がほとんど運動会の練習だったというだけあって、みんな振り付けも完璧でしたよ。

そして見事なまでにきちんと揃ったお遊戯(?)を見たガイジン夫いわく、

「コレをドイツの小学校でやってる光景、想像できる?」

・・・・・・できない。全くできない。想像すら出来ない。

「ドイツでは体育祭があっても個人対抗。皆で力を合わせて“赤勝て、白勝て”(←この表現だけ日本語。この日に覚えたらしい)の団体戦は絶対にあり得ない。」

先生はもちろん上級生も大会の運営にもかかわって、かなりの数のプログラムが粛々と進行して行く。

「Sehr gut organiziert.」

戦後復興とか高度成長を支えた底力はココから生まれたのだろうか・・・これからの社会ではどうなんだろう・・・とたかが運動会に妙な感慨を持つワタシ。個人主義のドイツ社会で生まれ育つ息子達にとって、非常に貴重な体験だったのは間違いありません。

c0076387_10044572.jpg

c0076387_12533294.jpg
6年生の組体操を見た三匹の豚児は早速サル真似(爆)
c0076387_10043069.jpg
c0076387_10043681.jpg
ブログの編集画面が新しくなったらしく、画像が勝手に回転されてしまうわ、フォントが勝手にMS明朝になるわ、意味不明の余計なタグがたくさんついちまうわ・・・ナンダコレ状態なんですが(--;;;


[PR]

by penguinophile | 2017-06-02 12:56 | 子供 | Trackback | Comments(2)
line

ドイツ田舎町での地味暮らしを徒然なるままに。


by penguinophile
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30