おでん

今朝はまたやけに冷えるな~と思ったら、街角の温度計は「-6℃」。そりゃ~寒いわ。まだぎりぎり11月なのに(涙)。無事にこの冬を越せるのか、私(と毎年思う)。あまりの寒さに娘はべそをかきながら「ママとラブラブ冬眠した~い」。可哀想だけどカワイイ。

こんな日は温か~い鍋物でも食べたくなります。という訳で。
c0076387_18571414.jpg

「おでん」すりガラス・・・(@o@)。旅行先のDornstettenでたまたま入った中華料理屋で見つけました。こんなもん、日本でも見た事ないよ!いったいどこで見つけてきたんだよ!?

ちなみにメニューに「おでん」はありませんでした。看板に偽りあり?まぁごくフツーの中華料理屋。スタッフも中国人で、私は当然のように中国語で話しかけられました。ドイツの中華料理屋は、ランチはバイキング形式が多いです。リーズナブルなお値段でいろいろな料理を食べられるのは嬉しいものの、味は可もなく不可もなくといった感じ。ただし「SUSHI(と書いて『ズーシ』と読む)」が置いてある場合は、要注意。このお店もカッパ巻らしき物が置いてありましたが、きっぱりはっきり「不可」認定。ちなみにこれまでで一番あり得ないと思った「寿司」は、味のついていないベタベタのお粥のようなご飯を使った代物で、驚くほど不味かった。たまたま妊娠初期にそれを食べてしまった私は、悪阻が終わるまで、その店の前を通りかかるだけで吐き気がしてくる有様でした。仮にも寿司を名乗って提供するなら、少しは勉強して欲しい。せめてお粥じゃなくて酢飯を使おうよ。こういう寿司しか食べた事のないようなドイツ人に「寿司は嫌い」と言われると、「いや、一度本物の寿司を食べてから判断して下さい!」と反論したくなる訳です。
[PR]

# by penguinophile | 2016-11-29 18:58 | 言葉、亜細亜 | Trackback | Comments(0)

待降節(der Advent) 2016

待降節に入りました。クリスマス市も先週から始まりました(まだ通りかかってもいないけど)。今年のキャンドルリースとクッキーはこんな感じ。
c0076387_1931898.jpg

提供はもちろん隣に住むドイツの模範的主婦であるS夫人です。本当は娘と一緒に先週お手伝い(と言う名の邪魔)をする予定だったんですが、肝心の娘が上から下からいろいろ出てきた上に熱まで出てきて、それどころじゃなかった・・・。

アドヴェントカレンダーは今のところこの二つ。
c0076387_19312085.jpg

ユニコーンFillyは、ドイツではそれなりに人気があるキャラのようです(が、いかにもドイツらしいバタ臭さが個人的には苦手)。知人の知人が「たまたまもらったけれど、独身男の自分には不似合いだから」と娘にくれました。ペンギンのアドヴェントカレンダーは子供用品バザーで入手した物で、24日分のミニブックが入っています。

第一アドヴェントの昨日は、娘が朝食をリバースしたので私はまたプチ家篭りでしたが、男子チームは町のイベントに出かけて、Weckmann(過去記事参照)をもらってきました。
c0076387_19311663.jpg

やっぱなんか宇宙人っぽいな・・・(ぼそっ)

待降節とは関係ないけど、昨日息子達がKAPLAで作った「乗り物博物館」
c0076387_1931223.jpg

Liebe Wünsche zum Advent!
c0076387_19312682.jpg

[PR]

# by penguinophile | 2016-11-28 19:33 | 徒然 | Trackback | Comments(0)

Schwarzwald

10月の秋休みはドイツ南西部の「黒い森(Schwarzwald)」に旅行しました。

More...写真が多いのでたたみます。
[PR]

# by penguinophile | 2016-11-21 21:12 | お出かけ | Trackback | Comments(6)

最後のランタン

私の苦手なドイツの11月。どんどん寒くなり、日が短くなり、空もどんより。あぁいっそ冬眠したい・・・と毎年必ずぼやいています。その願いが聞き届けられた訳でもないでしょうが、現在プチ家篭り中。というのも胃腸炎が絶賛家庭内蔓延中で、まずは長男による「夜中にトイレで下痢Pしながらバケツに嘔吐」というダブル新技ご披露で幕を開け、今は娘が吐きまくってダウン中。先週からほぼ毎晩「ママ~、ゲロっ吐きそう~」という超情けない訴えで夜中に飛び起きています。これだから「ウイルスが兄妹を一巡してから、汚物処理と看病疲れと家篭りで抵抗力の落ちた母が感染」というパターンが多いんですよね(--;。

それでも思い切って(無謀にも?)先週末はギムナジウムの一般公開を覗きに行きました。
・5年生で入学したら英語のみならずラテン語も必修。8?年生からはフランス語または古代ギリシア語を選択。
・入学時のクラス分けは、プライベートで楽器を習っていてオーケストラに参加するか否かで決まり、音楽クラスに入ったら途中で楽器をやめられない。
・・・うう~む、なんだか余りにも日本の中高とかけ離れ過ぎていて、どこから突っ込めば良いのやら・・・。小学生がラテン語、中学生が古代ギリシア語って、今はホントに21世紀か?あぁでもロボットクラブとかあるみたいだから、いちおう中世ではないのかー(早くも遠い目)。

幼稚園では聖マルタン祭(過去記事参照)の提灯行列がありました。今年、娘と作ったのはこんな提灯↓
c0076387_18413182.jpg

c0076387_18413849.jpg

c0076387_1841349.jpg

「アナとエルザがいい」「Sankt Martinも欲しい」という訳で、コンセプトが一貫しない代物が出来上がりました・・・。いいんです、どうせ日本人の宗教観は節操がないので、何でもアリ。

当日はあいにくの小雨日和でしたが、暗くなる頃に提灯を持って集合し、歌いながら住宅街を一周しました。そういえば去年までは「本来この幼稚園は宗教色のない市立幼稚園で、聖マルタンはカトリックの行事ですが、ドイツの大切な行事なのでやります!」と園長先生が宣言していましたが、今年はその先生が定年退職したせいか、特に断りがありませんでしたね。いいんです、どうせ日本人の宗教観は節操がないので、何でもアリ。むしろドイツの幼稚園で復活祭もクリスマスも祝わなくなったら、その方が文化継承面で問題があるように思います。ま、イスラム教信者の保護者がどう感じるのかは知りませんがね。
c0076387_18372596.jpg

幼稚園に戻ってからは年長さんによる聖マルタンの寸劇。強盗に身ぐるみはがれた哀れな貧者に聖マルタンが自分のマントを半分に切って分け与える、という感動物語で、子供達はかなり頑張ったらしいのですが、雨は降るわマイクと照明の調子は悪いわで、ちょっと残念な出来でした。ちなみにうちの娘は、一番人気の聖マルタンは諦めて、他に誰もやりたがらない貧者役に立候補したそうです。身ぐるみはがれたハズなのに、ペンギンの帽子を被りアンペルマンの交通安全ベストを着た貧者(^^;;;。
c0076387_18373159.jpg

うちの幼稚園では、提灯行列の後に温かいカボチャのスープを食べるのが恒例です。前日の午後は材料を切るお手伝いをしました。幼稚園には小さいナイフしか置いておらず去年は苦労したのを覚えていたので、今年はマイ包丁を持参して先生や他のママさんに一目置かれました(いやドン引きされた?)。一時間あまり黙々と作業してカボチャを6個解体したら、指にマメが出来た(^^;。玉葱、人参、ジャガイモ、ポワロ葱を入れたポタージュスープは、長男いわく「ベビーフードみたい」。た、確かに。濃くて塩味がほとんどしないせいか。

長男が入園してから7年間、毎年幼稚園で提灯を作り続けて来ましたが、娘が来年には卒園なので、もう終わり。来年はもしお天気が良ければ、これまで作った提灯を持って、町主催の提灯行列に参加する事でしょう。
[PR]

# by penguinophile | 2016-11-21 18:43 | 子供 | Trackback | Comments(2)

自転車講習

小学校が秋休みに入る直前の10月初旬、4年生の長男には大事な試験がありました。それは自転車の試験です。

ドイツでは自転車は(自転車通行可と明示された歩道を除き)基本的に車道を走りますが、8歳未満の子供は歩道を走らなくてはならず、10歳未満の子供は歩道を走ってもいい事になっています。いよいよ大人の仲間入りをして車道デビューを果たす義務があるお年頃の4年生を対象に、小学校に巡査が派遣され、自転車講習が行われました。生徒達は、この講習の最終試験に合格したら、保護者がいなくても自分だけで自転車で移動しても良い事になります。

まずは夏休み前に、お巡りさんが子供の自転車を検査して、合格であればシールが貼られます。
c0076387_1963989.jpg

夏休みが終わってからは講習本番。教室での座学の後、そしていよいよ路上教習です。路上での練習では、子供の安全を確保するため、保護者も協力します。プー太郎シュフの私は二回、駆り出されましたが、そこで見た光景は、いささか不安なものでした。うちは母親の私が車の運転が超苦手なため、日常の移動は基本的に全て自転車で済ませていますから、子供達は自転車の操作に慣れており、周囲の様子に注意を払う余裕があります(怪我の功名?)。しかしドイツの田舎町は基本的に車社会ですから、日常の移動はほとんど車で済ます家庭が多いのです。そうなると子供は自転車の操作に慣れておらず、前に進むのがやっとこさっとこという有様。なのに安全確認だの手旗信号だのを命じられては目を白黒、車道を走るように言われては涙目になるのも当然というもの。講習中に私が「右を見て!手を出して!曲がって!」と叫んだら、右を見て右手を出して「左」に曲がる子供までいて、オイオイ大丈夫か!?という感じでした。

結果は案の定あんまり大丈夫ではなく・・・うちの長男はペーパーテストも実技試験も最高点で合格して表彰されました♪・・・が、試験を受けるのをやめたり不合格だった生徒もいたそうです。追試の有無はわかりませんが、別に運転免許ではないので、試験に合格しようがしまいが、10才になれば車道を走らなくてはいけません。あとは親の責任という事なんでしょう。それでも警察と学校が協力して指導に当たってくれるこの制度、全国規模なのかローカルな制度かわかりませんが、とても有難いものだと思いました。
c0076387_1963549.jpg

ついでにドイツで自転車に乗っていて気付いた点。
・自転車専用レーンが日本より整備されており走りやすい。子供は歩道を走れるのも安心。
・自転車は右側走行が基本、自転車走行可の歩道でも同じ。
・ライトは前に白、後ろに赤の二つが必要。
・親子連れの場合、親は子供に合わせたちんたら速度で車道を走る羽目になる(むしろ親も一緒に歩道を走った方が、車も親も子供も落ち着いて走れそうだよなぁ~と思う事もよくある)2017年1月以降、8歳未満の子供に同行する大人は1名に限り歩道を走っても良い事になったそうです。見知らぬおばあさんに「子供も車道を走れ!」と叱られた事があるが、こちらの言い分を完全無視のヒステリー頑固ババァ(←失礼)よりも、交通規則遵守と我が子の安全の方が大切。
・大人用自転車につける子供用座席は後ろに取り付けるタイプが主流。私が愛用している日本製ママチャリ(駐在奥様の置き土産)は前乗せタイプなので、娘を乗せて走っていた頃は行く先々で注目の的だった。信号待ちでいきなり「この自転車どこで買った!?」と尋ねられた事もある。子供を乗せて牽引する小型リヤカー?も人気で、子供一人用と二人用がある。日本には三人乗り自転車があり、更に赤ちゃんをエルゴ抱っこして四人乗りで走るママさんを見かけるが、ドイツでは中国雑技団かと驚かれそう。
・ヘルメット装着率は高く、特に子供はほぼ100%。装着は義務ではないが、装着せずに事故に合うと保険が下りないケースがあるとか?日本よりも車道を走る事が多いし、他の自転車の速度もかなり速いので、見た目より安全重視で大人でも装着すべきだと個人的には思う。
・足のペダルを逆回しにするとブレーキが効くタイプの自転車が多い。私はどうも慣れずにとまどったが、子供は握力が弱いのでペダルブレーキが有効。
・右側車両が優先なので、右の道から出てくる車には特に注意。例えば(優先道路指定のない)「T」字路の場合、横棒を左から右に直進する車両ではなく、縦棒を下から来て右折する車両に優先権がある。よって直進優先と信じて左から右に進むと轢かれかねない。自転車だけではなく自動車の運転でも要注意。
[PR]

# by penguinophile | 2016-10-30 16:51 | 子供 | Trackback | Comments(0)

Jack-o‘-lantern

この週末はドイツ統一記念日のため三連休でした。とは言え遠出はしませんでしたが、近くの園芸店のイベントを覗きに行き、ハロウィンのカボチャJack-o‘-lanternを初めて作りました♪

会場で貸してもらった道具。10ユーロ程度で買えるらしい。↓
c0076387_06240070.jpg
右から順に、カボチャに印をつけるコロコロ(裁縫道具のルレットに似ている)、カボチャの中身を掻き出すプラスチックへら(普通の金属スプーンの方がむしろ使いやすかった)、小さい糸鋸(これは便利、ただし曲がりやすい)。

まずはルレットで蓋を描き、糸鋸でくり抜きます。蓋の形はギザギザ星型にすると可愛い(と五歳児に言ったけど無駄でした)。蓋は表面部が大きくなるように切断面を斜めにしておくと、蓋が中に落下しません(作業後に気付いた^^;)。↓
c0076387_06312530.jpg
最初は手で(手袋推奨)、最後はへらやスプーンを使い、中身(種とわた)を出します。↓
c0076387_06314930.jpg
c0076387_06315532.jpg
ルレットで顔を描き(最初に蓋と一緒に描いてもOK)↓
c0076387_06323813.jpg
顔をくり抜きます。↓
c0076387_06325751.jpg
切断面を綺麗に整えて、出来上がり!↓
c0076387_06331640.jpg
作業時間は一時間あまり。飾っているうちに中から傷んでくるので、中を少しずつスプーンで削るといいそうです。室内より気温の低いベランダに飾る方が長持ちするとか(とはいえウチはベランダに飾っても誰も見ないので意味がない・・・)。

日曜日に夫と子供達が行って作ったところ、次男のカボチャは目と口の間隔が狭すぎて貫通してしまいました。帰宅した次男は私の腕の中で大泣きしてしまい、なかなか泣き止まずにいたら、今度はママを取られた娘まで焼きもちで泣き始め、なだめようのないしっちゃかめっちゃかな赤ちゃん泣きにまでエスカレート。チビ二人のステレオ泣きが余りにも延々と続くので、なんかもう本人達には悪いけど夫と長男と私は笑い始めてしまい、しまいには次男本人まで泣きながら笑い始めました。子供達が0,1,3歳の頃は3D泣きされて途方に暮れた事もありましたが、5歳児と7歳児でもまだステレオ泣きをするんですねぇ・・・しかも5歳児は赤ちゃん泣きだよ。翌日、次男がリベンジをしたいと言うので、今度は母子で挑戦し、3個とも(一応)成功しました。
c0076387_06340697.jpg
全部並べるとそれぞれ個性があって面白いけど、さすがに6個もいらない(^^;。
という訳でご近所さんにお裾分けする事にしました。次男はリベンジして気が済んだのか、自分の成功作はご近所さんにあげると言っています。

ちなみに食用のカボチャとしてドイツで最もよく見かける種類は、その名もずばり「HOKKAIDO」です!写真はWikipediaより拝借。↓
c0076387_06342587.jpg
最近は食用かぼちゃと言えばHokkaido Kürbisというくらい、すっかりメジャーになりました。でも、なぜ「北海道」?何でも幼少期を札幌で過ごしたミュンヘン近郊在住の日本人が、1993年に種を日本から輸入したのが、Hokkaido Kürbisの始まりだとか。
<引用以上>

北海道という名前はついているけれど、こんなオレンジ色のカボチャを日本で見た記憶はない・・・。でも北海道が日本の地名だとは知らなくても、Hokkaidoカボチャを知っているドイツ人は多いはず!ドイツで一番よく見かけるカボチャのレシピはスープで、幼稚園で11月にある聖マルタン祭の提灯行列の後も、先生とお母さん達が皮を剥かずに使えるHokkaidoカボチャで作ったスープがふるまわれます(と他人事のように書きましたが、去年は幼稚園のちっぽけな果物ナイフで丸ごとカボチャを切るのがものすごく大変だったので、今年も手伝う事になったら自分の包丁を持参します)。20年余りですっかり有名になったHokkaidoですが、私は日本のかぼちゃにより近いSweet Mamaを近くのスーパーで見つけて以来、こちらを使っています。値段はどちらも1個2ユーロ(約230円)程度ですが、Sweet Mamaの方が少し高め。↓
c0076387_06345567.jpg
私はもう20年以上も前、イギリスの青空市場でカボチャを買って煮物を作ったところ、甘みもホクホク感も全くなく、「そういえばカボチャって瓜の仲間だったっけね・・・」と思い知った記憶があります。でもこのSweet Mamaは日本のカボチャと同様に使える!と喜んでいたのですが、先日買ったSweet Mamaは甘みもホクホク感もなくガッカリ。どうやら当たりハズレがあるらしい。まだあと半分残っているので、どう使うべきか迷い中。やっぱりスープが無難かなぁ。


[PR]

# by penguinophile | 2016-10-04 06:36 | 徒然 | Trackback | Comments(2)

親馬鹿日誌:ちびペン語録「ブルカ」

長男9歳3ヶ月。
出先でこんな写真↓を見て一言、
c0076387_16043516.jpg

「・・・忍者?」

見えるよ、確かに!忍者に!(爆)
難民受け入れでイスラム教徒増加中のドイツですが、この田舎町ではブルカは「一度見かけたかな」という程度なので、長男が知らなかったのも無理はない。

ちなみにドイツ語では「J」は「や行」に近い発音になるので、
 忍者=ニンヤ
 柔道=ユードー
と発音されます。ネイティブ日本語話者が聞いてもわからん日本語。

長男はたまにこういうヒットを飛ばします。数年前、夫の友人がうちに泊まった際に妙に派手な柄パン一丁でうろついていたところ、長男が一言、

「・・・鬼のパンツ?」

と言い放ったので、ツボにはまってしまった私は客人の前で笑いをこらえるのにものすごく苦労しました。いやホントに鬼のパンツっぽい柄パンだったのですよ。写真でお見せできないのが残念です(笑)。

ちなみに他人の家をパンツ一丁でうろつく程度で驚いてはいけません。私達が彼の家に泊りがけで遊びに行った時、彼の娘と息子がノーパンで朝食の席についたので、日本人オバサンは目のやり場に困ってしまいました。ドイツ男子が局部の温度を上げないためにノーパンで寝るというのは聞いていたものの、女子もノーパンで寝るとは知らなかった。いくら子供とは言えそのまま客の前に出てきて親も平気、というのはやっぱりサウナが混浴のドイツならではなのか?いや日本にも混浴はあるけれど、ご飯を食べる時はパンツ履くよなぁ。

・・・って2本続けて下ネタオチですんません(^^;;。

[PR]

# by penguinophile | 2016-09-26 16:39 | 子供 | Trackback | Comments(0)

LWL-Freilichtmuseum Detmold (Detmold野外博物館)

今月、長男は修学旅行に行きました。「北海の離れ小島に一週間島流し」という豪華?な旅行を決行する小学校もあるそうですが、長男の学校は「隣町のユースホステルに二泊三日」というお手軽な内容。しかも初日は10時頃に出発して、三日目の昼には戻ってくるという気合の入らなさ。旅行では観光地も訪れたものの、息子が帰ってから話してくれたのは、むしろユースホステルでの様子でした。「“お片付け競争”で、僕達の部屋はE君とP君のベッドが乱れていたので2点減点されて58点。女子二部屋の59点に続く高得点だったけど、景品は小さなチョコレート一つだけだった。」「夜の肝試し散歩(?)に出たら、夜景がすごくきれいだったけど、寝るのが10時と遅くなり、N君は歯も磨かずに寝てしまった。」などと楽しそうに語ってくれました(^^)

二日目に訪れたのは、たまたま5月に家族で行った野外博物館。実は6年ほど前にも知人に誘われて一度行った場所ですが、当時の私は「Freilicht=free+light=自由の光博物館?自由のために貢献した偉い人達の記念館?」という阿呆な勘違いを胸に現地に向かったら、広大な野外博物館だったのでかなり驚いたという・・・「無知だったわ~」と笑いたいけど、未だにこんな勘違いを日々繰り返している気がするので、全く笑えない・・・(--;;;

こちらの博物館は敷地が90ヘクタール(東京ドーム19個分!)とすご~く広い。敷地内には古い建物を移築した村がいくつか入っており、昔の農家の暮らしが覗けるようになっています。

c0076387_20451679.jpg
c0076387_20452505.jpg
c0076387_20450999.jpg
c0076387_20452073.jpg

水車小屋。中の仕組みも見られます。↓

c0076387_20314382.jpg

お墓↓

c0076387_20325585.jpg

庭園↓

c0076387_20331144.jpg

風車小屋↓

c0076387_20333467.jpg
c0076387_20341182.jpg

この風車小屋は土台部分と風車部分に分かれており、風向きに合わせて上半分を回転します。さて、その回転にどの程度の人力が必要かというと・・・

なんと成人男性一人で動かせます!

c0076387_20343268.jpg

鍛冶屋↓

c0076387_20351727.jpg

パン屋↓

c0076387_20354031.jpg

アイスを食べて↓

c0076387_20362693.jpg
羊とラブラブ♪↓
c0076387_20364418.jpg
c0076387_20365294.jpg

さて、修学旅行でここを再訪した長男の日記。

c0076387_20371634.jpg
屋外博物館に関しては「昔の家がたくさんありました」と書かれているのですが、添えられた絵は・・・
c0076387_20430563.jpg

・・・え、これだけ?


意味はあえて書きませんが、どうやらトイレに関する特別展があったらしく、確かにあちこちにありましたよ、この看板。他にもっといろいろ見学しただろうに、そして普段はやたら細かくて情報量の多い絵を描く子なのに、これだけなんだ・・・って何だか一気にずっこけました。結局男子は下ネタ好きって事なのか・・・。


旅行中はちょっとホームシックになったという長男、旅行前日と帰った日の夜は「ママ、今日はボクと一緒に寝たい?」と聞いてきました。自分が寂しいくせにやけにオレ様な聞き方だと思ったものの、いちおうカワイイ女(?)のフリをして「うん、ぶんた君と一緒に寝たいな053.gif」と言っておきました(笑)。


[PR]

# by penguinophile | 2016-09-22 20:43 | お出かけ | Trackback | Comments(0)

夏休み

夏休みは母子で日本に里帰りしていました。

小学校と幼稚園にも、ほんの一週間余りですが、通わせてもらいました。長男は昨夏に先生やお友達が優しく接して下さったお陰で、日本に行く前から学校を楽しみにしていました。次男も初めての小学校で新しい友達が出来たらしく、最終日は残念がっていました。他のクラスの先生に「普段は現地校に通っているのに、日本の小学校にすんなり通えてしまうなんて、生きる力がすごいですね。」と言われ、そうか、実はスゴイ事・・・なの、か?も?しれないなぁ、確かに・・・と子供を見直しました(笑)。

リオオリンピックをテレビで観て日本選手を応援して(←12年ぶり?)。

美味しい日本のご飯を食べて。
c0076387_20260189.jpg
遊んで。


More...写真が多いのでたたみます。
[PR]

# by penguinophile | 2016-08-29 20:19 | お出かけ | Trackback | Comments(0)

通知表

先日、息子達が学校から通知表を持って帰りました。夏休みまでまだ数日ありますが、早めにいったん持ち帰り、保護者が納得してサインするか、あるいは先生に抗議するか(!)、という過程があるのです。
通知表の最後には進級の可否が書いてあり、小学生でも容赦なくあっさり留年しますから、留年の通知を受け取った場合には確かに先生と話す必要があるでしょう。長男はこれまでにも何度か通知表をもらっていますが、二年生までの通知表はA4用紙1枚に先生のコメントが書いてあるだけなので、ドイツ語がヘタレの私などいったん通読したら速攻で忘れる有様でした。でも三年生を終える今回の通知表では初めて、「sehr gut, gut, befriedigend, ausreichend, mangelhaft」の五段階評価(たぶん)がつきました。ちなみに数値で表現する場合は成績優秀なら「1」でダメなら「5」と日本とは逆らしいので、「オール5」なら喜んでいる場合ではないし、「オール1」なら子供を褒めなくてはいけません。幸い息子達は納得のいく成績を取ってきてくれたので、私も先生に殴りこみに行かずにすみました(^^;。
c0076387_1939716.jpg

もうすぐ夏休み!
[PR]

# by penguinophile | 2016-07-07 19:39 | 子供 | Trackback | Comments(0)
line

ドイツ田舎町での地味暮らしを徒然なるままに。


by penguinophile
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31