コメントについて

「コメントしようにもパスワードがわからない」というメールを頂きました。コメント欄のパスワードは、コメントを書いた本人が削除したくなった場合に必要なパスワード(他の人が削除できないようにするため)に過ぎないので、適当に好きな言葉を入れてくれればOKだと思います・・・実は私もよくわかってないんだけど、たぶん(^^;
[PR]
# by penguinophile | 2006-07-24 19:01 | ご訪問の皆様へ | Trackback | Comments(0)

Hochzeit

7/14に結婚式を挙げましたので、そのご報告をば。ちなみに写真は後日削除する予定です→削除しました。

日本での婚姻は役所に届を提出するだけでOKなのに、ドイツ人とドイツ式で結婚するのは面倒です。東京で区役所、東京法務局、外務省、ドイツ大使館を走り回ってかき集めた書類を、渡独後すぐに市役所に持参し、担当者と膝詰めで2時間近く話して結婚を登録。更に待つこと1ヶ月半、先週の市役所での挙式を済ませた段階で、やっと婚姻が成立しました。義務付けられている市役所での挙式の後に、教会で式を挙げる人もいますが、私は葬式仏教徒?だし、彼も教会税を収めていない不信心者なので、市役所での挙式のみです。

さて、「さっさと無事に終わらないかなぁ」という超やる気レス状態で迎えた結婚式当日、うっかり着物を着ることにしてしまったもので、母を巻き込み2時間近く奮闘する羽目に・・・(^^;。市役所に着いてからは、担当者のオフィスで書類にサインし、列席者ともども挙式を行う部屋へ移動。

市役所の担当者は話好きらしく、結婚について講釈するのみならず、詩まで朗読してくれました。私はドイツ語ができないので、彼の職場の学生さんに独英通訳をお願いしたのですが、メモなし逐次通訳には酷なスピーチで、同情するやら感心するやら。新婦の仕事は、(1)誓いの言葉に"Ja(はい)"と返事、(2)書類にサイン、(3)キス、(4)指輪交換、だけですので、通訳や学会発表ほども緊張せず、無事に式を終えました。

私達が挙式部屋を去るのと同時に、隣の会議室が開き、出てきたのはなんと!福島県副知事以下26名様ご一行でした。たちまちフラッシュ攻撃に会う新郎新婦(爆)。日本人と会った事もない田舎町でこのタイミングはいったい・・・妙なご縁もあったもんで、どさくさ紛れに市長さんと副知事さんの祝福まで受けちゃいました。

市役所を後にする時、義弟くん達がライスシャワーをしてくれました(後で着物を脱いだら100粒ほど転がり出た・・・)。近くにある池の前でスナップ撮影。

その後、集まってくれた親戚と近くのホテルで昼食を取りました。お披露目パーティーなんて立派なもんじゃありませんが、お料理は予想以上に小洒落てて美味しかったし(ドイツのレストランに対する期待度が低いだけ?)、彼の家族がピアノ演奏や詩の朗読と芸達者ぶりを披露してくれました。実は母と私も何か日本的な宴会芸?を期待されていたのですが、着物だけで勘弁してくれって感じ。それでもダンスなど踊らさせられ、着崩れるんじゃないかとヒヤヒヤ(^^;。

そんなこんなでなんとか無事に終わり、正式に婚姻が成立しました。実感はサッパリないものの、居候から妻の座にのし上がった?お陰で、やっと引越荷物も受け取れますし、滞在許可も申請できる(ハズ)。

初エントリーから長文になってしまいました。読んで下さった方、どうもありがとうございました。コメント大歓迎です(^^)/
[PR]
# by penguinophile | 2006-07-24 02:49 | 結婚滞在諸手続 | Trackback | Comments(18)

ブログ開設

ブログなるもの、とりあえず試しに開設。
果たしてホントに続けられるのか?は不明ですが。

何の因果かドイツ人と結婚する羽目になったお陰で、
花のお江戸からドイツ西部のド田舎町に引っ越して参りました。
ただいま新婚ホヤホヤ(のハズなんですが・・・実感ナシ)。

複数の友人から「結婚報告を送ってね~」と言われたのを機に、
徒然なるままに日々雑感を綴るブログを開いてみようかと思いたった次第。
お立ち寄りの際はコメント頂けますと幸いです♪
[PR]
# by penguinophile | 2006-07-24 02:44 | ご訪問の皆様へ | Trackback | Comments(6)