プラハ ~お土産編~

チェコのお土産といえば一番有名なのはボヘミアングラスでしょうか。素敵な品はお値段も素敵過ぎて手が出せないんですが(^^;;。ビーズ手芸でよく使う「チェコビーズ」もこの流れなのでしょうか。↓
c0076387_6475860.jpg

レース店↓
c0076387_648266.jpg

マリオネットも有名らしい。↓
c0076387_6484672.jpg

勝利のマリア教会にいる衣装持ちの幼子イエス様は、お土産にもなっています。↓
c0076387_6494862.jpg

マトリョーシカ人形もよく見かけました。ロシアじゃなくてもあるのね、と思ってしまった。広辞苑によると、マトリョーシカは「日本のこけしからヒントを得て作られ」たとか。知りませんでした・・・。↓
c0076387_6502631.jpg

トウモロコシの皮で作られた人形。素朴で可愛い。↓
c0076387_6505580.jpg

怪しげな「ゴーレム」人形。↓
c0076387_6511628.jpg

「ゴーレム」について、以下、チェコ観光局HPからの引用です。
伝説で律法学者レーヴが作ったと言われる粘土でできた巨人ゴーレムが、旧新シナゴーグの屋根裏には隠されているそうです。神秘に満ちたプラハや、かつてのユダヤ人街(Židovského města)の雰囲気とゴーレムは切り離すことはできません。
言い伝えによれば、ゴーレムは舌の下に置かれた通称“シェーム”と呼ばれる特別な呪文が書かれた羊皮紙に よって生命が与えられたと言われています。律法学者レーヴは常に、働いてはいけない安息日には、シェームを取り出しました。しかし或るとき取り出すのを忘 れ、レーヴがシナゴーグから戻って来る前に、ゴーレムは錯乱状態に陥り、目の前の物をすべて破壊してしまいました。そのためレーヴはゴーレムからシェーム を取り上げ、ゴーレムの体を隠してしまいました。

ビールで有名なチェコらしく、一風変わったビアマグも。↓
c0076387_6514555.jpg

古切手↓
c0076387_6522165.jpg

なんだか素敵な本が見つかりそうなお店でしょ?↓
c0076387_654820.jpg

猫好きさんにはこんな猫グッズづくしのお店も♪(これが猫ではなくPだったら大変な事になっていただろう・・・)↓
c0076387_6524444.jpg

ブルーオニオン調の招き猫。↓
c0076387_6545796.jpg

Geishaチョコはフィンランド土産だったはず。ドイツではあまり見た記憶がないのに、なぜかチェコのスーパーで普通に売られていました。↓
c0076387_65609.jpg

私達が実際に買ったのは、絵葉書と食べ物。↓
c0076387_6563048.jpg

c0076387_6565821.jpg

右がウエハース、左がクネドリーキという名前のお団子の素です。作り方の説明がチェコ語だったので、ペンションの人に意味を聞いたら、わざわざインターネットの自動翻訳にかけてくれたらしく、(とても不思議な)英語に訳してくれました。解読して挑戦しなくては!
[PR]
by penguinophile | 2008-11-12 06:58 | お出かけ