Nationalpark Kellerwald-Edersee

子供達の学校は5月には4連休が2回とペンテコステの一週間休暇があり、「ドイツの子供達はいったいいつ勉強するんだ?」という感じでした(^^;。この時期は木曜日にキリスト教関連の祝日が多く、カレンダー上は飛び石連休ですが、学校が日にちを決めていいお休みの日というのが年間に数日あり、飛び石連休の中日などに当てられる事が多いのです。ペンテコステ休暇は、夫の出張期間に合わせて長男と娘は義両親宅に遊びに行きましたが、次男は私と一緒に家に残って「ママとたくさんラブラブできる!」と大喜び。私も「超うら若い彼氏にとことん付き合おう」(←なんか違う?)と腹をくくり、午前中はプール、午後はインラインスケート(次男)と自転車(私)でお出かけ、夕方は近くの公園で凧揚げ・・・と、自分が小学生の頃より活動的な日々を過ごしました。アラフィフなのに。

4連休には、車で1時間半ほど走ったところにある、森(der Wald)と湖(der See)があるKellerwald-Edersee国立公園へ遊びに行きました。宿泊はまたホリデーアパートメント。素泊まり3泊で219ユーロですから、1泊あたり73ユーロ(約9,400円)。人口100人の村にある古い農家を改装したらしく、何やら複雑な間取りで迷いそうでしたが、5人でも十分な広さでした。
c0076387_22593867.jpg
c0076387_23002127.jpg
c0076387_22593807.jpg
c0076387_23002186.jpg
隣にはトラクターや農具がたくさん入った納屋があり、庭用のテーブルと椅子を出すのにトラクターが出動!
c0076387_23014479.jpg
向かいの家の猫がいつも玄関にいて、子供達と遊んでくれました。
c0076387_23020153.jpg
悲観的な天気予報に反し、中二日は好天に恵まれました。
インフォメーションセンター↓
c0076387_23032667.jpg
ハイキングやサイクリングのルートは表示が整備されているので安心↓
c0076387_23035058.jpg
c0076387_23035095.jpg
4,4kmのハイキングコースで森や野原を3時間かけて歩きました。マイナスイオンがいっぱい、かな?↓
c0076387_23042671.jpg
c0076387_23042691.jpg
ものすごくたくさんのタンポポ。しかもやたらとデカい。子供ら、綿毛を吹きまくり。私もつられて結構吹く。↓
c0076387_23051774.jpg
c0076387_23051887.jpg
スワンならぬフラミンゴ足漕ぎボートに乗る。ここはキャンプ場でしたが、キャンピングカーがものすごい密集して駐車されており、これじゃあまりくつろげないかも・・・・・・と思ってしまった。↓
c0076387_23054866.jpg
c0076387_23054832.jpg
c0076387_23054863.jpg
全長28.2kmのサイクリングコースは、完走に6時間かかりました。7歳なりたての娘は途中から「疲れた~。もうダメ~。」と不満たれブーちゃんになりつつ、最後まで頑張りました。野原や畑を通り集落をつなぐ往路と森の中を通る復路、どちらもとても気持ちよかったです。
c0076387_23073384.jpg
c0076387_23073365.jpg
c0076387_23073306.jpg
c0076387_23073292.jpg
c0076387_23073294.jpg
c0076387_23073284.jpg
最終日はBad Arolsenという町で昼食&散策してから帰宅↓
c0076387_23081123.jpg
この国立公園は何といっても自宅から1時間半で行ける気軽さが魅力。森と湖の国立公園でしたが、今回はむしろ「森」が中心の場所で、湖は端をちらっと見ただけ。実は4年前に「湖」の方にも行きました。お天気が悪かったし子供達もまだ幼かったので、今回ほどアクティブには動けませんでしたが、城を見たり、遊覧船に乗ったり、高さ48m長さ400mの大きなダムの上を歩いたりしました。このダムの最初の建設は1908年から1914年ですから、日本だと明治から大正に変わる頃。その時代にこれだけの大規模工事が!と強い印象を受けました。
c0076387_23083289.jpg
c0076387_23083218.jpg
c0076387_23083273.jpg
この時は帰りにFritzlerという町に寄りました。私好みのハーフティンバー様式の建物がたくさんある可愛い町でした。
c0076387_23085437.jpg
c0076387_23085439.jpg
この記事を書くために改めて4年前の写真を見直したら、観光名所はほとんど忘れているのに、↑この噴水に次男が片足を突っ込んでびしょ濡れになった、とかしょーもない事はよぉ~く覚えている。そんなもんかも(^^;

[PR]
トラックバックURL : https://pygoscelis.exblog.jp/tb/29552174
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2018-06-13 08:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by penguinophile at 2018-06-13 20:53
鍵コメ様:

えっっ・・・・・・!全然知りませんでした。ショックです。まだ結構お若かったと思うのに・・・・・・どこか飄々とした方で人気がありましたよね。
お知らせどうもありがとうございました。

ご無沙汰しちゃってます。「優雅」という表現とはあまりにもほど遠い生活ですが、お陰様で元気で呑気にやってます。夏休みは母子で里帰りの予定です。
ところで25だっけ?もう30では?(^^; 出席するようなら皆さまによろしくお伝え下さい。
by penguinophile | 2018-06-12 23:09 | お出かけ | Trackback | Comments(2)