子連れdeプラハ

先週の金曜日にチェコのプラハから戻りました。私にとっては初めて訪れる旧東側の国(東ベルリンを除く)。滞在中はお天気に恵まれ、むしろ暑いほどでした。北海は夏のイメージ、プラハは秋のイメージで荷造りしたのに、思いっきり逆で大ハズレ。そして毛穴開きっぱなし状態でドイツに戻ったら、今度はすっかり秋模様で肌寒い。お陰で息子は旅行前からのハナタレがなかなか治りません~(でも元気)。

プラハは噂にたがわず、中世の雰囲気を残した、とても美しい街でした。さっそく旅行記をアップしたい所なのですが、どこを撮っても絵になる風景に誘われ写真を撮り過ぎてしまい収集がつかない有様(^^;。そこでまずは、初の幼児連れ観光旅行の感想を書き留めておきます。

○スケジュール
1日目:ドイツ発、プラハ着
2日目:新市街、旧市街
3日目:プラハ城
4日目:ユダヤ人街
5日目:マラー・ストラナ地区
6日目:プラハ城庭園、旧市街
7日目:プラハ発、ドイツ着

幼児連れの旅行を楽しむためには、「欲張らない、焦らない」という心構えが不可欠かもしれません。私などついつい日本人小市民的根性を発揮して「せっかく来たんだから、あれもこれも全部見たい!」と思ってしまいがちですが、それだと親子共にストレスが溜まります。一番見たい場所に的を絞り、そこさえ行ければ満足、という気持ちでいた方が、満足度が高いように思います。博物館、美術館、教会、舞台などを幼児連れでゆっくりと楽しむのは所詮無理と諦めて、お散歩するだけで楽しくなれるような、町並みが美しい場所を旅行の目的地に選ぶのも良いかもしれません。そういう意味では、プラハは結構ポイントが高い旅行先でしょう。

○移動
今回の旅行は、夫の出張後に現地で合流するという形でしたから、プラハ空港までは息子と私の二人でした。ところが、旅のはじまりのケルン・ボン空港でいきなり、警察に職務質問されてしまいました・・・。どうやら幼児誘拐または実子誘拐の可能性を危惧して呼び止めたようです。二人分のパスポートを見せて事情を説明したところ納得してもらえ、めでたく無罪放免となりました。しかし、子供を連れ歩く自分は人畜無害、いやむしろ守るべき存在と見なされるものと勝手に思い込んでいたので、ちょっとショック。外国人だから疑われやすいというのもやっぱりあるでしょうね~。

プラハまでの航空券は、息子と二人で往復146.72ユーロ(約24,000円)。格安航空会社らしく、ソフトドリンクや預け入れ荷物も別料金ですが、ベビーカーの預け入れは無料だったようです。ベビーカーは、搭乗口まで使え(ただしセキュリティーチェックではいったん折り畳んで機械の中を通す)、他の預け入れ荷物と同じ場所で受け取りました。ちょっとショックだったのは、預けている間に真っ黒に汚されクリップが紛失していた事。汚れは後で洗ったら取れたから良かったようなものの、次回からは特大ビニール袋を準備しなくては!フライト時間は1時間20分ほどと短かったのですが、シートベルト着用サインや飲み物・軽食サービスでほとんど身動きが取れず、息子は案の定ぐずりました。離着陸時は、こんなベルトを渡され、親のシートベルトと8の字型につなげました。↓
c0076387_22564920.jpg

プラハの道は石畳が多いと聞いていたので、日本製の華奢なベビーカーが耐えられるか心配でしたが、細かい石畳の道で息子を抱っこした事は一度あったものの、基本的には何とか大丈夫でした。
プラハの地下鉄は、エレベーターが設置されていない駅もあり、また坂道、階段、トラムの乗り降りなど、夫と二人でベビーカーごと息子を担いだ事が日に何回もありました。重いベビーカーだったら、あるいは自分一人だったら、結構つらかったでしょう。

プラハ空港には、玩具屋さんの一角にキッズコーナーがありました。飛行機が遅れて待ち時間が長引いた私達は、大いに活用させてもらいました。↓
c0076387_223888.jpg

○宿泊
今回は、ペンションMという宿に泊まりました。従業員の皆さんはとても親切で、息子を可愛がってくれ、私が朝食を食べられるように子守をしてくれた事さえありました。私達が泊まった部屋はこちら。↓
c0076387_2240049.jpg

このペンションの唯一の難点は、街の中心からはずれていた事です(夫の出張用務先から近かった)。もっと便利な場所に泊まっていたら、「お昼寝休憩」でいったん宿に戻ったかもしれません。まぁどうせベビーカーに乗せている時の方が簡単に寝入ったりするのですが。

宿泊や交通機関の幼児料金が無料あるいは激安なのは、社会のあり方といては正しいと思うのですが、コスト的にはむしろ追加料金を請求されても無理はない気がします。なにせ子供はうるさいし、鏡にヨーグルトで手形をつけるなど大人ではあり得ない汚し方をするし、食べ物は別に準備しなくてはならず手間がかかるし、ベビーカーは場所を取るし。経営者側から見ると、百害あって一利なし。

○食事
息子は今のところあまり食にうるさくないので、そんなに苦労せずにすんだかな~。
朝食は、ペンションで、オートミール粥、米粥、マッシュポテトなど、息子のために日替わり特別メニューを準備してくれました。親子揃って普段より豪華な朝御飯を食べていたような(^^;。
昼食は、瓶詰めのベビーフードをスーパーマーケットで買い、公園や広場のベンチで食べさせました。ベビーフードは、ドイツの商品よりレトルト臭さがなくて美味しく感じました。また、ドイツのベビーフードのたんぱく質は肉ばかりですが、魚を使った商品もありました。
夕食は、気取らないレストランに、まだ空いている早めの時間に入り、テラス席など息子が騒いでも迷惑になりにくい席に陣取りました。付け合せのパンやジャガイモの他、野菜を追加オーダーして適当に食べさせました。

ガイドブックには「水道水は基本的に飲めない」と書いてありましたが、夫が一週間飲んだけど大丈夫だったと言うので私も飲んでみたところ、特に問題ありませんでした(ちなみに胃腸は弱い方ではありません。ただしインドとモルディブでは下痢ピー経験あり)。しかし、これまで湯冷まししか飲んでいない息子に、ガイドブックで飲めないと書いてある水道水を旅行先でいきなり飲ませるのはさすがに抵抗があり・・・さりとてどのミネラルウォーターが乳幼児の胃腸に優しいのかわからず・・・結局こんな写真が貼ってある水を買って飲ませました。↓
c0076387_2238529.jpg

○トイレ
駅や街角のトイレは有料で、5~10コルナ(約35~70円)。無料で使えたのは、空港、プラハ城、国立博物館、図書館、レストラン、カフェ。おむつ交換台があったのは、空港、プラハ城、カフェルーブルの三ヵ所でした。空港に到着した際、案内所のおばさんにオムツ交換ができる場所を聞いたら「ない」と言われたのに、実はありました(--;。

○最後に
幼児連れの旅行はいろいろ制約があり気も遣いますが、世界中どこに行っても子供好きの親切な人はいるもので、通りすがりの人とちょっとした交流が楽しめたり、無茶苦茶コワモテの人が実は優しい一面を見せてくれたりと、なかなか楽しい面もあります。

楽しい旅行も終わり、無事におうちに帰って一安心。スーツケースを半分荷ほどきしたところで・・・「今日はここで寝ようかな~♪」↓
c0076387_22392815.jpg

[PR]
by penguinophile | 2008-09-17 22:53 | お出かけ