<   2018年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

サウジアラビア

先週は夫が国外出張のため不在だった。行き先はなんとサウジアラビア。実はかれこれ10年ほど前、夫は北朝鮮に出張した事もある。北朝鮮の学生を援助する団体の代表として行ったので、危害を加えられる事はないとは思ったが、「結婚指輪ははずして行き、妻が日本人だとは言うな」と言って送り出した。ドイツ人夫がその忠告をどれだけ真剣に受け止めたかはわからないが、中国から北朝鮮に向かう機内で「皆さま、右手に見えます○○山は、偉大なる金日成首領様が、日本軍をたった一人で征伐した場所です!」というアナウンスを聞いたあたりで、気が引き締まったらしい。24時間体制の監視下に置かれた滞在後、無事に帰宅した夫は「これまで訪れた国の中で一番ヘンだった・・・」とつぶやいた。今回はまず、ビザ申請用紙に「禁止されているもの:酒、カードゲーム(賭け事禁止だから)、冗談(嘘が禁止だから)」と書いてあったあたりから異文化体験。酒やポルノやカードを持ち込み下手な冗談を言って留置所に放り込まれる・・・事もなく無事に帰宅した夫に、「北朝鮮とどっちの方がヘンだった?」と尋ねたら、「サウジも相当ヘンだった」という答が帰ってきた。

用務先は聖地メッカに隣接する大学だったが、非イスラム教徒はメッカに入れないので、海沿いのジェッダという町に滞在した。宿泊したインターコンチネンタルは「今まで泊まった中で一番豪華」で、特に朝食ビュッフェは圧巻だったとか。用務先へはメッカ市内は突っ切れないので車で1時間半かけて迂回して通い、帰り道にラクダ農場に寄って、ラクダからコップに直接絞ったミルクを飲んだとか。ちなみにラクダのミルクは、山羊のような匂いはなく、飲みやすかったらしい。

用務先の大学には男子キャンパスと女子キャンパスがあり、女子キャンパスは男子禁制だが、男子キャンパスに女子が出入りする事は出来るので、共用設備は男子キャンパス内に置かれている。男子キャンパス内で行われた会議には女性教員も出席したが、目だけを出した黒装束姿で、ほとんど発言せず、食事と祈りの際は女性専用スペースに消え、写真には写らないように配慮されたらしい。「男女七歳にして席を同じゅうせず」を実践する国において、女性の教師と医師が必要となるのは想像に難くないが、それ以外の職業に女性がつく事は難しいらしい。

サウジアラビアの女性については、車の運転を出来るようになるとか、家族連れならサッカー観戦が出来るようになったとかいう最近のニュースを耳にした人も多いだろう。せっかく大学を出ても職業選択の幅が狭いのは、人材面のみならず社会コスト面からももったいないような気がするのだが、オイルマネーで潤い納税義務もない国の感覚はよくわからない。仕事と家庭の両立に奮闘するワーキングマザーは、私にとっては尊敬の対象なのだが、家事は外国人メイドに育児は外国人ナニーに任せっきりのサウジ有閑マダムにとっては、むしろ哀れみの対象なのかもしれない。なにしろそもそもの価値観が全く違うのだから、どちらの方が幸せだと一概に判断はできない。しかしながら、「不倫が発覚した場合、女性は死刑で男性は鞭打ち刑(出典:Wikipedia「サウジアラビアにおける女性の人権」)」というのは、あまりにもひど過ぎると思う。

我が身を振り返ってみれば、サッカー王国・ビール天国・車社会のドイツに10年以上住んでいながら、サッカーには興味がなくお酒もほとんど飲まないペーパードライバー(なんかもったいない)。だからこれらの権利を取り上げられた場合、あまり気分はよろしくないが、実質的には大きな機会損失とは言い難い。衣服に対するこだわりはあまりないので、気候に合って快適ならそれでいい。親族以外の男性と接点がないというのも、生まれた時からそれが当たり前なら、大して気にならないと思う。結婚相手は自分で決めたいけれど、そもそも結婚なんてギャンブル性が高いので、価値観が違い過ぎない相手とならば、何とかやっていけるかもしれない。しかし「親族男性の付き添いがなければ外出できない」のは、どうしても我慢できそうにない。引きこもり主婦的生活を送っているとはいえ、幼稚園時代から友達と登園したり一人で友達の家に遊びに行ったりしてきたのだから、今さら単独外出を禁止されたら軟禁状態と感じるだろう。


More...以下、女性に神秘性を感じていたい男性には特にお勧めしない内容(^^;
[PR]
by penguinophile | 2018-02-28 22:26 | 徒然 | Trackback | Comments(0)

バレンタイン狂想曲

先日、日本に住む友人から「友チョコ」という言葉を教わった。聞けば昨今の若い女子は、バレンタインデーに手作りのチョコレートを贈り合うらしい。それだけ聞けば微笑ましい話なのだが、子供が自力でチョコを作れない場合、親が巻き込まれる事になる。そして子供と一緒に台所に立つ一時をのんびり楽しむ余裕がない親にとって、これは負担になってしまう。私の友人母娘2組は、初心者にも優しい無印良品の手作りチョコキットで乗り切ったらしい。ただしこういうキットを使うと、友人とかぶってしまう事もあるらしい。日本全国でどれだけの親が子供の友チョコ騒動に煩わされているのやら・・・(^^;。

友人が面白いコラムを教えてくれた。↓
『プレゼントは愛のバロメーター?! ドイツでハンドメイドの贈り物が好まれる理由』

著者は日独ハーフのサンドラ・ヘフェリンさん。ハーフとしてのアイデンティティなどをテーマに扱った著書は、気楽に読めるので私も何冊か読んだ事がある。たまに自分が知っている「日本」や「ドイツ」との違いに首をかしげる事もあるが、基本的には「なるほど」とうなずきながら楽しく読める。上記リンク先コラムも、思い当たる節が多い。

例えば去年のクリスマス前に、長男のクラスで保護者代表を務めているお母さんから、「一人2ユーロずつ集めて、担任の先生にプレゼントを贈りましょう」という提案があった。すると他の親から「2ユーロ×30人=60ユーロの贈り物は、高価すぎて先生が恐縮してしまう。半額で十分では?」という横槍が入り、結局一人1.5ユーロずつ集める事になった。誰かが提案した金額を値切るのは、日本ではちょっと考えにくいので驚いたが、どうやら珍しい事ではないらしい、とこのコラムを読んで知った。

個人的には、誕生日やクリスマスに、家族からプレゼントをもらわなくても別に構わない。でももらう場合は、高価でなくてもいいから、ちょっと心が浮き立つような物が欲しい。しかし金銭感覚が極めて堅実(←政治的配慮により精一杯ポジティブな表現)な夫とその家族には、「贈り物といえどもお金を払うからには、役に立つ物でなくてはならない」と固く信じているような節がある。この感覚の違いのせいで、結婚してからしばらくは、フラストレーションがたまった。しかしある年のクリスマスに、義母が「今年の自分達へのクリスマスプレゼントは、台所の水道の蛇口にしたのよ!」と、「お前も見習え」と言わんばかりのドヤ顔で自慢してきた時、私は悟ったのだ。「この家庭で育った子供に、私の感覚を理解させるのは土台無理な話だ」と。ちなみに私は、義母からクリスマスに浴室用スポンジをもらったものの、「もしかしてもう持ってる?あぁそう、じゃあいらないわね」と取り返された事もある。別に義両親のやり方を否定するつもりはなく、自分達の好きなように蛇口でも便座でも贈り合ってくれて一向に構わないのだが、私自身はパートナーに蛇口をプレゼントされて嬉しいとは思えない。それなら「蛇口は必要経費として処理し、プレゼントはナシ」という方が余程すっきりする。それ以来私は、ドイツ人夫にロマンを求めるのは諦め、プレゼントに欲しい物がない時はそのままスルーし、ある時はきっちり型番を指定して請求する、という合理主義に徹している。

上のコラムでも書かれているように、ドイツではバレンタインデーはイベントとしてそれほど浸透していないように思える。広告では見かけるが、実際にどの程度行われているのかは不明。少なくとも子供向けの行事ではないらしく、うちの6歳女子と8歳男子は言葉すら知らなかった。10歳男子は「好きな人にバラとかあげる日」という認識。ところが夫は今年に限ってBAILEYSという私の好きなリキュール酒をプレゼントしてくれた。職場近くの安売りスーパーで特売になっているのを見つけて買ったな、とすぐピンと来たのは、実は私もしばらく前に系列店で見かけて買ったから。狐と狸の化かし合いのような気もしないでもないが、好きな物をもらえれば素直に嬉しいし、「せっかくだからバレンタインデーにあげるか」と一応の気遣いを見せてくれたのも評価しよう(←上から目線!?)。渡し方に全く工夫がなかったのも、今更どうという事もない。しかし夫の最大の失敗は、日付を一日間違えた事だ。つまり、2月13日に私が子供を学校に送って帰宅したら、食卓の上に酒瓶がドンと置いてあったのだ。これではバレンタインのプレゼントだとは気付けない。実際、夫が帰宅して「1日間違えた」と告白するまで、私は「昨日買ったけど出し忘れてたのかな?」としか思っていなかったのであった。それでも一応プレゼントを頂いたし、友達から「ダーリンにチョコ用意した?」とLINEメッセージが送られてきて妙な義務感にかられたので、14日には簡単なケーキを焼いた。クリスマスの余りのサンタクロース型チョコレートと学童で余ったバナナの再利用なのは、もちろん夫にはバレバレだろうが、そんな事を気にするドイツ人ではないどころか、むしろ無駄が減るのを喜びそう。夕飯後に家族で美味しく食べた。平和な一日だった。

ところで最近、浴室の蛇口の調子が悪い。近いうちに取り替える必要があるかもしれない。誕生日にプレゼントされちまわないよう、気をつけねば。

↓長男にもらった162.png162.png162.png
c0076387_01310569.jpg

[PR]
by penguinophile | 2018-02-17 01:34 | 徒然 | Trackback | Comments(0)

親馬鹿日誌:ちびペン語録「スマホの中の人」

娘(6歳)の友達から回ってきたサイン帳。頑張って自分で書いてみたらしい。
c0076387_01392525.jpg
Q)挑戦してみたい事は?
A)男の子にキスする

・・・・・ってオイ!
ティーンエージャー女子向けのサイン帳だったので、「秘かに好きな男の子はいる?」や「キスした事ある?」といった質問に引きずられた感はあるものの、それにしてもイマドキの小学生はませてんな!

私は「女らしい」と褒められた事はほとんどありませんが、「男らしい」と呆れられた事は何度もあるような性格。うちの娘は、そんな私から産まれたとは思えないほど「女子」。驚くほどの甘え上手で、例え夫や私に万が一の事があっても、たくみに周りの大人の心の隙間に入り込んで甘え、逞しく生きていけそう。
「ねぇ、はなこ、可愛い?」
「あぁ、可愛いよ。」
「はなこの事、好き?」
「あぁ、好きだよ。」
というバカップルさながらの会話を母娘で繰り返していると、「可愛いけどメンドクサイ彼女を持った、優しいけど面倒くさがりの彼氏」になったような気がしてきます(爆)。

可愛い服が大好きな娘とは対照的に、長男(10歳)は今のところファッションへの関心はゼロ。洋服のサイズをチェックしたいから試着を頼んだら、
「えぇ~!生きてる時間の無駄遣い!」
まさかドイツ生まれドイツ育ちの子供の口からこんな表現が出てくるとは思わなかったよ。そういえば「ほっぺた落ちそう~!」と叫んだ事もありました。どこで覚えた、その表現。長男は何かと「そんな事よく知ってるな!」という事が多い子です。そして次男(8歳)は逆に「そんな事も知らなかったのか!大丈夫か?」という事が多い子です(^^;。スヌーピーをウサギだと思ってた、とかいう勘違いは笑えましたが。

長男は、ギムナジウムに通い始めてから、私が下の子供達のお迎えに行く間は一人で留守番する事が多くなりました。これまで娘は留守番未経験でしたが、年末に子供3人で留守番をさせた事がありました。というのも胃腸炎で入院中の日本人ママ友から「ドイツの固いパンが食べられないから、お握りを持って来て~」というSOSメッセージが夕方に入ったためです。「1時間で戻るから、とにかく怪我をしないように。あとシャワーを済ませておいて。」と言い残して家を出た1時間後、帰宅した私を待っていたのは、
「ぶんた兄ちゃんがあたしのパンツを履いたぁ~!」
と泣いて訴える娘でした・・・・・・orz。まぁ怪我はなかったからいいんだけどさ。

小児科で長男と次男の定期健診がありました。問診票は本人達に確認しながら記入し、唯一引っかかったのが「兄弟とほぼ毎日ケンカする」(^^;。いつぞやは長男が、弟妹が寝る支度をしている所にやって来て、「お尻を出してオナラをしてからすたこら逃げる」というバカ男子丸出しの悪戯をかました事もありました。ちょうどその翌日に保護者面談があり、先生方に「ぶんた君はふざけない」と言われたので、学校では優等生の猫を被っているようです。まぁ逆よりいいんだけどさ。次男もしょっちゅうウンコだのウンチだのと言っていますが、男子というのは本質的に下ネタが好きな生き物なのか。

子供達もずいぶん大きくなって、特に長男は身長148センチと小柄な日本人女性と変わらなくなってきました。幼児の頃と比べれば話が通じるので格段にラクなのですが、あまりぶっ飛んだ発言をしなくなって、ちょっとつまらない気も。そんな中、私のスマホの画面が暗くなったのを見た娘が、
「ママのケータイの中の人が、ママのケータイを消したよ!」
と教えてくれたのは、ちょっと楽しかったです。そうかと思えば
「はなこはベビーシッターになりたいけど、ママは何にもなってないよね?」
と無邪気な顔で核心を突いた厳しい発言をする事もあるので、6歳児は油断がならない(--;。

以前はマンホールの穴を見て「ここから入ったら日本に出るの?」と大真面目に聞いてきた次男も、今では
「将来の夢は、環境にやさしい乗り物を作ること。あとはたぶん無理だと思うけど、それでノーベル賞がもらえたら嬉しいな。」
と、妙に真っ当な夢を語るようになりました。そうかと思えば、自転車のライトの接続が悪い場所をビニールテープで留めてあるのを見て、
「あれ?ライトにPflaster(絆創膏)がついてる。痛いイタイしたの?」
という可愛い発言をしてくれたり。モルモットとゴールデンレトリーバー(特に仔犬のちょっと眠そうな目)が大好きな(まだ)ラブラブ星人です。

[PR]
by penguinophile | 2018-02-13 01:40 | 子供 | Trackback | Comments(0)